出願資格

  1. 高等学校を卒業した者および平成30年3月卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者および平成30年3月修了見込みの者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および平成30年3月31日までにこれに該当する見込みの者
  • (1)外国において、学校教育における12年の課程を修了した者および平成30年3月31日までに修了見込みの者またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者
  • (2)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者、および平成30年3月31日までに修了見込みの者
  • (3)文部科学大臣の指定した者
  • (4)高等学校卒業程度認定試験規則により文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者および平成30年3月31日までに合格見込みの者
  • (5)大学入学資格検定規程により文部科学大臣の行う大学入学資格検定に合格した者
  • (6)その他本大学において、相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

教育の理念

駒澤大学は、仏教の教義並びに曹洞宗立宗の精神に則り、学校教育を行うことを目的として設置されている大学である。この教育とは、時代に流されることなく、その動きを正確に洞察し、自分の進むべき道を自分の力で適切に判断できる素養と、将来その道を歩むのに不可欠な知識・技能・資格を身につけることである。こうした建学の理念を実現するため、幅広い教養と専門分野の体系的な知識、それらを応用する技能、主体的かつ協調的なコミュニケーション能力、多様性を理解し他者と協働する力、情報分析力と問題解決力を身につける「丁寧な教育」「厚みのある教育」を行い、絶えざる自己形成と社会の発展に寄与する人材の育成を行うことを本学の教育の理念とする。

駒澤大学学士課程教育について

  • ①入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)
  • ②教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
  • ③卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

上記のポリシーについての詳細はこちらをご確認ください

  • ● 個人情報は、駒澤大学が入学試験・合否発表・入学手続等の業務を行うために利用します。この利用目的の適正な範囲内において、情報が大学より当該業務委託先に必要に応じて提供されますが、その他の目的には利用いたしません。
  • ● インフルエンザその他「学校保健安全法」で出席停止を定められている感染症(麻疹・水疱瘡等)にかかっている人は、原則として受験をご遠慮ください。ただし、その場合も、受験料の返還や追試験等の特別の措置は予定しておりませんので、あらかじめご了解ください。
    入学試験に向け、万全の体調管理に充分ご注意ください。
  • ● 本学では、障がいを持つ方々に対し、受験時の特別措置の実施ならびに入学後の修学に関する配慮をしています。
    視覚障がい、聴覚障がい、肢体不自由、内部障がい、発達障がい等の障がいがあり、障害者手帳またはこれに準ずる障がいがあることを示す診断書を持ち、支援を希望される方は、必ず出願前にご連絡ください。
    【特別措置受験に関しての問合わせ先】 03-3418-9734 (入学センター)
    【入学後の修学に関しての問合わせ先】 03-3418-9755 (学生支援相談課)