創刊号(1953.01)
佐藤賢司(さとうけんじ) 「民約論」の読方 論文
丸山次郎(まるやまじろう) 「日本書紀」の或る「造」字の読みかた 論文
玉村竹二(たまむらたけじ) 鎌倉五重塔の移動について 論文
小西四郎(こにししろう) 阿片戦争の我が国に及ぼせる影響 論文
鮎田龍全(あゆたりゅうぜん) 唐代に於ける寺領と碾磑について 論文
西幸保(にしゆきやす) ク・クラックス・クランについて 論文
加藤茂男(かとうしげお) 近世に於ける「鉄」の輸送について 論文
大庭実(おおばみのる) 武田氏による釜無川河道の改修について 論文



第2号(1953.04)
岡田宣法(おかだぎほう) 読書史観 論文
岩井大慧(いわいひろさと) わが国号の史的変遷 論文
關野雄(せきのたけし) 「重一両十四一珠」銭について 論文
石橋英夫(いしばしひでお) 歴史に於ける精神と自然 論文
阿部肇(あべはじめ) 呉越忠懿王の仏教政策に関する一考察 論文
高橋久男(たかはしひさお) 近世に於ける備後畳表の商品化への発展について 論文
三木太郎(みきたろう) 「椿葉記」より見たる持明院統分裂の原因─長講堂領以下の所領を中心としてー 論文



第3号(1953.11)
水野弘元(みずのひろもと) 仏教を中心としたセロインの歴史 論文
竹内直良(たけうちなおよし) 西洋中世修道院の写本事業 論文
玉村竹二(たまむらたけじ) 日本禅僧の渡海参学関係を表示する宗派団 論文
佐々木弘元(ささきひろもと) 世阿弥の芸術的人生−「道」的精神の一考察 論文
久家幸一(ひさけこういち) 明治初期の地租改正準備課程における一考察 論文
稲村徹元(いなむらてつもと) 現代史の横顔──太平洋戦争第二次世界大戦をめぐる諸文献の紹介 論文



第4号(1954.05)
小川靈道(おがわりょうどう) 無隱道費傳の一考察 論文
丸山次郎(まるやまじろう) 古文書学についての二、三の覚書 論文
周藤吉之(すとうよしゆき) 宋代資料に見える頭項と探馬──遼、元の投下とその関聯に於いて 論文
岩井大慧(いわいひろさと) 十七条憲法ははたして聖徳太子の創作であるか 論文
大庭実(おおばみのる) 伊豆大島開拓史論 論文



別巻(1955.03)
桑山良晃(くわやまよしあき) 中世曹洞宗教団発展の一断面遺稿──特に峩山派を中心として 論文


第5号(1956.11)
森克己(もりかつき) 参天台五台山記について 論文
渡辺三男(わたなべみつお) 日華交渉詩歌史略 論文
飯塚浩二(いいずかこうじ) 地理と歴史の結びつき 論文
藤井秀夫(ふじいひでお) ディクソンの「文化に対する環境の影響性」について──史学研究法の一焦点 論文
葉貫磨哉(はぬきまさい) 入明僧椿庭海寿評伝 論文
三木太郎(みきたろう) 佐藤賢司著『歴史』 書評



第6号(1957.12)
周藤吉之(すどうよしゆき) 南宋の李_と続資治通鑑長編の成立 論文
西海太郎(にしうみたろう) フランス革命とカトリック教会について 論文
北条文彦(ほうじょうふみひこ)・阿部昭呉(あべじょうご) 日本仏教公伝年代の一考察 論文
熊谷悦雄(くまやえつお) 近世農村の記録−宮城県登米郡日高村米川部落を調査して 論文
水野弘元(みずのこうげん) 岩井大慧著『日支仏教史論攻』 書評



第7号(1958.12)
大野達之助(おおのたつのすけ) アショーカ王碑文の研究(一) 論文
玉村竹二(たまむらたけじ) 日本禅宗史の一側面を物語る聖教奥書三則──無相中訓の行履を中心として 論文
佐藤賢司(さとうけんじ) ルネサンス美術の奥にひそむもの──ネオナルドとミケランジェロの場合 論文
葉貫磨哉(はぬきまさい) 日本禅宗の琉球発展について 論文
菊地祐吾(きくちゆうご) 近世における農村構造と家族形態の変遷過程──二本松藩仁井田村について 論文
三木太郎(みきたろう) 君津郡の遺蹟をたずねて 論文



第8号(1959.12)
岩井大慧(いわいひろさと) 各国の西域探検と仏教(上) 論文
大野達之助(おおのたつのすけ) アショーカ王碑文の研究(二) 論文
阿部肇一(あべけいいち) 宋代仏日契嵩について 論文
北条文彦(ほうじょうふみひこ) 隅田八幡神社所蔵人物画像鏡銘文考──癸未年八月日十大王の読み方 論文
小西四郎(こにししろう) 米国人の観た安政六年の長崎 論文
三木太郎(みきたろう) 国際歴史学会議国内委員会編『日本における歴史学の発達と現状』 書評



第9号(1961.01)
渡辺茂(わたなべしげる) ドイツ宗教改革の勃発 論文
岩井大慧(いわいひろさと) 各国の西域探検と仏教(下) 論文
周藤吉之(すとうよしゆき) 南宋の芋麻布生産とその流通過程 論文
阿部肇一(あべちょういち) 宋代日仏契嵩について(下) 論文
菊地祐吾(きくちゆうご) 近世における農村人口の減少とその対策−二本松藩について− 論文
山口祐哉(やまぐちゆうや) 信仰を通して見た武田信玄・上杉謙信の比較研究 論文



第10号──10周年記念号(1962.11)
保坂玉泉(ほさかぎょくせん) 仏教弁証史観 論文
佐藤賢司(さとうけんじ) 研究室十年 論文
大野達之助(おおのたつのすけ) 新発見アショーカ王碑文の紹介 論文
岩井大慧(いわいひろさと) 遊牧アジア北方民族の_雨について 論文
渡辺茂(わたなべしげる) ウァイワ−ル版ルッター全集 論文
阿部肇一(あべけいいち) 宋代黄竜派の発展 論文
中島儀一(なかじまぎいち) 我国歴史地理学会の概況 論文
葉貫磨哉(はぬきまさい) 洞門禅僧と神人化度の説話 論文
三木太郎(みきたろう) 後漢書よりみたる倭奴倭面土漢奴国王印について 論文


第11・12合併号──佐藤賢司博士追悼記念号(1965.03)
大野達之助(おおのたつのすけ) 天寿国再論 論文
阿部肇一(あべちょういち) 居士_蘊と唐代社会 論文
葉貫磨哉(はぬきまさい) 栄西の入宋帰朝と鎌倉行化 論文
三池賢司(みいけけんじ) 大宰府の起源に関する一考察 論文
小西四郎(こにししろう) 「ヒュースケン」日記 資料紹介



第13号(1966.04)
周藤吉之(すとうよしゆき) 北宋に於ける三司の興廃 論文
今枝愛真(いまえだあいしん) 足利義満の相国寺建立について 論文
辰己武美(たつみたけみ) 吉野宮に関する史的考察 論文
服部賢隆(はっとりまさたか) 尾張国分寺の沿革 論文
三池賢司(みいけけんじ) 「日本書紀」金春秋の来朝記事について 論文
朝倉一修(あさくらいっしゅう) 「凉蔭軒目録」より見たひ東山文化の一考察 論文



第14号(1967.04)
森谷秀亮(もりやひであき) 明治初年における府藩県三治制 論文
阿部肇一(あべちょういち) 唐の南陽慧忠禅師の立場−北宋禅より南陽禅への交替− 論文
飯本稔(いいもとみのる) ジョン・クインジー・アダムスのアメリカ主義 論文
古本篤(ふるもとあつし) 百万町開墾と三世一身 論文



第15号(1968.04)
石川澄雄(いしかわすみお) 「モヌメンタ」の成立と歴史家としてのシュタイン 論文
葉貫磨哉(はぬきまさい) 中世会津領の禅宗諸派とその檀越 論文
三池賢司(みいけけんじ) 金春秋小伝(一) 論文
古本篤(ふるもとあつし) 墾田永代私有令 論文
小林康子(こばやしあつこ) 律令時代の雑徭 論文
高田奉子(たかだともこ) 江戸前期数学史の研究−特に沢口一之を中心として- 論文



第16号(1969.04)
阿部肇一(あべちょういち) 唐代の_仰宗について 論文
丸山雍成(まるやまやすなり) 近世伝馬役負担に関する一試論 論文
三池賢司(みいけけんじ) 金春秋小伝(二) 論文
村上聖尚(むらかみきよたか) 永平寺三代相論について 論文
飯島武次(いいじまたけつぐ) 二里頭類型文化の大要 論文
蔵定伸(くらさだのぶ) 親鸞に関する二・三の問題点 論文


第17号(1970.05)
由井正臣(ゆいまさおみ) 二個師団増設問題と軍部 論文
三池賢司(みいけけんじ) 金春秋小伝(三) 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 前漢に於ける匈奴帝国の内部分裂について 論文
石川澄雄(いしかわすみお) 研究ノート プロイセンの国政改革とシュタイン 研究ノート
篠宮一郎(しのみやいちろう) 観応擾乱の前提(尊氏・直義・師直三者の立場) 論文
阿月雅博(あつきまさひろ) 天智期築城の長門城についての考察──その位置と律令制下の諸機関との関連 論文



第18号(1971.04)
大野達之助(おおのたつのすけ) 最澄の大乗戒壇設立について 論文
三池賢司(みいけけんじ) 新羅官位制度(下) 論文
飯島武次(いいじまたけつぐ) 東周における副葬陶器の研究 論文
奥村佳紀(おくむらよしのり) 新羅人の来航について 論文



第19号(1972.03)
石川澄雄(いしかわすみお) シュタインの歴史叙述について 論文
桑原洋(くわばらひろし) アリストテレスの「正義の流通経済」論 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 武帝の対外政策−衛青・霍去の匈奴対策− 論文
仲田正之(なかたまさゆき) 江川英龍の砲術教授と佐久間象山 論文
早坂千代(はやさかちよ) 幕末佐倉藩における洋学の展開 論文



第20号(1973.03)
葉貫磨哉(はぬきまさい) 西潤子曇行状より見た初期鎌倉禅林−北条時宗禅宗信仰の一断面− 論文
大野達之助(おおのたつのすけ) 最澄の大乗戒壇設立について(二) 論文
田中弘之(たなかひろゆき) 文久度の小笠原島回収をめぐる外交 論文
長富優(ながとみゆう) 吉田松陰の忠誠論 論文
松本信道(まつもとのぶみち) 奈良時代の私度僧に関する歴史的考察 論文


第21号(1974.03)
所理喜夫(ところりきお) 貫高制考 −公田百姓と村落領主との関連において− 論文
広瀬良弘(ひろせりょうこう) 曹洞宗地方展開に関する一考察−大智と肥後国菊地氏の場合− 論文
小暮正利(こぐれまさとし) 初期幕政と寛永地方直し 論文
高山方尚(たかやまみちなお) 研究ノート 荀子「勧学篇」の<君子>について 研究ノート
多賀集隼(たがむねはや) 書評 大野達之助「新稿日本仏教思想史」 書評



第22号(1975.03)
山口一之(やまぐちかずゆき) 日清戦争後における陸羯南の外交論(一)−明治二十八〜三十− 論文
関恒久(せきつねひさ) 相模沼田城祉の歴史的背景−沼田大森氏を中心として− 論文
村野廣子(むらのひろこ) 合戦史に現れた武蔵目代大石氏について 論文
土田一道(つちだかずみち) 幕末参勤交代制度 論文
高山方尚(たかやまみちなお) 研究ノート 続荀子「勧学篇」の<君子>について 研究ノート



第23号(1976.03)
森屋秀亮(もりやひであき) 徳川慶喜と松平慶永 論文
石川澄雄(いしかわすみお) プロイセンの国政改革と明治維新 論文
山口一之(やまぐちかずゆき) 日清戦争後における陸羯南の外交論(二) 論文
田中弘之(たなかひろゆき) 幕末の一小笠原島民をめぐる領事裁判−いわゆるホーツン事件について− 論文
仲田正之(なかたまさゆき) 安政の幕政改革における鉄砲方江川氏−芝新銭座大小砲習練場の規模と構成− 論文
土田一道(つちだかずみち) 討幕の密勅にみる薩長討幕派の動向 論文



第24号(1977.03)
阿部肇一(あべちょういち) 北宋の学僧、徳洪覚範について 論文
所理喜夫(ところりきお) 享保改革と下総国「飯沼」の新田開発 論文
波多野富信(はたのとみのぶ) 参勤交代制の展開 論文
広瀬良弘(ひろせりょうこう) 中世寺院の運営と経済活動 論文
松本信道(まつもとのぶみち) 天武・持統朝の護国経典の受容について 論文
山城由紀子(やましろゆきこ) 吉原細見の研究 論文
久保田昌希(くぼたまさき) 今川氏親後室寿桂尼発給の文書について 論文
小暮正利(こぐれまさとし) 近世初期旗本知行形態の動向 論文
伊東謙助(いとうけんすけ) 元興寺極楽坊の庶民信仰について 論文



第25号(1978.03)
杉山博(すぎやまひろし) 北条氏忠の下野佐野支配 論文
有本修一(ありもとしゅういち) 三河国万松寺と松平信光−永享十二年雲版銘を中心として− 論文
木本好信(きもとよしのぶ) 孝謙女帝像の実証的再検等 論文
大森正且(おおもりまさかつ) 初期幻住派の発展について−東国に於ける檀越を中心として− 論文
佐藤由美(さとうゆみ) 遣唐使制度の廃止について 論文
川上淳(かわかみじゅん) 鶴岡八幡宮における洪僧について 論文
高山方尚(たかやまみちなお) モーリス・フリードマン著『グラネーの研究生活』 書評


第26号(1979.03)
前田正名(まえだまさな) 四−五世紀における太原盆地より−河北平野に出る交通路− 論文
松本信道(まつもとのぶみち) 奈良時代の優婆塞・優婆夷に関する一考察−特に知識集団との関連において− 論文
石塚朗人(いしずかあきと) 古代仏師の社会的地位に関する研究 論文
神原典子(かんばらのりこ) 郡司制について 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 研究ノート・漢代楼船考 研究ノート



第27号(1980.03)
山口一之(やまぐちかずゆき) 陸羯南の外交論−明治三十一年〜三十三年(一) 論文
平方和夫(ひらかたかずお) 長楽寺一翁院豪について−黄竜派から仏光派へ− 論文
毛利豊(もうりゆたか) 幕末期(大島・勝・山田ら)合作「征韓論」の形成 論文
岩崎正雄(いわさきまさお) 研究ノート 島津斉彬の外交政策に関する一考察−弘化年間の琉球外鑑事件を中心として− 研究ノート



第28号(1981.03)−
山口一之(やまぐちかずゆき) 陸羯南の外交論−明治三十一年〜三十三年(二) 論文
粟野俊之(あわのとしゆき) 戦国大名最上氏の領国形成と羽州探題職 論文
小峰裕美(こみねゆみ) 小山田氏の郡内支配について 論文
御子柴大介(みこしばだいすけ) 研究ノート 「天武朝国分寺創建説」について−研究史を中心として 研究ノート
大森正且(おおもりまさかつ) 『新編相模国風土記稿』寺院名索引 索引



第29号(1982.03)
飯島武次(いいじまたけつぐ) 秦都雍城瓦当考 論文
茂澤方尚(もざわみちなお) 番と沈尹 論文
松本信道(まつもとのぶみち) 『東大寺要録』良弁伝について 論文
乙竹孝文(おとたけたかふみ) 北関東における近世初期検地について−史料学的検討をふまえて− 論文



第30号(1983.03)
橡川一郎(とちかわいちろう) ドイツ農民身分制史(西北編) 論文
田中英道(たなかひでみち) 『慧日山宗派図』索引 索引


第31号(1984.03)
茂澤方尚(もざわみちなお) 中国古代思想上の「鏡」 論文
宮本由紀子(みやもとゆきこ) 丸山遊女の生活 −「長崎奉行所判決記録犯科帳」を中心として− 論文
小松寿治(こまつとしはる) 鎌倉期「置文」に関する一考察 論文
長塚孝(ながつかたかし) 戦国期の簗田氏について 論文
杉山博(すぎやまひろし) 下野壬生氏の発給文書 論文
箭内健次(やないけんじ) 田中弘之校注「小笠原島見聞記」 新刊紹介



第32号──前田正名先生追悼号(1984.10)
前田正名(まえだまさな) 六世紀以前における河西の産業について(遺稿) 論文
芥川龍男(あくたがわたつお) 戦国末期における筑前小田部氏について 論文
中野達哉(なかのたつや) 武州都筑郡における文禄検地について 論文
伊藤克己(いとうかつき) 大徳寺塔頭大仙院所蔵文書(一) 史料紹介



第33号──大野達之助先生追悼号(1985.03)
松本信道(まつもとのぶみち) 『大仏頂経』の真為論争と南都六宗の動向 論文
木本好信(きもとよしのぶ) 藤原仲麻呂の仏教政策と僧綱 論文
正野順一(まさのじゅんいち) 藤原仲麻呂について 論文
藤田かおる(ふじたかおる) 奈良朝僧綱に関する若干の問題−仏教教団へのアプローチを兼ねて− 論文
松本悦子(まつもとえつこ) 郡司政策に関する一考察 論文
岡野浩二(おかのこうじ) 延暦寺俗別当と天台座主 論文
伊藤克己(いとうかつき) 大徳寺塔頭大仙院所蔵文書(一) 史料紹介
並木克央(なみきかつお) 所理喜夫『徳川将軍権力の構造』 新刊紹介



第34号──箭内健次先生喜寿記念号(1986.01)
中村質(なかむらただし) 外国金銀の輸入と別段商法−享和三(1803)年の唐船貿易をめぐって 論文
木崎弘美(きざきひろみ) 糸割符制度廃止の幕政史的意義 論文
小高昭一(おだかしょういち) 村請制村落の形成と村方騒動−三河山間部を事例として− 論文
並木克央(なみきかつお) 徳川初期検地における村高把握と家臣団配置−二・三の事例を中心に− 論文
小暮正利(こぐれまさとし) 北関東農村における旗本領主支配と農民闘争 論文
桜井邦夫(さくらいくにお) 近世における東北地方からの旅 論文
宮本由紀子(みやもとゆきこ) 明治期の吉原─「吉原細見」の分布を通して 論文



第35号──吉田常吉先生喜寿記念号(1986.05)
山口一之(やまぐちかずゆき) 陸羯南の外交論−義和団事件と前後策− 論文
正戸千博(まさとかつひろ) 幕末外交における諸問題と海防掛 論文
立川章次(たちかわしょうじ) 吉田松陰における行動の理念 論文
横山真一(よこやましんいち) 明治前期における用水組合成立過程−岐阜県席田井組三二ヶ村を中心に− 論文
林彰(はやしあきら) 小川高之助論−ある村落社会主義者の軌跡− 論文
吉田常吉(よしだつねきち) 関東都督府官制の改革と関東軍の独立−原敬内閣と対満州行政機構改革問題− 論文


第36号(1987.03)
渡辺惇(わたなべあつし) 清代塩政における自由販売論と票法(上) 論文
茂澤方尚(もざわみちなお) 韓非子の「先王」考−「有度」篇を中心にして− 論文
佐久間博正(さくまもりまさ) 泉州南安県九日山の祈風−華人の海上交通と民間信仰の一事例− 論文
木本好信(きもとよしのぶ) 天平廿年三月の田辺福麻呂訪越について−その政治動向を中心として− 論文
望月一樹(もちづきかずき) 平城朝における侍従任命について−大同二年八月十四日任命を中心に− 論文
大島幸雄(おおしまゆきお) 荘園整理令と寺院政策 論文
田中弘之(たなかひろゆき) 渡辺崋山と田原藩の海防をめぐる一試論 論文
吉田常吉(よしだつねきち) 仲田正之著『江川坦庵』 新刊紹介



第37号(1987.11)
石川澄雄(いしかわすみお) プロイセン改革史再考 論文
松本信道(まつもとのぶみち) 『延喜僧録』戒明伝の史料的特質 論文
奥原哲志(おくはらてつし) 都城の初歩的考察−条里制地割の成立を中心に− 論文
加藤かな子(かとうかなこ) 北武蔵の古代氏族と高麗郡設置 論文
橡川一郎(とちかわいちろう) 上オーストリア小都市郡の参事会と一般市民団体 論文



第38号(1988.03)
山口一之(やまぐちかずゆき) 陸羯南の外交論−明治三四年一月〜四月− 論文
久保田昌希(くぼたまさき) 「判物証文写」の基礎的研究 論文
田中弘之(たなかひろゆき) 渡辺崋山と田原藩の海防をめぐる一試論(承前)−崋山の海防観について− 論文
茂澤方尚(もざわみちなお) 韓非子の「聖人」について(上) 論文


第39・40合併号──杉山博先生古稀記念号(1988.09)
広瀬良弘(ひろせりょうこう) 北関東の下剋上と曹洞宗寺院 論文
吉田正幸(よしだまさゆき) 一通の小山高朝書状をめぐって 論文
朝倉直美(あさくらなおみ) 御嶽・三ッ山城主長井氏に関する一考察 論文
長塚孝(ながつかたかし) 戦国武将の官途・受領名 論文
加藤哲(かとうてつ) 八王子築城をめぐって 論文
新井浩文(あらいひろふみ) 永禄十二年の越相一和に関する一考察 論文
西ヶ谷恭弘(にしがややすひろ) 戦国末期における城郭主殿建築と立砂 論文
粟野俊之(あわのとしゆき) 天徳寺宝衍考 論文
久保田昌希(くぼたまさき) 懸川開城後の今川氏真と後北条氏 論文
大久保俊昭(おおくぼとしあき) 戦国大名今川氏の寺院統制 論文
前田利久(まえだとしひさ) 戦国大名今川氏・武田氏の駿府浅間社支配 論文
平山優(ひらやまゆう) 棟別と「郷中」について 論文
小松寿治(こまつとしはる) 「信濃国伴野庄諏訪上社神田相伝図」について 論文
木村康裕(きむらやすひろ) 越後守護上杉氏の直臣団 論文
遠藤廣昭(えんどうひろあき) 上杉氏領国における曹洞宗寺院の展開 論文
伊藤克己(いとうかつき) 大徳寺創立の歴史的前提 論文
小林健彦(こばやしたけひこ) 戦国大名家在京雑掌を巡って 論文
佐藤和彦(さとうかずひこ) 淀川沿岸の内蔵寮率分国 論文
桑田和明(くわたかずあき) 室町時代における筑前国若宮荘と宗像氏 論文
田島由紀美(たじまゆきみ) 安芸国の国人と守護 論文
橋詰茂(はしづめしげる) 中世小豆島における塩の生産 論文


第41号(1990.03)
阿部肇一(あべちょういち) 元初臨済僧海雲寺印簡の活躍 論文
飯島武次(いいじまたけつぐ) 先周文化青銅器の研究−二里岡上層青銅器の先周文化への波及− 論文
長富優(ながとみゆう) 来原良蔵と公武合体運動について 論文
川上淳(かわかみじゅん) チャシの消滅期について 論文
遠藤廣昭(えんどうひろあき) 広瀬良弘『禅宗地方展開史の研究』 新刊紹介
早川万年(まやかわまんねん) 木本好信編『古代の東北−歴史と風俗』 新刊紹介



第42号(1990.09)
南和男(みなみかずお) 京都の「ええじゃないか」について 論文
細谷勘資(ほそたにかんじ) 内麿流藤原氏の台頭と摂関家・女院−藤原資長・兼光を中心として− 論文
茂澤方尚(もざわみちなお) 韓非子の「聖人」について(中) 論文
山崎宏(やまざきひろし) 阿部肇一『増補 中国禅宗史の研究』 新刊紹介
石川澄雄(いしかわすみお) 橡川一郎『ドイツの都市と農村』 新刊紹介



第43号(1991.09)
茂澤方尚(もざわみちお) 『韓非子』「飭令」篇と『商南書』「_令」篇−両篇の前後関係について− 論文
大久保俊昭(おおくぼとしあき) 戦国大名文書にみる「禁制」の研究−今川氏を事例として、その二− 論文
多田文夫(ただふみお) 慶長期の東海地域検地と支配−三河国から− 論文
中野光浩(なかのみつひろ) 東照宮信仰の地域的展開とその限界−相模国足柄下郡今井村の陣場跡東照宮を事例として− 論文
小泉雅弘(こいずみまさひろ) 明治初年東京府の勅・奏任官員構成 論文
林彰(はやしあきら)  佐々木寛司著『地租改正』 書評紹介



第44号(1992.09)
飯島武次(いいじまたけつぐ) 西周土器の編年研究−豊鎬地区の土器− 論文
三宅俊彦(みやけとしひこ) 西団山文化の墓葬に関する研究 論文
除天進(じょてんじん) 中国夏商時期都城研究の現状 論文
木村康裕(きむらやすひろ) 織田政権の差出について−近江国野洲郡安治村を中心として− 論文
小野正雄(おのまさお) 吉田常吉著『安政の大獄』 新刊紹介



第45号──橡川一郎先生退職記念号(1993.04)
橡川一郎(とちかわいちろう) フランス等における「自国の奴隷制」研究とその思想的背景 論文
中村純(なかむらじゅん) ディオニュシオス1世の評価をめぐる問題を考えるための覚え書き 論文
長谷川岳男(はせがわたけお) エピタデウスの法−古典期のスパルタの再検討− 論文
青木道彦(あおきみちひこ) イギリス革命前夜のアルミニウス主義をめぐる論争 −ロード体制の性格について− 論文
井村行子(いむらゆきこ) ドイツ・オリエンタリズムの研究に寄せて−ヨーロッパのアラブ・イスラム研究− 論文
岩本裕子(いわもとゆうこ) シカゴ万博(1893)と黒人女性  −アイダ・B・ウェルズとファ二ー・B・ウイリアムズの場合− 論文
町田隆吉(まちだたかよし) 唐西州馬寺小攷 −八世紀後半の一尼寺の寺院経済をめぐって− 論文
吉田寅(よしだとら) 『天主実義』と『天道溯原』−中国キリスト教の代表的伝道文書について− 論文


第46号(1993.12)
西川武臣(にしかわたけおみ) 幕末から明治初年の横浜市街地と町政 論文
黒田基樹(くろだもとき) 北条領国における「小代官」と「名主」 論文
栗原修(くりはらおさむ) 戦国大名上杉氏の上野国沼田城支配−沼田在番衆を中心に− 論文
木崎弘美(きざきひろみ) 近世前期の長崎貿易をめぐる諸問題−太田勝也氏著『鎖国時代長崎貿易史の研究』を読んで− 論文
飯島武次(いいじまたけつぐ) 最近収集の西周陶鬲について 史料紹介



第47号──石川澄雄先生退職記念号(1994.06)
石川澄雄(いしかわすみお) シュタイン改革と日本 論文
中村純(なかむらじゅん) アテネ民主制と僭主制−ヘロドドス第三巻八〇〜八二章をめぐって− 論文
伏島正義(ふせじままさよし) 史料の翻訳と歴史 論文
青木道彦(あおきみちひこ) 一六五三年の『謙虚な提案』Humble Proposalsをめぐる諸史料−イギリス共和政期の独立派による国家教会の構想− 論文
信澤淳(のぶさわまこと) マコ−リ−の初期作品 論文
岩本裕子(いわもとゆうこ) 『黒人の声』誌(1904−07)にみる黒人女性−アメリカ黒人女性の主張の歴史的考察− 論文
李伯謙(りはくけん) 天馬・曲村西周晋遺跡発掘の意義 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 西域を巡る漢・匈の対立 論文
渡辺惇(わたなべあつし) 張謇の塩業経営と塩政改革運動 論文
渡辺直彦(わたなべなおひこ) 茂澤方尚『韓非子』の思想史的研究 新刊紹介



第48号(1995.04)
渡辺惇(わたなべあつし) 袁世凱政権と周学熙 論文
川上浩史(かわかみひろし) 京釜鉄道株式会社の設立と発起委員の活動について 論文
田中淳(たなかじゅん) 戦後開拓をめぐる報道 −秋田県八郎潟干拓にみる「世論操作」− 論文
立川章次(たちかわしょうじ) 大久保家所蔵(彦根藩政関係)文書「雑談録」三・四 史料紹介
柳生正文(やぎゅうまさふみ) 新潟商業会議所文書について −日露戦争と地方経済の動向− 論文
伏島正義(ふせじままさよし) ブルクンド法典にみる奴隷 −ゲルマン社会における奴隷研究の一階梯− 論文
黒田基樹(くろだもとき) 結城秀康文書の基礎的研究 論文
茂澤方尚(もざわみちなお) 韓非子の「先王」再考−新出土資料をめぐって− 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 『塩鉄論』に見る匈奴問題 論文
阿部肇一(あべちょういち) 「竹窗随筆」について 論文
佐々木真(ささきまこと) 王権と兵士−フランス絶対王政期の兵士と王権の政策− 論文



第49号(1996.06)
佐々木真(ささきまこと) 王権と兵士−フランス絶対王政期の兵士と王権の政策− 論文
許宏(きょはんじ) 日本の早期都市に関する一考察−比較文明史の視点から− 論文
村川浩平(むらかわこうへい) 羽柴氏下賜と豊臣姓下賜 研究ノート
駒澤大学戦国史研究会 長興寺文書の紹介−中世史料を中心に− 史料紹介
伏島正義(ふせじままさよし) ウィンランド紀行 歴史紀行
小泉雅弘(こいずみまさひろ) 吉田常吉著『幕末 乱世の群像』 新刊紹介



第50号(1997.12)
瀧音能之(たきおとよしゆき) 出雲国造神賀奏上と出雲国風土記 論文
久保田昌希(くぼたまさき) 今川氏親後室中御門氏(寿桂尼)の生涯 論文
中野達哉(なかのたつや) 関東領有期、武蔵国における徳川氏の検地と在地把握について 論文
萇嵐(ちょうらん) 考古学から見た日中文化交流に関する二,三の考察 論文
茂澤方尚(もざわみちなお) 『韓非子』にみえる所謂「参験」と「参伍」について 論文
伏島正義(ふせじままさよし) 「ウィンランド」の所在地はどこか−ヴァイキングによるアメリカ大陸の発見をめぐって− 論文
小泉雅弘(こいずみまさひろ) 明治三年の東京府「職員録」 史料紹介


第51号(1998.03)
茂澤方尚(もざわみちなお) 『韓非子』と司馬遷 −游侠をめぐって− 論文
松本裕之(まつもとひろゆき) 推門・勘門と推門使について 論文
鈴木一馨(すずきいっけい) 『符天暦日躔差立成』とその周辺 論文
古谷紋子(ふるやあやこ) 平安時代の童殿上 −小舎人・蔭孫・天上簡− 論文



第52号──阿部肇一先生退職記念号(1998.06)
酒井忠夫(さかいただお) 南宗禅に関する諸問題と明清時代の民間南宗禅系宗教結社 論文
丸山雍成(まるやまやすなり) 歴史に見る「道」と「関」−山陽道赤間関付近を中心に− 論文
仲田正之(なかたまさゆき) 豆・駿天保の飢饉と代官江川氏の救済−金融〜馬喰町〜代官貸付金の運用関係について− 論文
吉田寅(よしだとら) 『寒更霰語』と幕末期仏僧の中国語キリスト教書批判 論文
安也致(あんえんじ)・除海寧(じょはいんぐ) 古代亀ト文化の文字における表現について−甲骨文字「船」形偏旁の意味の検討− 論文
飯島武次(いいじまたけつぐ) 濬県辛村の西周大型墓について 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 西域の社会と文化 論文
阿部房子(あべふさこ) 後漢末・三国時代における亳州の歴史的意義 論文
石田肇(いしだはじめ) 北宋宗室の墓誌・墓記をめぐって−英宗第四子趙_墓誌を中心に− 論文
海老澤哲夫(えびさわてつお) モンゴルの対金朝外交 論文
野沢佳美(のざわよしみ) 洪武南蔵から永楽南蔵へ 論文
片岡一忠(かたおかかずただ) 朝賀規定からみた清朝と外様・朝貢国の関係 論文
奈良修一(ならしゅういち) オランダ東インド会社にとっての中国 論文
松田俊道(まつだとしみち) マルムーク朝のムサーリマ問題 論文
松本弘(まつもとひろし) 北イエメンにおける地方行政区分の確立−地域区分に関わる伝統と近代− 論文



第53号──南和男先生退職記念号(1999.03)
南和男(みなみかずお) 仙石騒動と幕閣の抗争 論文
金井達雄(かないたつお) 近世関所の近傍に居住の女性通関とその実態−中山道碓井関所を事例として− 論文
藤井康(ふじいやすし) 人足寄場収容者に関する基礎的考察 論文
岩崎孝和(いわさきたかかず) 名主日記にみる幕末の社会情勢 論文
宮原浩(みやはらひろし) 幕末期村落における外来信仰の浸透と「休」の関係−武蔵国豊嶋郡徳丸本村における榛名信仰と大山信仰の比較− 論文
小泉雅弘(こいずみまさひろ) 幕末風刺画とその受容層−近代的「世論」形成の一前提として− 論文
佐藤元英(さとうもとえい) 船津辰一郎在奉天総領事による商祖権施行細則交渉について 論文
野崎義幸(のざきよしゆき) 東北振興事業展開過程における農村漁村 論文
田中淳(たなかじゅん) 農村経済更生運動の再検討−戦後開拓史研究への序論として− 論文
嶋村元宏(しまむらもとひろ) 田中弘之『幕末の小笠原 欧米の捕鯨船で栄えた緑の嶋』 書評



第54号(1999.06)
小林和幸(こばやしかずゆき) 谷干城における「民権」と「天皇」 論文
亀川泰照(かめかわやすてる) 市中取締における召捕り行為−慶応の江戸打ちこわし中の五嶋一件を通じて− 論文
神田裕理(かんだゆり) 豊臣秀吉の献上行為について 論文
中村淳(なかむらじゅん) クビライ時代初期における華北仏教界−曹洞宗教団とチベット仏僧パクパとの関係を中心として− 論文
小林惣八(こばやしそうはち) カシュガル国小史 研究ノート
杉山浩平(すぎやまこうへい) 小田原市中里遺跡出土の木製品−下府中小学校所蔵木製品の紹介− 資料紹介
八百啓介(やおけいすけ) 箭内健次『国際社会の形成と近世日本』 書評
家忠日記研究グループ 『家忠日記』人名索引 索引



第55号──所理喜夫先生退職記念号(2000.03)
小松寿治(こまつとしはる) 中世赤塚郷の景観 論文
西ヶ谷恭弘(にしがややすひろ) 中世武家社会の作庭について−京と鎌倉の作庭手法の違いを中心に− 論文
桑田和明(くわたかずあき) 戦国時代における筑前国宗像氏発給文書の一考察 ー官途状、官途吹挙状、加冠状を中心に− 論文
新井浩文(あらいひろふみ) 梶原政景の政治的位置−足利義氏との関係を中心に− 論文
田中雅明(たなかまさあき) 織田信長禁制の実効性に関する一考察 論文
村川浩平(むらかわこうへい) 蜂須賀氏への「松平氏下賜状」とそのライフサイクル 論文
木村康裕(きむらやすひろ) 上杉・織田氏間の交渉について 論文
小竹文生(こたけふみお) 豊臣秀吉の九州国分に関する一考察−羽柴秀長の動向を中心に− 論文
中野達哉(なかのたつや) 近世前期中山道板橋宿の名主・問屋役について 論文
小高昭一(おだかしょういち) 元和二年八月「定船場之事」の基礎的研究 論文
出口宏幸(でぐちひろゆき) 金杉町の役負担と漁業構造−猟師町的側面の抽出と検討− 論文
並木克央(なみきかつお) 常陸国の所領構成と村高−水戸藩領村替えの紹介を兼ねて 論文
小暮正利(こぐれまさとし) 元禄期以降における荒川低湿地の秣場について−徳丸原を事例として− 論文
仲田正之(なかたまさゆき) 近世後期代官に関する一考察−年貢収納と金納の実態について− 論文
田中弘之(たなかひろゆき) 「漢委奴国王」金印の出土に関する一考察−亀井南冥の動静を中心に− 論文
鈴木雅晴(すずきまさはる) 施餓鬼騒動と村 論文
宮本由紀子(みやもとゆきこ) 陰売女と旗本経営−「藤岡屋日記」を中心として− 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 前漢皇帝の事蹟 論文


第56号(2000.08)
瀧音能之(たきおとよしゆき) 浦島子伝承の変容 論文
仲田正之(なかたまさゆき) 近世代官と伊豆七島支配 論文
金井達雄(かないたつお) 鉄砲証文−老中裏印証文及び留守居断状の存在と役割−房川渡中田(栗橋)関所を事例として− 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 後漢皇帝の事蹟 論文
渡邊大門(わたなべだいもん) 播磨国別所氏系譜試論−明治から村治の系譜を中心に− 論文
清原瑞彦(きよはらみずひこ) 伏島正義『スウェ−デン中世社会の研究』 書評



第57号(2001.03)
小林和幸(こばやしかずゆき) 谷干城の議会開設後における対外観・外交論 論文
杉山浩平(すぎやまこうへい) 弥生時代加工斧の生産と流通−南関東地方と東海地方東端の分析− 論文
鈴木織恵(すずきおりえ) 八世紀の皇后像とその地位 論文
伏島正義(ふせじままさよし) 西ゴート法典にみる奴隷について 論文



第58号──葉貫磨哉先生追悼号(2001.03)
北条文彦(ほうじょうふみひこ) 中世に於ける長講堂の洪花の沿革について 論文
瀧音能之(たきおとよしゆき) 忌部神戸と玉作の神 論文
大森正且(おおもりまさかつ) 鎌倉幕府御家人の禅宗受容の一断面−宇都宮・結城・小山氏を中心として− 論文
倉井理恵(くらいりえ) 「法名」「出家」にみる中世武士の精神−鎌倉北条氏を事例として− 論文
伊藤恭子(いとうきょうこ) 鶴岡八幡宮別当頼仲と二人の弟子について 論文
小松寿治(こまつとしはる) 樵谷惟僊の動向について 論文
今野慶信(こんのよしのぶ) 得宗被官による禅師寄進の背景−宿屋氏の筑前国芦屋寺の場合− 論文
野尻かおる(のじりかおる) 『元亨釈書』と葉貫先生の思い出−虎関師錬が採った拓本− 論文
遠藤廣昭(えんどうひろあき) 室町幕府の造仏事業と院派仏師−洛中雲居寺大像の造像を事例として− 論文
西川美香(にしかわみか) 袋中(良定)『青天集』翻刻と紹介−夢窓疎石『谷響集』への反論書− 論文
皆川義孝(みなかわよしたか) 日光山滝尾の如法経信仰 論文
管野洋介(かんのようすけ) 羽山先達の編成と社家・修験・村−奥州伊達郡を事例として− 論文
三浦浩樹(みうらひろき) 月船禅慧の法系について 論文
仲田正之(なかたまさゆき) 享保の改革による代官支配の変化について−三島代官廃止と韮山代官成立の背景から− 論文
川上淳(かわかみじゅん) 厚岸国泰寺とアイヌ 論文
田中弘之(たなかひろゆき) 阿部正弘の対外政策に関する一試論 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 五胡十六国の系譜 論文
葉貫磨哉(はぬきまさい) 「養生記」について 講演録



第59号(2002.07)
南和男(みなみかずお) 天保改革と江戸の寄席 論文
仲田正之(なかたまさゆき) 明治に残る元禄地方直しの影「朝臣領」−封建制度の終焉について− 論文
松下祐三(まつしたゆうぞう) 薩長商社計画と坂本龍馬−坂崎柴瀾の叙述をめぐって− 論文
小林和幸(こばやしかずゆき) 金子堅太郎の明治二三年七月三一日「華族会館ニ於ケル演説筆記」について 史料紹介
佐々木真(ささきまこと) スペイン継承戦争とフランドル地方 独立論文



第60号(2003.03)
仲田正之(なかたまさゆき) 近世後期代官の公事手続き 論文
栗原修(くりはらおさむ) 戦国大名上杉氏の隣国経営と河田長親 論文
仁平佐智子(にへいさちこ) 日光道中粕壁宿の飯盛女について 論文
小林惣八(こばやしそうはち) 内陸アジア諸民族の社会と文化 論文
川島淳(かわしまじゅん) 1906(明治三九)年の「関東総監府官制案」に関する文書的考察−修正の時期に焦点をあてて− 研究ノート
井高帰山(いだかきざん) 明治中期〜昭和初期の陶窯史−ある陶窯の創始・ある陶窯技術の流れ 研究ノート