駒澤大学文学部国文学科/駒澤大学大学院人文科学研究科国文学専攻
  • HOME
  • 国文学科の紹介
  • 大学院国文学専攻の紹介
  • 教員の紹介
  • 授業の紹介
  • 国文学科生の1週間
  • 卒業までの道のり
  • スタートアップ国文学科
  • 卒業後の進路・取得資格
  • 課外ゼミ
  • 駒澤國文
  • 国文学大会
  1. 駒澤大学授業内容(シラバス)検索
  2. 駒澤大学入学情報
  3. 駒澤大学オープンキャンパス情報
  4. 駒澤大学HP

国文学科卒業までの道のり

本学国文学科は、長い歴史の中で構築された濃密なカリキュラムを備えています。
先ず一年次の入門的な講座で基礎を学び、二年次以降の専門領域へと段階的に進んでいきます。
駒澤大学文学部国文学科二年次以降に本格的となる専門領域の授業は、選択に迷うほどの多種多様な講座が設置されており、本学科の特長として知られています。
そして、多彩な選択肢の中から興味関心に応じて特定領域の演習(ゼミナール)に所属し、指導教員の実地の指導を受けながら、研究発表、ディスカッションを繰り返していきます。
四年次には、大学生活の集大成として「卒業論文」に取り組みます。
この過程で、国語国文学の知識は勿論のこと、「論理的思考力」「問題設定・解決能力」「日本語表現能力」(コミュニケーション能力)等の総合的な力量を高次元に身につけていきます。

1年次
「国文学と国語学の基礎を学ぶ」
外国語や教養の全学共通科目とともに、2年次以降の専門研究のトレーニングとしての「基礎国語学」「日本語文法入門」「基礎国文学」「漢文学」の必修科目を通して、多彩なジャンルの国文学と国語学の基礎を学びます。
2年次
「文学の背景を幅広く学ぶ」
豊富に開かれる専門教育科目から必修科目のほかにも自分で選択し、国語学や各時代の日本文学の作家や作品について学ぶとともに、「児童文学」「東洋思想史」「西洋思想史」「美術史概説」など文学に関連する幅広い分野も学ぶことができます。
3年次
「さらに高度な内容を学ぶ」
引き続き多彩な専門科目から各自のテーマに沿った時代の文学を中心に自由に選択し、集中的に学びます。
2年次にくらべて「演習」ももう少し高度になります。
4年次
「学んできた集大成に取組む」
自分の専門とする分野をより深く研究することに専念できます。
演習担当教員のもと、これまでに学んできた研究内容の集大成として卒業論文に取り組みます。

 

過去の卒業論文題目
土井ゼミ 『今昔物語集』における格表示について
中世資料を中心とする接続助詞「ば」の条件表現法
天草本平家物語における文体論的研究
平子ゼミ 舞鶴方言における垂井式アクセントについて-複合名詞のアクセントを中心に
宮城県石巻方言の過去表現について
中嶋ゼミ 大伴家持の春
古代文学の雪
袖からみる万葉の恋
松井ゼミ 『源氏物語』研究――密通と「執」への罪意識
『源氏物語』論――六条御息所の生霊・分割される〈わたし〉と〈わたし〉
櫻井ゼミ 『平家物語』における女性の役割についての考察
『平家物語』における涙について
軍記物語における音楽譚についての考察
田中ゼミ 『今昔物語集』における「鬼」
中世文学における「笑い」について
『徒然草』における兼好の人生観
近衞ゼミ 『西鶴置土産』論
『雨月物語』「貧福論」研究
近世文学における玉藻前研究
勝原ゼミ 宮沢賢治論―『銀河鉄道の夜』―
太宰治論―『女生徒』と『十二月八日』について―
岡田ゼミ 大江健三郎『万延元年のフットボール』論
村上春樹『国境の南、太陽の西』論
辻村深月『水底フェスタ』研究
倉田ゼミ 夏目漱石「文鳥」論――音声表現を視座として
堀田善衛『路上の人』論
小川洋子の初期作品について
高山ゼミ 『唐詩選』諸注釈の研究
江戸漢詩における「柳」について

各年度の卒業論文題目一覧は『駒澤国文』にも掲載されています。

科目紹介
全学共通科目   ●宗教教育科目
●外国語科目
●教養教育科目(人文・社会・自然・ライフデザイン)
●保健体育科目
専門教育科目
(一年次からあります)
必修科目 1年次



2年次
3年次
4年次
●日本語文法入門
●基礎国語学
●基礎国文学Ⅰ・Ⅱ
●基礎漢文学
●国語国文学演習Ⅰ
●国語国文学演習Ⅱ
●国語国文学演習Ⅲ
●卒業論文
選択必修科目 2~4年次 ●国語史
●国語学史
●国文学史ⅠA・ⅠB(古典)
●国文学史ⅡA・ⅡB(近現代)
●国語学研究Ⅰ・Ⅱ
●上代文学研究Ⅰ・Ⅱ
●中古文学研究Ⅰ・Ⅱ
●中世文学研究Ⅰ・Ⅱ
●近世文学研究Ⅰ・Ⅱ
●近代文学研究Ⅰ・Ⅱ
●漢文学研究Ⅰ・Ⅱ
●国語学特講Ⅰ・Ⅱ
●国文学特講Ⅰ~ⅩⅠ ●漢文学特講Ⅰ・Ⅱ
自由選択科目 2~4年次 ●比較文学
●児童文学
●有職故実
●日本民俗学
●民間信仰論
●日本史概説
●日本文化史
●東洋思想史
●西洋思想史
●美術史概説
●演劇概論
●書道概論
●書道史
●書道実習Ⅰ・Ⅱ
●編集実務
ページTOPへ