司法試験(令和5年以降)在学中受験資格について

Date:2021.06.15

司法試験法及び法務省令の改正により、令和5年(2023年)以降の司法試験において、次の要件を満たすことで法科大学院在学中に司法試験の受験が認められます。
  ①2年次終了までに所定科目単位を修得していること
  ②1年以内に当該法科大学院の課程を修了する見込みであること
   ※所定科目単位として、法律基本科目の基礎科目を30単位以上、法律基本科目の応用科目を18単位以上、司法試験選択科目に係る科目を4単位以上と定められています。

本法科大学院では2021年9月入学者(2022年度第1期入試による入学者)より、上記在学中受験制度が認められます。
2022年度第1期入試情報については下記ページをご参照ください。

入学試験概要