2003.05.31〜06.01更新
つばくらめ【燕】つばめ。つばくろ。玄鳥。乙鳥(イツチョウ)。
大槻文彦編『大言海』つばくら【燕】つばくらめ(燕)の略。字類抄、ツバクラメ」『嚢鈔』、一、五十八條「、ツバクラ」竹取物語「中納言くらつ麿にの給はく、つばくらは、いかなる時にかねを産むと知りて、人をばあぐべきとの給ふ」呼子鳥、上「つばめ、つばくらなり」飼鳥必用、上「つばくら、此鳥三月前後、江戸にて子を生立候て、秋の節、何國へか飛かへるなり」〔3-418-2〕
 
 つばめは、遙かな常世の國から、祖先同様に渡り来る鳥ゆえ、長寿と冨貴と恋愛とをもたらす、春の神の使者する。《『日本民俗語大辭典』840頁より》
 
 明治の文豪である夏目漱石『野分』の一に、「鴻雁(こうがん)の北に去りて乙鳥(いっちょう)の南に来(きた)るさえ、鳥の身になっては相当の弁解があるはずじゃ。」とし、『草枕』の十三に、「舟はようやく町らしいなかへ這入(はい)る。腰障子に御肴(おんさかな)と書いた居酒屋が見える。古風(こふう)な縄暖簾(なわのれん)が見える。材木の置場が見える。人力車の音さえ時々聞える。乙鳥(つばくろ)がちちと腹を返して飛ぶ。家鴨(あひる)ががあがあ鳴く。一行は舟を捨てて停車場(ステーション)に向う。」、明治33年の英国留学渡航日記に「9月12日(水) 夢覚メテ既ニ故郷ノ山ヲ見ズ 四顧渺茫タリ 乙鳥一羽波上ヲ飛ブヲ見ル 船頗ル動揺 食卓ニワクヲ着ケテ顛墜を防グ」とあって、「乙鳥」の語がそれぞれ見える。が、この読みを音で「イッチョウ」訓じて「つばくろ」と読むのだと知り、この鳥があの「つばめ」のことだと知っている人はどのくらいるだろうか?漱石は俳句を嗜み、

乙鳥(つばくろ)や 赤い暖簾の 松坂屋 《『漱石俳句集』新潮文庫》

といった句も詠んでいる。この語を発句に詠んだものとしては、江戸時代の小林一茶の句に、

いつの間に乙鳥は皆巣立けり   西国紀行  寛7《HP『一茶発句全集』による》

とし、与謝蕪村の遺稿集にも、

花に啼聲としもなき乙鳥

と詠まれているが、これらの作品群などに見える漢字表記した動・植物名を現代の人がどれほど読みこなすことができるのか、古典読解力を再度問う大事な時期を迎えている。なぜならば、その読解力をも失いつつあるのが昨今の国語事情なのだから……。実際、「つばめ」を季題にした俳句や短歌は、すべて「燕」の表記字をもってしか記載しなくなってしまっている。漱石自身、上記に記載した『草枕』のなかでも、

身を斜(はす)にしてその下をくぐり抜ける(つばめ)の姿が、ひらりと、鏡の裡(うち)に落ちて行く。

(つばくろ)は年々帰って来て、泥(どろ)を啣(ふく)んだ嘴(くちばし)を、いそがしげに働かしているか知らん。と酒 の香()とはどうしても想像から切り離せない。

と「燕」の表記で「つばめ」「つばくろ」と用いてもいる。
 「乙鳥」を合成字で「鳥」+「乙」と表記した「」の用例が下記に示した古辞書である観智院本『類聚名義抄』に見えている。こちらが原字で、分解字としたのが「乙鳥」なのか?その疑問を解決するために少しく検証して見る必要がある。手始めに1、『漢語辞典』と『国語辞典』を手がかりに調べていく。そして、2、漱石自身がこの鳥をどう表記してきたのかについてもDBを駆使して調べていく。すると、漱石は上記のうち「玄鳥」の語を用いていないことを認知するのである。現代の私たちより漢詩文素養の高い世代にあっても、その選択は、未知と既知という概念を有しているのであろう。そして、逆に3、「玄鳥」の用字を用いている明治時代の資料も検討していくのである。この1・2・3の検証作業で得られたデータを整理してみると、この「報告書」は完成することになる。
【和 名】 ツバメ
【学 名】 Hirundo rustica 
【英 名】 Barn Swallow 
【漢字名】 燕
【科目名】 スズメ目ツバメ科 
【異和名】 ツバクロ・ツバクラ・ツバクラメ・マンタラゲシ
【異英名】 House Swallow/Swallow 
【異漢名】 乙鳥・玄鳥 
【S/M 学】 Hirundo 
古辞書資料
倭名類聚抄』「(ツハクラメ) 故以名之」「燕鳥 尓雅集註云―鳥見反豆波久良米自胎小烏也」《国立歴史博物館藏、卷第七5ウ一・二》
新撰字鏡』「居久反上鶏豆波比良古」「瑾璋采利反豆波比良古」「同於乙入豆波比良古」「」延見反言六字同」《卷八483二》
観智院本『類聚名義抄』「ツハクラメ()僧上四八○()僧上四八○(玄鳥)僧中一一〇○()僧中一一六○(燕鳥)僧中一三〇○()僧中一三〇」(正宗敦夫編『類聚名義抄假名索引』参照)
 音宴 ヤスムス() ツバクラメ ツヽム/又音烟國名」《僧上48三》
 ツバクラメ/与上通用」《僧上48四》
玄鳥 ツバクラメ」《僧中110八》
 乙二正/英物反/ツバクラメ ツヽ」《僧中116六》
燕鳥 烏見反/ツバクラメ」《僧中130五》
 同」《僧中130五》
黒川本『色葉字類抄』に、「(ヱン/ツハメ)ツハクロメ/(カムテイ)玄乙同」《動物・中21オ七》
白河本『字鏡集』「(エン)同/ツハクラメ 正/」《九卷、動物部・鳥部365二》
温故知新書』「(ツハメ) ()」《氣形門六》
伊京集』「(ツバメ) 又乙同」《畜類》
広本節用集』「(ツバメ/ヱン)[平・去]―与同字。又燕ハ國(クニ)之名()時平聲也。月令曰。玄鳥春到秋水帰。詩乙鳥ナリ。有三種。紫胸軽小ナル越燕ナリ。色白者数百歳ナリ。胸斑聲_大ナル者胡燕ナリ也。異名、風乙。玄乙。差池。芥觜。王謝。烏夜公子。玄乙鳥。天女。■■■玄夜。土撥滅(ツバメ)合紀。〔氣形門413六〕 
異名分類抄 つはひ つはひは古訓なり、天智紀に云、六年葛野ノ郡献白燕(つばひ) 私記津波比」
物類称呼』二7「、つばめ、但馬國にてひいごと呼び、和名に爾雅集記を引きて、つばくらめと註せり、今俗につばめといひ、又つばくらと云ふは、後人其の語をはぶきて呼ぶ也、片田舎の人はつばとばかりも呼び、又歌にはつばくらめとも、つばめとも詠ず、つばくらとは詠格なし、俳諧にはつばくら共作例有り、又つばくらめとは、土くらひの和訓也と、篤信翁の説也、又胡燕、越燕、漢燕等有り、胡燕はやまつばめと云ふ、越燕よりは、稍(やゝ)大にして山上岩穴(がんけつ)にすむ、巣は横に長く、脇の方より出入す、越燕は巣の上より出入す、但馬國村岡にて、妙見ひいごと云ふは胡燕なるべし」〔生活の古典双書17・56頁〕
 
[余談譚]「若き燕」の語源
夏目漱石『明暗』に、「突如として彼女が関と結婚したのは、身を翻(ひる)がえす(つばめ)のように早かったかも知れないが、それはそれ、これはこれであった。」