駒澤大学

  • サイト内検索
  • 寄付
  • 入学資料請求
学生生活・就職Campus life

国の高等教育の修学支援新制度(給付型奨学金・授業料減免)の募集について【11/15更新】

国の高等教育の修学支援新制度のお知らせ
Date:2019.11.07

2020年4月からスタートする高等教育の修学支援新制度は、国が経済的に困難な学生を支援し、「給付型奨学金」と併せて「授業料減免」が受けられます。
この支援対象となるのは、「住民税非課税世帯」と「住民税非課税に準ずる世帯」の2020年度進級予定の学生で、家計基準(収入金額、資産額)及び学力基準(学業成績、学修意欲)などの要件を満たす必要があります。

家計基準については、日本学生支援機構(JASSO)「進学資金シミュレーター」(外部リンク)にて、支援の対象となるかを必ず申請前に確認してください。
※「給付奨学金シミュレーション」で示される給付奨学金の支援区分は、入力された情報等を基に試算した結果によるものです。シミュレーションの結果と実際の申込結果は異なる場合があります。

リーフレット及び文部科学省の特設サイト「高等教育の修学支援新制度」(外部リンク)により、新しい制度の概要を調べることができます。

高等教育の修学支援新制度においては、日本学生支援機構が支給する「①給付型奨学金」と駒澤大学が実施する「②授業料減免」のそれぞれについて手続きをしなければなりません。

2020年度に進級予定で、本制度を希望する学生を対象に「①給付型奨学金」資料配布と募集を下記のとおり行います。奨学金の申し込みには保証人と相談の上、確実に手続きをしてください。
※「②授業料減免」の手続きについては、「①給付型奨学金」の申込時にご案内します。

「①給付型奨学金」申請スケジュールについて

【申込関係書類の配付】

申請書配付
期間 10月21日(月)~
※配付時間 10:00~17:00
場所 学生部・日本学生支援機構奨学金窓口
※土曜日・日曜日・全学休業日は事務取扱なし

【書類の提出】

申請書及び必要書類の提出
期間 11月4日(月)~ 11月15日(金) 11月20日(水)※更新
※提出受付時間 10:00~17:00
場所 学生部・日本学生支援機構奨学金窓口
※土曜日・日曜日は事務取扱なし

支援対象者の要件

1.学業等に係る基準
 2019年度末の学業成績が次のいずれかに該当する必要があります。
 (1)GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること
 (2)修得した単位数が標準修得単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること
 ※ただし、この基準に該当する場合でも、修業年限で卒業できないことが確定した等、国・日本学生支援機構が定める学業成績の基準に該当する場合は、採用されません。

2.家計に係る基準(収入基準・資産基準)
 (1)収入基準:学生及びその生計維持者(原則父母)の収入・所得が基準に該当すること
 (2)資産基準:学生及びその生計維持者(原則父母)の保有する資産額の合計が基準に該当すること

3.国籍・在留資格等に係る基準
 日本国籍を有する者・法定特別永住者・在留資格が「永住者」・「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」である人・在留資格が「定住者」であって、日本に永住する意思がある人
 ※在留資格の記載が上記以外の場合(「家族滞在」等)は支援対象となりません。

※その他、具体的な基準等は、配付する申込関係書類で確認してください。

学生生活・就職