駒澤大学

経済学部:トップ
ホーム > 学  部 > 受  験  生 > 商学科の特徴


商学科の特徴


商学科

昭和信用金庫烏山支店でのフィールドワーク風景

商学科では、IT革命やグローバリゼーションの進展など転換期にある現代企業の行動と活動のメカニズムについて、 (1)流通・マーケティング・情報、(2)ファイナンス・貿易、 (3)会計・企業・経営・管理の3分野を中心に、「激動するビジネスの時代」に不可欠な知識と実務を効率的に学ぶことができます。 2年次から4年次までの充実した「演習(ゼミナール)」と体系的に専門カリキュラムを配置した「コース制」を柱に、 将来の夢の実現に向けた学習を可能にしています。

激動するビジネス社会に必要な 「知識」と「実務」を、流通・会計・経営の3分野を柱に体系的に学びます。

1. 分野別に学べる専門コースを設置

専門知識が体系的に学べるよう商学科ではコース制を導入しています。商学科が設置する「金融・貿易コース」「流通・情報コース」「会計・経営コース」では、 鋭い洞察力を養う知識と実践的な実務能力を身につけることができます。ビジネスを「知識」と「実務」の両面から学ぶことで、社会・経済の将来を見る目と、経営、会計、流通、金融などの分野で活躍するために必要な能力を養うことができます。また、経済学科の「経済学コース」、「金融・財政コース」、「産業情報コース」、「国際経済コース」、「生活・環境コース」を選択することも可能です。

2. ゼミ形式の授業で主体的にコミュニケーションする力が身につきます

学生が主体となって小グループで発表・討論を行うゼミ形式の授業こそ大学の醍醐味といっていいでしょう。1年生は全員履修の「基礎ゼミ」で大学での学び方などを勉強します。2年から4年までの「演習」では、学部内であれば学科を越えて指導教員を選び「演習」に参加できます。演習では2年次から4年次までの3年間、系統的に専門分野の学習ができます。少人数制のきめ細かな対応ができる授業を通して、 教員と学生が双方向のコミュニケーションを繰り返し、関心のある問題やテーマを詳しく掘り下げて研究できます。「演習」を受ける3年間、教員やゼミメンバー同士の交流により、研究テーマについて理解を深めることはもちろん、豊かな人間関係の形成が期待できます。

3. 他学科のほとんどの科目が履修できます

ビジネスについての洞察力を身につけ、また経営、会計、流通を深く学ぶには、経済学の知識が必要です。本学科の最大の特長は、経済学科や現代応用経済学科の講義を通じて経済学という全体を見渡す「鳥の目」を養いながら、同時に会計、流通、金融、情報といった専門分野を「虫の目」で凝視できることです。理論と実践をバランスよく体系的に学び、ビジネスの現場で必要となる様々な能力を養います。

4. 企業の第一線のリアルタイムな動きを解説

現代日本の産業と企業の行動をリアルに学べるよう「現代経済事情」「現代産業事情」「野村證券提供講座」などが設置されています。 企業の最先端で活躍する方々が講師として、リアルタイムな話題を興味深く講義します。

5. 会計資格取得を様々な形で支援します

本学には「経理研究所」が設置されています。税理士や公認会計士を目指す人のために日商簿記検定の資格取得を指導するなど、 専門的会計職業人として活躍する夢を持つ学生たちを支援しています。 さらに、公認会計士・税理士を強く希望する学生のために、資格取得を強力にバックアップする会計プロフェッショナルクラスを開設します。

「会計プロフェッショナルクラス」を履修する学生は、大学と専門学校の両方で講義を受講して資格取得をめざします。 このクラスでは、専門学校で受けた授業の履修状況と本学教員が課す課題の評価を総合し、 公認会計士クラスでは単位まで、税理士クラスでは単位まで単位認定を受けることができます。 この単位は卒業に必要な単位としてされます。大学の授業と資格取得のための授業をバランスよく受けることで 公認会計士・税理士の資格取得を強力にバックアップします(会計プロフェッショナルクラスを読んでください)。

6. 経営実務に役立つコンピュータ関連科目が充実しています

グローバリゼーションや情報化はビジネスの現場を大きく変化させています。本学科では、最新のビジネス情報に触れられるよう企業人講師による講義を、企業での研修により刻々と変化するビジネスを実体験し、さらに就業の心構えを作るためインターンシップを実施しています。また高度情報化に対応できるよう、企業でパソコン研修を担当する講師を招き、最新のパソコンを使った実践的なコンピュータ実習を行っています。また、パソコンの操作ばかりでなく、実際のビジネスでどのようにコンピュータが使われているか、といったことを学ぶ「経営情報システム論I・II」と「コンピュータ会計I・II」という科目も設置しています。「情報入門I・II」及び「応用情報処理I・II」を習得した学生たちが、経営・会計の専門のコンピュータ・ソフトを使ってバーチャルなビジネスの世界やeコマースの実際を体験でき、 ビジネス・モデルを構築することも可能です。コンピュータ会計の最先端の実務能力を学ぶこともできます。


商学科の内容の詳細につきましては「関連コンテンツ」内、 『駒澤VOICE 商学科』(入学センター・PDF版) も併せてご参照下さい。


関連コンテンツ

大学公式 商学科ページ
駒澤VOICE 商学科
ITプロフェッショナルクラス

↑ページのTOPへ