前のページ

東北地方太平洋沖地震
(東日本大震災)

本震と余震の震央分布図です。M4以上の地震は40日間で1020回も発生しています。
地理学科のみなさんは分布に注目して地図を眺めてくださいね。
本震は3つの地震が連動して起こったとみられています。防災科学技術研究所(地震波形)

東北地方南部の震度

気象庁が発表した推計震度。
地震計の揺れと地盤の様子から表現されたものです。
速報値で表現されたものなので、実際の揺れとは違う可能性もあります。
何か気がついたことはありますか?

南関東の震度

気象庁が発表した推計震度(南関東部分)
今回の地震は揺れが長かったという特徴がありました。
東京都世田谷区三軒茶屋では「震度3」と発表されたましたが、
後日精査の上「震度5弱」となりました。
事後にまとめられた各地の詳細震度はこちら(気象庁)


東日本大震災による液状化被害
(橋詰直道先生、清水長正先生撮影)

地盤の液状化というのは、固いはずの地面が長時間の揺れによって「液体のように」なってしまう現象です。
重いものは沈み、軽いものは浮かび上がります。
より詳しい内容については、橋詰先生や清水先生の講義で聞くことができると思います。

千葉市美浜区幕張海浜公園
歩道に亀裂が生じて山のように盛り上がってしまった。
浦安市日の出町
ファミリーレストランの入り口に段差が生じてしまった。
浦安市明海1丁目
マンホールの部分が突き出してしまった。
浦安市明海大
キャンパス内の芝生に噴砂が堆積している。
浦安市東野
噴砂により、カーポートの車が泥に埋まってしまった。
浦安市東野
庭のタイルが波打ってしまった。噴砂がみられる。

東日本大震災による液状化被害

液状化被害が起こりやすいところはどこ?

国土地理院が撮影した浦安市の空中写真です。川は江戸川です。
1948年の写真の中央には、「沖の大三角」と呼ばれた干潟がみえます。
白い縁取りが干潟と陸地の境界です。
現在の地形図に空中写真から読み取った情報をのせてみました。
私の友人の家の場所をで示しました。

浦安市に設置された仮設トイレ(kml)   地理院地図にのせてみましょう。昔の空中写真にしてみましょう。



東日本大震災による交通混乱

地震によって関東から東北にかけて、ほとんど全ての鉄道がストップしました。
運転再開が早かったのは、都電荒川線で16時37分から動き始めました。
また、都営地下鉄では、20時半頃から運転を再開した路線もありました。
東京メトロ銀座線や半蔵門線も20時半頃動き始めたようだが、
乗客が殺到してかなりの混乱となったようです。
JRについては「3月11日中の運転再開はない」との情報が流れました。

首都圏の高速道路の様子(日本道路交通情報センターによる)
3月11日20時頃の規制図。黒の区間は通行止めを意味しています。
ほとんどの路線が通行止めになっていることがわかります。

都内の一般道の渋滞状況(道路交通情報センターによる)
3月11日20時頃の様子です。赤の表示は渋滞区間です。

すべての鉄道とほとんどの高速道路が通行止めになったため、
帰宅者が一般道の交通機関に殺到しました。その結果道路もマヒ状態に陥っています。
都心部での就労者すべてを一般道路だけでさばくことは不可能です。
多くの人が何時間もかけて、歩いて家に帰りました。

阪神淡路大震災の時とは違って、東京では道路の被害はありませんでした。
それなのにこの状況です。
東京で被害が発生した場合に自動車による郊外への避難は
事実上不可能と考えた方がよさそうです。


次のページ