研究Research

【科研費】継続課題(基金分)の令和2年度支払請求の手続きについて

お知らせ(研究助成関連)
Date:2020.02.04

科研費(基金分)令和2年度継続課題 研究代表者 各位

令和2年度継続課題の科研費(基金分)について、「科研費の支払請求(令和2度分)」の提出が必要となりますので、
以下のとおりご提出をお願いいたします。

1.科研費電子申請システムにアクセスしてください
科研費電子申請システム

2.科研費電子申請システム上で「支払請求書」(様式F21)を作成してください
(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))のみ様式F-2-2となります)
*「研究倫理教育の受講等について」「補助条件(交付条件) の遵守について」等、研究者が研究遂行上配慮すべき事項
 の確認・誓約画面が表示されますので、十分内容を理解・確認のうえ、作成画面に進んでください

3.作成データを「確認完了・送信」してください

学内〆切:2月21日(金)

【作成上の注意事項】

・作成前に、以下より様式作成の注意事項をご一読ください。 ※日本学術振興会HPより
 支払請求書 様式F-2-1 〔記入例・作成上の注意〕

(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))のみ ⇒ 様式F-2-2〔記入例・作成上の注意〕

「令和元年度未使用額」の入力について
予算管理システムDr.Budgetにログインの上、入力時点での残額を参考にご入力ください。
2月28日までの申請分が今年度使用額となりますが、万円単位での入力となっておりますので、概算額(予定)をご入力ください。
予算管理システム(Dr.Budget) (※ログインID・パスワードはKOMAnetと共通です。)
*未使用金は、この欄に入力した額によらず、自動的に1円単位で次年度に繰り越されます。

請求額を当初予定から変更する場合について
変更後の請求(予定)額、変更後の研究実施計画を入力してください。
なお、2021年度以降の予定額の一部を前倒しして2020年度に請求を行う場合は、「前倒し支払請求の必要性・背景」、「後年度の交付予定額を減額しても~」の各欄についても、具体的かつ簡潔に入力してください。

研究分担者について
「支払請求書」をもって、研究分担者の追加・削除の手続きを行うことはできませんので、必要に応じて「研究分担者変更承認申請書(様式F-9-1)」により申請してください。
なお、削除予定の研究分担者については、所要額、請求額には「0」を入力し、役割分担等に「削除予定」と入力してください。

問い合わせ先:第1研究館2F 研究推進係(内線9125)
平日9:00-12:30/13:30-17:00 土曜9:00-12:00

研究