ラボ駅伝

駒澤大学で行われている研究を、リレー形式で紹介する連載メディアです。創造的でユニークな研究を通して見える「駒大の魅力」をお伝えします。

学びのタスキをつなぐ 駒澤大学 ラボ駅伝

第14区 遠藤歩講師

臨床心理学とカウンセリング

他人は自分を映す鏡。たくさんの人と出会えば出会った数だけ自分の心も見えてくる。

会社や学校、そして人間関係の中で、多くの人が "心の問題"を抱えている現代社会。スクールカウンセラーや組織におけるメンター制度など、心を支援するしくみづくりも進められ、2015年には日本初の心理学の国家資格として「公認心理師」も創設された。遠藤先生は心理学を基盤とし、臨床現場で心と心が繋がる瞬間を追い求めている。

心理学は、人の心の複雑さを理解するもの心理学は、
人の心の複雑さを理解するもの

遠藤歩講師

私の専門は臨床心理学、とくにカウンセリングや心理療法です。これまで中学、高校、大学などの教育・研究機関や医療機関で、心理支援の実践を行ってきました。
私は高校卒業後、しばらく進路に迷っていた時期がありました。そんなとき、ある大学の先生のお話を伺う機会があり、その方が私たちをひとりの人間として扱ってくれている印象を受け、人と人とが繋がることの可能性を感じました。そこで、その先生の下で学ぼうと決めました。その先生がたまたま心理学の教員だったので、私も心理学を志したのです。
今思えば、対人関係への関心や青年期特有の社会に対する不信感などを抱えていたということもあったと思います。そういうきっかけでしたので、最初からカウンセリングや心理療法に興味があったという感じではなかったですね。
その後、先生に付いてカウンセリングやその哲学、技術などを学んでいくうちに、人と人との関係の可能性をさらに深く考えるようになりました。こうして、臨床心理学の研究の道に進むことになったのです。
心理学を専門としていると言うと、「人の心がわかるようになりますか?」と聞かれることがよくあります。けれど、心理学の研究をいくら重ねても、人の心が本当にわかるということはないのではないでしょうか。むしろ「人の心は複雑なものだ」という現実への理解が深まっていく。ただ、クライアントと対したときに、「こういう場合にはこういった視点が役に立つ」ということは、多少は明確になっていくと思います。

支援者はクライアントにどう向き合うべきか支援者はクライアントに
どう向き合うべきか

臨床心理学は病気や病人に関係した心の問題を扱います。研究としては、クライアント支援の方法を探るものが多いのですが、私の関心としては、心理療法や支援の基盤となるクライアントと支援者の関係性や、関係性が及ぼす影響といったところに惹かれ取り組んでいます。

関係性については、クライアント中心療法のカール・ロジャーズの理論はもっとも有名なものです。ロジャーズはカウンセラーの3条件として、「純粋性」、「受容」、「共感的理解」を提唱しました。「純粋性」は治療者が関係の中で自分自身であろうとすること、「受容」はクライアントを決めつけず、一個の人間として大切に感じていること、そして、「共感的理解」はクライアントの内的で私的な世界を、あなたの世界としてそのままわかると感じていることです。

ロジャーズは治療者側の体験の特質を記述しましたが、これらはカウンセリングやあらゆる心理療法に通じる基礎的な態度と言えると思います。私の興味は、こうした支援者側の要因がどのように働けばより良い結果に繋がるのか、つまり、支援する側がいかにあるべきかということにあります。

カウンセリングや心理療法の結果として、クライアントの何かが変化するということはありますが、その前に、支援する側が何らかの変化をするということが大切であり必要だと思います。例えば、カウンセラーが共感を体験する過程は、変化のひとつといえます。カウンセラーがクライアントと向き合うときに、どのように自身の"ありよう"を模索し、目の前にいる方に合わせて変化できるか。それがカウンセラーにとっての大切なことだと考えています。

遠藤歩講師

良い支援者となるための方法論や人と関わるための糸口を提案したい
良い支援者となるための方法論や人と関わるための糸口を提案したい

今は基礎研究の段階ですが、将来的には支援者とクライアントがより良い関係性を結ぶための何らかの仮説を提案できればと思います。
個人的なことですが、自分の考えがまとまってきて、そして、実際の現場で支援の糸口になれば嬉しいですね。もっともそうした考えは不意におとずれるもので、それを研究にどう落とし込むかという問題も出てきます。それでも、考察を続ける中でカウンセラーとしての考え方が少しでも明確になることにはやりがいを感じますし、最終的には研究の成果をカウンセラー等の育成やクライアントへのより良い支援に繋げていければと考えています。

良い支援者になるためには、支援者個人の資質もありますが、訓練によって高められる部分は必ずあるし、そこは高めていかなければなりません。そのために少しでも役に立つ成果が出せればと考えています。

2015年には「公認心理師」という心理職の国家資格ができました。心理職を取り巻く環境は過渡期といえます。しばしば日本人は欧米人に比べてカウンセリングに対して抵抗があると言われますが、心理学への理解が深まれば、その抵抗感も軽減されると思いますし、カウンセリングを受ける人は精神的に弱いといった偏見も薄れていくのではないでしょうか。今後、心理学が担う社会的貢献の可能性もますます大きくなってくると思います。

多くの人と関わることで人も心も見えてくる多くの人と関わることで
人も心も見えてくる

心理学やカウンセリングの技術は、良い人間関係を育む際にも有用です。人づきあいのうまい方の中には、卓越したスキルを持っている方がいます。ただ、臨床の現場には、心が傷ついた方や困難を抱えた方がさまざまな依頼を持って来ます。そこでは非常に丁寧で慎重な対応が求められますので、日常的な人間関係におけるスキルとは少し違うものも求められます。それぞれの場に合った方法を求め、実践しうる形にするのも、私たちの役割だと考えています。

心理学を学びたいと思う方は、まずは興味のあること、できることからやってみてはどうでしょうか。やってみて初めて、向き不向きも含めてわかることも多いと思います。また、臨床心理学は対人関係の学問でもありますから、いろいろな人と接することも大切です。同級生をはじめ、年齢、性別、人種などを超えて会って話してみるのもいいと思います。自分を映してくれるのは他者だったりします。多くの人と関われば関わるだけ、自分のことも他人のことも見えてくるのではないでしょうか。

遠藤歩講師

Profile

遠藤歩講師
2002年、文教大学人間科学部臨床心理学科卒業。2004年、同大学大学院人間科学研究科修士課程修了。東北大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(教育学)。医療機関・教育機関などの心理職を経て、2017年より現職。カウンセリングと心理療法の実践をテーマに研究している。

関連記事 - 「ラボ駅伝」カテゴリーの新着記事

+MORE POSTS