カリキュラムCurriculum

9月入学制度

駒澤大学法科大学院では、第1期入試(7月)の合格者を対象とした
「9月入学制度」があります。
少しでも早く学習を開始して、早期の司法試験合格を目指す制度です。

司法試験は毎年5月に行われます。
従って、3月に法科大学院を修了した場合、その1ヶ月半後には最初の司法試験に挑むことになります。

司法試験直前の僅かな時間にどのように集中的に勉強するか、はとても大きな課題です。

この課題への対策のひとつとして、駒澤大学法科大学院では「9月入学制度」を準備しています。
半年早く入学して学習を開始することで、入学前のタイムラグを、司法試験直前の貴重な学習時間に転換することができます。
タイムラグシフトイメージ図

なお、9月入学するには、入学日(9月16日)の段階で入学資格(「大学卒業」等の確定型の出願資格)を満たすことが必要です。

※9月入学ができない方へ
大学在学中(3月卒業見込)の方など、4月入学を予定する方が早期に学習を開始したい場合には、「科目等履修制度」(後期科目等履修制度)をご検討ください。
法科大学院の学習の一部を9月から開始することができます。
一定以上の成績で修得した単位は、入学後に修得済と認定されます。
また、第1期入試合格者は選考料・登録料が無料です。
詳しくは「科目等履修制度」のページをご参照ください。