トップ  城の科学  陰暦  和錠  中国旅行  しごと  リンク  

暗号解読の一般的な手順(古典的)

  1. 言語の推定
  2. 方式の推定
  3. 文字頻度とその特徴
  4. 連接特徴(文字の連続のしかたと頻度)
  5. 何度か現れるパターン(単語かその一部)
  6. 出現しそうな単語 (probable words) の推定
  7. 単語の区切り(これがあると攻撃は容易)

改訂 2010-11-03; (C) K. Nishimura 2003


解読演習: “踊る人形 (The Adventure of the Dancing Men)”

状況 暗号文(図形)
  Elsie は卒倒する 犯人登場の暗号文
農場内に
何度も書かれた
2行
犯人は強要する
同上
Elsie の返事か 妻の返事
最後の脅迫文 長文
(図: 出所の図を一部縮小した画像)
  1. 言語の推定 →→→→ 英語
  2. 方式の推定 →→→→ 単換え字式暗号(英文アルファベット (abc) → 人の形)
  3. 頻度の特徴 →→→→ 英語の頻度順: etaoin…
  4. 連接特徴 …………………… 文字が少ないので使えない
  5. 何度か現れるパターン →→ 使われそうな単語
  6. 単語の区切り →→→→→→ 上記パターンがヒントになっている
  7. 出現しそうな単語 →→→→ 登場人物の名,脅迫文らしい単語

科学的に解読するとこうなる(一例).

暗号文の評価: 実際にこうして解読をしてみると,作者 Arthur Conan Doyle が周到に用意した暗号文であることがわかる. 小説中での解読では,探偵 Sherlock Holmes はかなり強引な推定をしているが,それは読者を退屈させないためなのだろう.

補足: 原文の主語“I”が省略されているのは,単語の文字数 1 から原字“i”が判明してしまうのを避けているのだと思われる.同様に冠詞“a”も避けている.長さ 3 文字の単語は“the”であることが多いが…….

ノート 出典

演習問題

改訂 2015-11-22; (C) K. Nishimura 2003

トップ  城の科学  陰暦  和錠  中国旅行  しごと  リンク  
Valid HTML 4.01!
back ひとつ戻る
Banner 西村和夫のページ に戻る
NISHIMURA, Kazuo (nishimura@komazawa-u.ac.jp)