前のページ

平成大津波(東日本大震災)

東北太平洋沿岸の海岸地形


東北太平洋側の海岸線地形を概観したもので、標高値により彩色しています。
すべての画像30度俯瞰で、北の方角をみています。
標高データは国土地理院数値地図(標高50mメッシュ)
立体作画はカシミール3Dで、地名等は後から書き加えました。


過去の津波被害との比較(岩手県宮古市田老)

田老の被害写真@ 被害写真A 
(下図の青砂理の神社付近、港付近から撮影されたもの 撮影者清水長正)
メッシュは100m間隔です。

田老では、明治三陸大津波、昭和三陸大津波でも壊滅的な被害を受けています。
昭和三陸大津波の後、高台への移転も検討されましたが、
適当な代替地がなかったため、元の場所を区画整理して再建を図りました。
それが上図の弓なりの市街地です。高さ10mの堅牢な津波堤防を建設して、
「万里の長城」とも呼ばれましたが、平成の大津波はこれを乗り越え、
市街地は壊滅的な被害を受けました。

宮古市田老(地理院地図空中写真)


過去の津波被害との比較(岩手県釜石市小白浜と唐丹本郷)
メッシュは100m間隔です。

昭和三陸大津波で壊滅的な被害を受け、高台に集落が移転していました。
平成の大津波は、防潮堤があっても明治・昭和の大津波と同程度の高さまで押し寄せましたが、
移転集落は無事でした。

釜石市唐丹本郷・小白浜(地理院地図空中写真)


津波ハザードマップと津波浸水域との比較(宮城県仙台市若林区及び名取市)
メッシュは100m間隔です。

平野部では津波被害を想定していなかった地域も津波にのまれた。
海岸から5km遡上したところもある。海岸付近にいたらあなたは逃げられただろうか?

仙台市若林区荒浜(地理院地図空中写真)



東京湾の津波

東京湾は湾口が狭く、湾奥が広いので、外洋からの津波はやや弱まります。
2010年2月28日(東京マラソンの日)に東京湾にも津波警報が出ました。
この時の津波の高さは湾外の館山(布良)で80cm、
湾内は横浜港で40cm、晴海港で30cmでした。
およそ半分くらいになりました。

平成大津波(2011年3月11日)では、
湾外の館山(布良)で1m60cm、
東京晴海1m30cm、横浜港1m60cm、千葉90cmでした。
千葉県の市原市で90cm 20軒の住宅で浸水被害が出ています。
あまり減衰しなかったようです。

東京湾直下の大地震が起こったときが懸念されます。
津波が小さくても堤防が壊れて浸水が始まったら大変です。
東京の下町には海抜0m以下に140万人が住んでいます。
あまり知られていないようですが、埋立地の方が海抜が高くなっています。

東京湾岸(地理院地図色別標高)

地理学科卒業論文(2015年度)より

大磯渚さんの卒業論文が月刊誌「地図中心」に掲載されました。

被害の地域差はどのように生じたのか?