西村和夫セミナー 2019 年度 演習3 進捗表

重要な日付

提出物 締切 備考
テーマ確定  6月22日(土) これ以降,テーマの変更はできない(相談はメールでもよい).
中間発表  7月17日(水) PowerPoint スライド 8 枚以内(注1) レジュメも用意する.
合同発表会  9月13日(金) PowerPoint 使用(進捗状況も報告する).
リポート提出  9月25日(水) A4判 4 ページ程度(PPT から文章に変換する)20 行/ページ
論文の骨格1 10月09日(水) A4判 5 ページ程度(注2)参考文献引用つき目次=アウトライン.
論文の骨格2 11月03日(日) A4判 7 ページ程度(注2).各項を 3 行以上書いた論文の骨格.
論文の骨格3 11月20日(水) A4判 20 ページ程度(注2).各項を 8 行以上書いた論文の骨格.
ゼミ論文 12月10日(火) A4判, 40 字/行 × 20 行/ページ × 45〜60 ページ程度(注2)
再提出  1月28日(火) A4判, 40 字/行 × 30 行/ページ × 30〜40 ページ程度.2 部.
発表会  1月28日(火) PowerPoint 使用.発表 15 分,質疑応答 10 分.
(注1) 構成: 表題,概要(3行以内),目的(注*),内容(主張を含む)参考文献リスト,進捗状況,今後の方針.
体裁: A4判, 20 行/ページ.アウトラインモード使用.
(注2) 構成: 表紙,目次,まえがき(目的を含む),本体,謝辞,参考文献リスト{,付録}
体裁: 各ページに,ページ番号(ノンブル)を印刷すること.A4判, 20 行/ページ.
書き方: 論文・リポートの文章の書き方
(注*) 目的には,その論文が何を明らかにするかを書く.筆者の動機ではない.
目的は,読者がその論文から何が得られるのか/得られないのかを示す.
ニックネーム 役職















中間段階 最終結果
にな 配付係 ゼミ論文
中間報告


ルーブリック
(PDF)
ゼミ論文
(簡略版)


らん Webページ係
ぱる 懇親会係
あすか 計時係
ちさと イベント係
まりか 会計
きなっしー ゼミ長
かいと 計時係
みく 書記
みん ?係
そうご 写真係

演習の要項教材

Valid HTML 4.01! Valid CSS!
ひとつ戻る
西村ゼミのページ に戻る
NISHIMURA, Kazuo (nishimura@komazawa-u.ac.jp)