アクセス制御リストの変更(実習)

次の手順で,実習を行う。 3. までができたら,平常点に加算する。

  1. Firefox の起動 *
    1. ブラウザとして,Firefox を起動する(Edge などでは,ファイルの保存 1. b. が困難になる)
      具体的には,(大学内で)画面左下のスタートボタン → Firefox

  2. フォルダとファイルの作成
    1. ホームディレクトリ (Z:) に Web ページ用のフォルダを作成する。特別なフォルダ名: public_html
    2. そのフォルダ内に,この Web ページを「名前を付けてページを保存」(ウェブページ、HTML のみ)する。ファイル名: ACL.html

  3. フォルダとファイルの属性変更
    1. FFFTP を起動する。スタートボタン → FFFTP → logo FFFTP
    2. ホストコンピュータに接続する。(要: ID, パスワード)
    3. ホームディレクトリの属性を,他人が読め・開けるように変更する(クリックして反転表示→コマンド→属性の変更→[その他]の[呼出]と[実行]にチェック; 簡便な方法現在の属性: 755)。
    4. ホームディレクトリ内の各ファイルは,他人が読めないようになっていることを確認(または設定)する。
    5. フォルダ public_html の属性を,他人が読め・開けるように変更する(c. に同じ現在の属性: 755)。
    6. その中にあるファイル ACL.html の属性を,他人が読めるように変更する(現在の属性: 744)。

  4. 変更の確認
    1. (学内専用)チェック用のページで,自分のホームディレクトリにある ACL.html が読めることを確認する。
    2. 自分のページであることを確認するために,「メモ帳」で自分の名前を ACL.html の中に書いてみる。(上書き保存した後で,Web ページの再読込みをする。)

  5. 今後の注意
    1. 自分のホームディレクトリ内にあるファイルの名前は,他人から見られるようになっている。
    2. 今後,ホームディレクトリ内に作成するファイルは,内容まで他人から見られるようになる。
    3. 上記 (a., b.) を避けたいなら,ホームディレクトリの属性を,他人が読めないように戻すこと(西村の評価が済んでから)。

私( )は、自分のホームディレクトリのアクセス制御リスト (ACL) を変更しました。

情報セキュリティの授業用ページ に戻る

Valid HTML 4.01! 更新 2018-10-16 ← 2017-10-12 ← 作成 2015-10-26