駒澤大学

経済学部:トップ
ホーム > 学  部 > 受  験  生 > 現代応用経済学科の特徴


現代応用経済学科の特徴


現代日本が直面している構造転換課題に挑戦する現代応用経済学科

現代応用経済学科略図

現代応用経済学科が目指す教育課題

大きなターニングポイントを迎えている世界経済。その中で日本はどう生き残っていけるのか? 新しい時代の経済を担える人材の育成を目指す現代応用経済学科の特徴の概要を紹介いたします。

1. 情報化社会に必要な基礎技能の習得:InformationからIntelligenceへ

・初年次セミナー、情報入門、キャリア・デザインを1年次に配当

2. 現代経済社会を複眼で見る基礎能力の育成

・社会経済学、企業経済学、企業経営学、現代企業論、地域経済論を1年次に選択必修で配当
・経済学入門、経済理論A、ミクロ経済学を1年次に専門選択で配当

3. 現代経済社会を複眼で見る応用能力の育成:Know-HowからKnow-Whyへ

・演習(ゼミナール)を2年次より開始

・最新の経済学知見の基礎科目として、ゲーム理論、公共経済学、現代産業論、産業組織論、企業管理論、非営利組織論を2年次に選択必修で配当

・最新の経済学知見の応用科目を2年次以降に選択科目として配当

経済理論分野→契約理論、情報の経済学、法と経済学、制度の経済学、市民と経済学

産業・地域分野→ファイナンス論、ボランティア経済論、中小企業論、中小企業政策論、福祉経済論、医療経済論、ベンチャー論、起業論、コミュニティ・ビジネス論、協同組合論

企業経済分野→企業戦略論、グローバル・ビジネス論、企業統治論、企業倫理、企業社会責任論、人的資源管理論、ビジネスの歴史、ネットワーク組織論、ビジネス事例研究、トップマネジメント講座

・2つのコース(ビジネス経済コースとコミュニティ経済コース)の選択による問題意識の明確化

4. 問題意識に応じた創造力・想像力と企画・提案力の育成

・3年次以降、経済学科・商学科の専門科目の履修による鳥の目・虫の目の先鋭化
・少人数の演習(ゼミナール)による密度の高い学習と、卒業研究に集約される形でのオリジナリティとプレゼンテーション能力の向上


現代応用経済学科の内容の詳細につきましては「関連コンテンツ」内、 『駒澤VOICE 現代応用経済学科』(入学センター・PDF版) も併せてご参照下さい。


関連コンテンツ

大学公式 現代応用経済学科ページ
駒澤VOICE 現代応用経済学科

↑ページのTOPへ