経営科学概論(要約版)

(通年)13650 営 234 選
駒澤大学 経営学部 (0663) 西村和夫

●詳細版●

講義のねらい

 生産活動には,本来の物作りの技術のほかに,高能率,高品質,低コスト,短納期を達成するための効率的な生産システムの設計・改善および維持管理の技術が必要である.わが国の産業界は,いち早くQC(品質管理),IE(経営工学)・OR(オペレーションズリサーチ)をはじめとする経営管理技術を導入することによって生産,品質,コスト面で飛躍的発展を成しとげた.
 この講義では QC,IE,OR を中心に,経営管理技術の基本的な理論と方法を概説する.また,今後本学部において経営科学系の科目を受講する上での基礎を学んでいく.

講義の内容・授業スケジュール

 全体を大きく 1,2,3 の部分に分けて講義を行う.1 ではこの講義で扱う学問領域(一般に経営工学と呼ばれている)を概観する.2 では経営工学が対象とする経営管理の諸分野を取りあげる.3 では経営管理のなかで用いられている技術的な各種手法について解説していく.ただし,2 と 3 は相互に関連するものであり,必要に応じて順番を入れ替え,両者が有機的に結びつくよう講義を進めていく.

  1. 経営工学の概略と歴史
  2. 経営工学が対象とする諸分野
  3. 経営管理技術の各種手法

履修上の留意点

 履修に際して予備的な知識は必要としない.教科書はあくまで参考として用いるものなので,毎回出席してきちんとノートをとること.また,手法についての理解を深めるために適宜演習を行う.

成績評価の方法

例題演習 14%, ノートの提出 14%, 課題授業 4% と定期試験(期末) 68% によって評価する.

教科書

秋庭雅夫他著『経営工学概論』(朝倉書店)¥3,800円

参考書

佃純誠他著『新しい経営工学』(中央経済社)¥3,780円



Valid HTML 4.01! Valid CSS!
back ひとつ戻る
Banner 西村和夫のページ に戻る
NISHIMURA, Kazuo nishimura@komazawa-u.ac.jp