駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
学部・大学院Academics

中国語

中国語概要

中国はすぐ隣りの国

悠久の歴史に彩られ、日本の26倍にも達する大地に広がる中国語は、海を隔てた隣国の言語です。長い文化交流の中で漢字を共有し、私たちには親しい存在です。近年、大学における中国語受講生はとても増えています。

標準語を学びます

広大な中国にはいくつかの方言があって、たとえば、広東語などはジャッキー・チェンの映画でおなじみですね。駒澤大学で学ぶ中国語は、「普通話」と呼ばれる中国の標準語です。これは「国語」や「華語」などと呼ばれる、台湾や東南アジアの中国語とも高い共通性があります。

入門から応用まで

4人の専任教員とネイティブを含む多数の非常勤講師が皆さんといっしょに異文化へのアプローチに挑みます。入門、初級(ⅠA、ⅠB、ⅡA、ⅡB等)から、より高度な学習に備えた各種選択科目を設けています。

課外学習も盛んです

また、夏期語学セミナー(上海・華東師範大学)、長期交換留学生の派遣(上海・華東師範大学、台北・淡江大学)も行っています。学内には学生による自主サークル「中国語研究会」もあり、専任教員による課外指導も盛んです。ですから、その気になりさえすれば、使える中国語がマスターできるのです。

発音が楽しい!

中国語は、一つの音節(一文字)ごとに固有の調子をもった、美しいリズムの言語です。そのさわやかな響きをマスターするために、教室では大きな声で発音練習をしてください。

よいスタートを!

高校段階で中国語を学ぶ機会は、まだあまり多くありません。既習の言語とは違い、いわば、クラス全員が同一地点からスタートします。何事も初めが肝心です。中国語では1年生が必修科目として学ぶⅠAとⅠBは同じテキストを使いますから、週2回の授業が連続した内容で無駄なく進んでいきます。
漢字だから書かれたものはかなりわかる、という有利さを活かしつつ、音としての中国語をしっかり学んでいきましょう。

教員紹介

教授:小川 隆
【中国語】
演習テーマ:中国語各科目、中国語コミュニケーションⅡ
第一研究館6F 1601号室 内線9505

むかし禅学科に入学したとき、必修の外国語として中国語を履修したのが、私のこの言語との出逢いでした。高校までひどい落ちこぼれであつた私は、中国語を通して初めて勉強の楽しさを知り、さまざまな分野に知的な関心を向けるようになりました。駒澤大学での中国語との出逢いが、自分にとっての「世界」との出逢いであり、人生の目覚めであったと言っても、決して言い過ぎではないと思っています。
駒澤大学には中国学科も中国文学科もありません。しかし、専門学科のほかにもうひとつの得意分野として中国語を習得することは、たいへん意義あることですし、駒澤大学には、それをやるだけの十分な条件が用意されています。たとえば、もう20年以上つづいている「中国語研究会」という課外活動も、そのひとつ。今は顧問の私も、かつてはその学生のひとりでした。現在も多くの学生が参加し、中国人留学生の皆さんの協力を得ながら、毎週の学習会を楽しくやっています。そこから、大学の制度を利用して、中国への短期留学・長期留学に参加したり、卒業後、中国語を活かした道に進んだ人も少なくありません。
大学では、中国語教育に従事するかたわら、中国の禅の語録の研究に従事しています。中国の古い口語の語彙や文法を調べながら、昔の禅僧の禅問答を読み解いてゆく仕事です。あまりの不可解さに頭を抱えてしまうこともしばしばですが、そのいっぽうで、何百年も前のものとは思えない、新鮮な生命力あふれる言業に出逢う醍醐味は格別です。私にとって中国語の仕事と禅語録の研究は、たがいに切り離せないものとなっています。

教授:佐藤 普美子
【中国語】
演習テーマ:中国語各科目、名文で味わう中国語
第一研究館6F 1618号室 内線9510

1)研究テーマ 中国現代詩 2)担当科目 中国語初級(1A 1B)・外国書講読等 3)自分を動物に喩えると...「饕餮(トウテツ)」(古代伝説上の大食い獣)。でも、めざすは「四不像(シフゾウ)」(鹿でも驢馬でも牛でも駱駝でもない、どれにも似ていない得体の知れない動物)。 4)好きな食べ物は...「木耳(きくらげ)」"白黒問わず"大好き。 5)人生で最も大切なもの...「美好的時刻」(美しい時間)。 6)自慢できること...高校の同窓に宮沢賢治と石川啄木がいる。 7)最近つくづく感じること...「情報、得るは易し、選ぶは難し」 8)好きな言葉...「問いを生きよ」(リルケ) 9)学生へのメッセージ...私に「後生畏る可し!」と驚嘆させてほしい。

教授:塩旗 伸一郎
【中国語】
演習テーマ:中国語各科目、現代を読む中国語

「現代を読む中国語」で扱う素材のほとんどは中国の報道記事です。
中国の報道が権力の管制下にあることはよく知られています。報道に出てくるものは、すべて大っぴらに公開してよい「建て前」の世界です。そうしたうわべだけ眺めていても中国の「本音」や真の姿は見えてこないという言い方は、半分は当たっています。
しかし半面、中国における「建て前」は、一般に日本人が考えるほど価値の低いものではありません。国家の大事から庶民の日常生活まで、それなしには意思の達成が難しいという点で、「大義名分」に近いものです。建て前の裏にひそむ本音を読むのもチャイナウォッチには必要かもしれませんが、まずは中国で重んじられる大義名分のところで、相手が言ったり書いたりしている内容を理解する力をそなえることが、相互理解とコミュニケーションの第一歩です。
「現代を読む中国語」では報道記事を材料に、中国語と現代中国に対する基礎的読解力を身につけることを目指します。

准教授:岩崎 皇
【中国語学】
演習テーマ:中国語各科目、中国語Ⅰ(選)

言葉の勉強は、スポーツの練習に似ています。これは単語や文法等の知識のほかに、その外国語の音に慣れるという練習が欠かせないからです。授業では知識は教え易いのですが、練習が十分にはできません。教師としてはそれが残念です。ですから、中国語に興味を持った学生には、ぜひ学習会に参加してほしいと思っています。

学部・大学院