2008.04.08〜12.19更新
日本言語文化研究U 教場4−302 火曜日第5限
担当:萩原 義雄
講義のねらい
 日本言語文化研究Tの日本語歴史で取り扱ってきた作品資料には、多くの注釈書類が編纂されてきています。これらの注釈書類に焦点を当ててみることで、作品の有する特徴並びに享受者側の学習教養の度合いなどを検証していくこととします。例えば、『古今和歌集』には『古今集註』、『伊勢物語』には『和語知顕集』『~風知顯正義集』『伊勢物語惟清抄』など、『源氏物語』には『源氏物語抄』『河海抄』など、『枕草子』には『春曙抄』。『徒然草』には『徒然草寿命院抄』といった具合に枚挙なき注釈書が存在しています。この注釈書類を以て、日本言語文化研究における国語資料としての位置づけを皆さんとご一緒に探ってみることをめざす目標とします。
 
連絡事項
 「講義の事前事後の取り組み」→「駒澤大学 e-Education:YeStudy」をご利用願います。ここに、関連する事柄を学習する場を用意しました。取り組む取り組まないは貴方自身が決めることです。決めたからにはとことんやり抜く強い意志を持ちましょう。覚えるのではなく身につけていくことこそ言語文化修得の王道です。この掲載資料に関する質疑応答は確実に行っていきます。是非ご参加ください。そして、参加される方は必ず受信送信の確実なご自分の携帯メールを登録しておきましょう。夏休み・春休み学校の登録アドレスだけでは見落としたり、早急な取り組みがしにくいことがあります。
作品の提出は「駒澤大学 e-Education:YeStudy」をご利用願います。
 
講義内容
2008.12.16(火)第5限 教場4−302
 24の講義内容 解読資料の整理記述 〔PDF版
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年12月18日(木)01時31分36秒
 発表が何とか無事にできてよかったです。講義一年間ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.12.09(火)第5限 教場4−302
 23の講義内容 注釈書類の引用文献その4 記録類資料PDF版
 
2008.12.02(火)第5限 教場4−302
 22の講義内容 注釈書類の引用文献その3 和文資料PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年12月16日(火)00時59分38秒
 『河海抄』は当時にしては詳細な記述がしてあるなと思いました。東京大学史料編纂所は日本史の論文、研究をする上でも利用できそうなのでためになりました。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.11.25(火)第5限 教場4−302 休講〔ミラノ〕
 21の講義内容 注釈書類の引用文献その2和歌資料PDF版
 
 
2008.11.18(火)第5限 教場4−302
 20の講義内容 注釈書類の引用文献その1漢詩・漢籍資料
         ―『弘决外典抄』の語注記―〔PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年11月20日(木)20時15分29秒
 普段使われている「狩」に季節の使い分けがあり、中国と日本で使い分けが違うのは文化の差異があるのだと感じました。読みいい文章の中にこういった使い分けができればよりよい文章ができるのかなと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
 
 
2008.11.11(火)第5限 教場4−302
 19の講義内容 図画・図表の処理(データ加工)→機器スキャナーに依る取り込み《応用実践編》
         ―大慈恩寺三蔵法師伝―〔PDF版
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年11月13日(木)00時50分3秒
 画像の保存テクニックの再確認になったのでよかったです。歴史研究にも生かしたいです。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.10.28(火)第5限 教場4−302
 18の講義内容 難字・異体字の処理及び修飾文字の利用(「今昔文字鏡」等) 《応用実践編》
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年10月29日(水)03時00分57秒 
 漢字一字一字を探すのも、なかなか大変でした。しかし、面白い部首の組み合わせの文字が多々あり面白くもありました。  
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.10.21(火)第5限 教場4−302
 17の講義内容 『庭訓往來』の注釈書『庭訓往來註』『庭訓往來抄』PDF版
 
2008.10.14(火)第5限 教場4−302
 16の講義内容 『太平記』の注釈書『太平記賢愚抄』『太平記音義』PDF版
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年10月18日(土)21時53分27秒
 『太平記』の人間ドラマがもっと世間に知れ渡ればよいと思いました。戦国時代が注目されているだけに。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.10.07(火)第5限 教場4−302
 15の講義内容 『徒然草』の注釈書『徒然草寿命院抄』PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年10月14日(火)01時36分51秒
 平家物語の読誦映像は、竹藪や霧など手が込んでいて高級感や、無常観を上手く演出していたと思いました。ただ、ちょっと静かな雰囲気(殿上闇討)が漂いすぎた気もしました。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.09.30(火)第5限 教場4−302
 14の講義内容 『平家物語』の注釈書『平家物語繪抄』PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年10月 3日(金)16時23分0秒
 平家物語の研究や解釈が近世にもよく行われていたのは、平家物語が研究価値のあるものだからだと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.09.23(火)秋分の日
 
2008.09.16(火)第5限 教場4−302
 13の講義内容 後期授業開始に寄せて 
   ―PR1「日本言語文化と室礼」→《室礼展》の予告―
   ―PR2 2009年1月全国ロードショー、角川映画「禅ZEN」―
    軍記物語『太平記』の資料蒐集とその応用→紀田順一郎『日本の書物』33『太平記』悪黨の肖像[182頁]を〔参照〕
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年 9月20日(土)11時07分33秒
  室礼の海外での評価が高いと聞いて、日本の人もそのことを意識しないといけないと思いました。
 桜が韓国渡来のものだとも初めて聞いたのでびっくりしました。後期もよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.07.08(火)第5限 教場4−302
 12の講義内容 仏教漢訳経典語における取り扱い方法PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年 7月12日(土)01時00分4秒
 漢語の読み方は高校時代を思い出しました。現在でも、古文書を読むのに漢語も読めた方がよいので、参考になりました。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.07.01(火)第5限 教場4−302
 11の講義内容 源氏物語』の注釈書『源氏物語抄』『河海抄』PDF版
 
 
2008.06.24(火)第5限 教場4−302
 10の講義内容 枕草子』には『春曙抄』『枕双紙抄』PDF版
 加藤盤齋著『清書納言枕双紙抄』に見える古典籍引用語集のコラムを設けました。用語の投稿願います。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年 6月29日(日)22時40分47秒
 『枕草子』が辞書的な機能を有していることに、先生の指摘で気づくことができました。
 来週の火曜なんですが、またキャリアガイダンスが5限に入ってしまったので、遅刻か欠席になりそうです。すいません。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.06.17(火)第5限 教場4−302
 09の講義内容 和漢朗詠集』の注釈書『和漢朗詠集註』『和漢朗詠集聞書』〔PDF版
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年 6月24日(火)14時38分58秒
 『和漢朗詠集』が結婚式の引き出物だというのは驚きました。非常に豪奢な贈り物だと思います。受け取った人は満足したと思います。
---------------------------------------------------------------------------
 
2008.06.10(火)第5限 教場4−302
〔本日こちらの都合により4−302の教室を開きませんので「YeStudy」でお読みになり、その内容についてお聞き願います。〕
 08の講義内容 『伊勢物語』の注釈書
        『和語知顕集』『~風知顯正義集』『伊勢物語惟清抄』〔PDF版
 
2008.06.03(火)第5限 教場4−302
 07の講義内容 ―古今和歌集』の注釈書『古今集註』―〔PDF版
 
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年 6月10日(火)14時49分20秒
 古今和歌集が菅原道真撰の和歌集を駆逐して完成したものだとわかったのが新鮮でした。
---------------------------------------------------------------------------
 
2008.05.27(火)第5限 教場4−302
 06の講義内容 字書・辞書、そして参考とすべき専門書の利用とその方法
        ―古辞書の注釈 狩谷掖齋『箋注倭名類聚抄―〔PDF版
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160s 投稿日:2008年 6月 3日(火)15時12分36秒
倭名類聚抄が江戸時代に作者によって見直された理由が少し気になりました。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cm7041 投稿日:2008年 6月 3日(火)13時12分22秒
 森立之についてもっと知りたいと思いました。
 申し訳ないですが、今日の授業出席できません。
---------------------------------------------------------------------------
 
2008.05.20(火)第5限 教場4−302
 05の講義内容 文献資料の蒐集方法とその取り扱い
        ―古典作品とその原典―PDF版
        『土左日記』に学ぶPDF版
 
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cm7041 投稿日:2008年 5月27日(火)13時36分49秒
 藤原定家の話がとても印象的でした。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年 5月26日(月)01時37分59秒
 少ししか出席できませんでしたが、紅い顔の酒呑童子の絵が第一印象として強烈でした。---------------------------------------------------------------------------
 
2008.05.13(火)第5限 教場4−302
 04の講義内容 『日本書紀』の注釈書『日本書紀抄』PDF版
 
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年 5月18日(日)18時57分23秒
 与那国島の海底遺跡のインパクトが強かったです。地球の水位があって沈んだ古代都市のように思えました。与那国島は丘だったのでしょうか。
 あと、20日なんですがキャリアガイダンスがあるので、行けないかもしれません。すいません。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.04.22(火)第5限 教場4−302
 03の講義内容 『古事記』の注釈書『古事記伝』PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年 4月27日(日)19時58分38秒
 『古事記』にたいする研究者たちの見方が、太安万侶の墓の発見によって劇的に変わったのだと知りました。仁徳天皇陵の発掘はロマンがありますね。『古事記』の現存が鎌倉時代後期のものなら、それ以前に記事の改変があったかもと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.04.15(火)第5限 教場4−302
 02の講義内容  『万葉集』の注釈書『万葉集略解』『万葉代匠記』〔PDF版
        憶良の語法〔吉田金彦、訓点語研究口頭発表資料に基づく〕〔PDF版
 
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究U 投稿者:cg6160 投稿日:2008年 4月16日(水)11時28分16秒
 富と冨、ぐりはまとハマグリ(蛤)、お袋といった何気ない言葉からの発見。1対1のせいか、飽きることなく聴けました。坂本嘉治馬(高知の宿毛出身)は坂本龍馬と関係あるなかなとも思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.04.08(火)第5限 教場4−302
 01の講義内容 ※最初に情報センターの使用手続について担当責任者説明
古典作品に於ける「古注釈」研究の領域とはPDF版
--------------------------------------------------------------------------------
 
講義の内容・授業計画
 01の講義内容 ※最初に情報センターの使用手続について担当責任者説明
古典作品に於ける「古注釈」研究の領域とは
 02の講義内容 『万葉集』の注釈書『万葉集略解』『万葉代匠記』
 03の講義内容 『古事記』の注釈書『古事記伝』
 04の講義内容 『日本書紀』の注釈書『日本書紀抄』
 05の講義内容 文献資料の蒐集方法とその取り扱い
 06・07の講義内容 字書・辞書、そして参考とすべき専門書の利用とその方法
 08の講義内容 『伊勢物語』の注釈書『和語知顕集』『~風知顯正義集』『伊勢物語惟清抄』
 09の講義内容 『古今和歌集』の注釈書『古今集註』
 10の講義内容 『枕草子』には『春曙抄』
 11の講義内容 『源氏物語』の注釈書『源氏物語抄』『河海抄』
 12の講義内容 文献素材の入手及びデータ入力作業
 13の講義内容 『和漢朗詠集』の注釈書『和漢朗詠集註』『和漢朗詠集聞書』
 14の講義内容 『平家物語』の注釈書『平家物語繪抄』
 15の講義内容 『徒然草』の注釈書『徒然草寿命院抄』
 16の講義内容 『太平記』の注釈書『太平記賢愚抄』『太平記音義』
 17の講義内容 『庭訓往來』の注釈書『庭訓往來註』『庭訓往來抄』
 18の講義内容 難字・異体字の処理及び修飾文字の利用(「今昔文字鏡」等)
 19の講義内容 図画・図表の処理(データ加工)→機器スキャナーに依る取り込み
 20の講義内容 注釈書類の引用文献その1漢詩・漢籍資料
 21の講義内容 注釈書類の引用文献その2和歌資料
 22の講義内容 注釈書類の引用文献その3和文資料
 23の講義内容 注釈書類の引用文献その4記録類資料
 24の講義内容 注釈書類の引用文献その5字書・辞書類資料
 25の講義内容 解読資料の整理記述
 26の講義内容 資料公開とその注釈語の分析結果報告
 
履修上の留意点
 ※出席は、教場IT管理に依拠します。授業開始時に当日の出席書込欄にまずチェックをしましょう!また、IDチェックを忘れたりした場合などは、下記掲示板へ書込みをすることで確認が可能となります。
 ※講義内容及び連絡事項については、HP(情報言語学研究室)上に凡て逐次掲載しますので常時閲覧願います。質疑応答の問い合わせも直接研究室対応の他、IT機器駒澤大学 e-Education:YeStudy」を用いての応対も可能となっています。
 
 「駒澤大学 e-Education:YeStudy」に古辞書ことはじめ12 三巻本『色葉字類抄』を掲載しました。書写や翻刻をしてみることで、当時の編纂者の智的意識に近づければと思っております。引き続きご利用願います。※夏季課題とします
 「駒澤大学 e-Education:YeStudy」に「歌語の推定」を載せておきましたので、ご自身で歌語文末の欠落箇所を推定補読してみてください。そして、何故このように読めたのかを説明してみましょう。
 昨年12.20作成PPT資料に「図絵表」の技術利用を諮って、さらに精度をあげたものを来年1月日(火)迄にご提出願います。これを持ちまして、※冬季課題と致します
 
成績評価の方法(GPA制度に基づく)
(4)成績評価方法
 月毎に注釈書収載のことば群から説明語彙を選択し、上記項目を常にふまえた上で、報告書を提出し発表してもらいます。個人が年間分析する上記報告書における私からの質問を受けて、各自それぞれ提出してもらいます。解答の数を最低20としてこの一問一答ずつの提出物を高く評価していきます。
 提出の際には、提出の年月日の記入。学籍番号。氏名を必ずファイル名と内容資料に必ず添えてください。
 ご自分が調査した関連語句(書名・人名・用語など)の記入とそれに関わるネットリンク、添付画像処理についても著作権・肖像権問題に充分留意をお願いします。

 また、総合教育研究学部(日本文化部門)掲示板のご利用を期待します。皆様方の声と管理担当者である萩原の考えや日程をここに反映させ、学習支援及び学習意欲の向上をめざすことが本来の目的です。ここに記載された内容は、すべてこちらで管理運営しています。今後、この授業内・外を問わず、この書き込みを通じて授業評価にも大きく反映させて行きますのでご承知願います。

 
教科書{著者名『書名』(出版名)価格、ISBN}
 URL http://www.komazawa-u.ac.jp/~hagi を使用する。
 
参考書(指定図書・文献等)
その他(授業方法−講義形式、ゼミ形式、プリント配布、レジュメ配布等)
 情報機器及び文書編集ソフトを利用します。講義資料はHP(情報言語学研究室)上に凡て掲載します。授業内における講義プリントやレジュメPDF資料配布の紙面出しは必要最低限で保証します。
 情報機器を利用します。講義資料はHP(情報言語学研究室)上に凡て掲載します。授業内における講義プリントやレジュメPDF資料配布の紙面出しは必要最低限で保証します。