駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
学部・大学院Academics

ロシア語



ようこそロシア語教室へ!

ロシア語は、日本海やオホーツク海のすぐ向こうのロシア連邦(人口1億4千万人、面積は日本の45倍)をはじめ、主に旧ソ連の国々(中央アジア諸国やコーカサス諸国など)で使われる言語です。世界の陸地の6分の1にあたる広大な地域で、総計2億7千万もの人々が用いる、文字通りユーラシア大陸の一大共通語です。近年はロシア語圏との交流の増加に伴い、わが国での需要も増えているので、興味のある人は気軽に履修してみてください。

ロシア語ってどんな言語?

ロシア語は、インド・ヨーロッパ語族(英語もその一つ)の中の、スラヴ語派というグループに属する言語です。スラヴ語派にはほかにもポーランド語、チェコ語、ブルガリア語、セルビア語、クロアチア語などがありますが、ロシア語はこれらの言語と文法などが似ており、いわば親戚関係にあります。ロシア語を学ぶと、他のスラヴ系言語の習得も容易になります。授業で学ぶのは、現代の標準ロシア語です。ロシア語には方言の差異があまりないので、標準語を身につければ、ロシア語圏のどこでも通じます。また、歴史文献を読む場合でも18世紀末以降の文書なら、現代ロシア語の知識だけで十分に解読できます。
ロシア語の発音には独特の力強さと、リズミカルな響きがあります。ロシア民謡やロシアオペラが世界的によく知られるのも、言語のそうした特性と無関係ではないでしょう。文字は、独自のロシア文字(キリル文字)を使いますが、英字と共通のものも多く、実はそれほど難しくありません。読み方は、英語よりやさしいです(いわば、takeをテイクではなく、普通にタケと読むような感じです)。文法は、単語の語形変化がやや複雑ですが(日本語なら「机が」「机を」と言うところを、ロシア語は「机」という単語自体を少しだけ変化させて表現したりする)、整然としたルールに沿ってこれを行いますので、ルールを覚えてしまえば楽になります。面倒な冠詞もなく(英語のようにa deskなのか、the deskなのかと悩む必要はありません)、動詞の過去形の作り方も難しいどころか、とても簡単です。
学習者は日本ではまだまだ少ないので、希少価値のある言語を学んでみたい人はぜひロシア語をやってみてください。もちろん、ロシアのスポーツや、文学、絵画、音楽、バレエ、演劇、アニメーション、宇宙開発、IT産業(どれも、伝統的にロシアが世界トップ水準にある分野です)に興味がある学生も、大歓迎です。なお、ロシア語圏の一般住民は親日的な人が多いので、言葉さえわかれば友人もできやすく、現地で生活するのも楽しいです。

発展するロシア語圏

今日のロシアはソ連崩壊後の混乱から完全に立ち直り、豊富な天然資源を原動力に目覚ましい経済成長をとげています。特に、2000年代半ば以降は日本との交流も激増しており、例えば世界トップクラスの埋蔵量を誇る天然ガスと石油は、最近は相当量が日本に輸出されています。ロシアに進出する日本企業も、大手・中小ともに増えていて、近年の例では、鉱物資源の開発(サハリンなど)、自動車製造(日本の大手自動車メーカーの大半がロシアに工場を持っています)、銀行や保険など、日本経済の基幹分野におけるロシア進出が目立ちます。中央アジア諸国など他のロシア語圏でも、資源開発(レアメタルなど)を中心に日本との関係は緊密化しています。緊密化、などと書くといかにも堅苦しい話のようですが、つまりは、「ロシア語が少しでもわかる人材がほしいなあ」と考える会社や官庁が、最近増えているというわけです。そのため、ロシア語を一つの武器にして、企業に自分を大いに売り込むことも夢ではなくなっています。本学のロシア語履修者の中には卒業後、大手メーカーや商社でロシア語を扱う仕事についた方もおられますが、今後そうした事例が増えてゆくことを期待したいと思います。

ロシア語教室のプロフィール

ロシア語教室は現在、専任教員1名(日本人)、非常勤教員7名(ロシア人2名、日本人5名)という態勢です。受講者が5,6人から30人位の小規模授業が多く、アットホームな雰囲気のなか、きめ細かな指導を行っています。ロシア人教員も日本語はできるので、心配無用です。また、専任教員による学習会(課外授業)も随時行いますので、授業でつまずいた人や、さらに学びたい人は、ふるって参加してみてください(詳細は、外国語第二部門ホームページ「学習会」コーナーを参照)。

教員紹介

講師:三好 俊介
【ロシア語代表】
第一研究館6階 1600号室

専門はロシア文学。詩を中心に研究しています。文学以外にも、ロシア語に関係することなら何でも興味があります。人形アニメのチェブラーシカも、クレムリンの政局談義も守備範囲だと、自分では思っております。ロシア語を学び、研究や、外交・通訳の実務でロシアを相手にして25年以上たちますが、あっと驚くような楽しい経験や、いろいろ考えさせられる機会も多く、退屈したことは一度もありません。異文化を前にしたときの新鮮な気持ちを、学生の皆さんにも伝えてゆければと思います。

ニーナ先生
ユーリ先生

学部・大学院