授業: 情報セキュリティA

知識の増加量(事後−事前)

2018 年 7 月

下のことがらを,授業開始時に知っていたか/授業終了時(試験前)に理解したかどうかを,それぞれ4段階の数値で回答してもらいました.(回答は評価の対象にしないことを伝えてあります.)

選択肢:
 0=知らない,
 1=用語だけは知っている,
 2=内容を少しは理解している,
 3=内容を理解している.

同一回答者(24 人)について,回答の数値の差を集計したのが,下表です.
ほぼ全ての項目で平均が 0.8 段階以上に上昇していることが分かります.

回答者平均123456789101112131415161718192021222324
ISO 270001.8222323232312111221101320
ISMS1.633222222222311222010121-1
脆弱性1.3122212132300 20122110011
CISO1.3331222211113110120 10100
JPCERT/CC1.3331222211212112100011100
IPA1.23022 222212111210-1102 01
DDoS 攻撃1.23111232222201102-20112110
プライバシーマーク1.233321112111 2101201111-20
SSL1.121112121322 1101011001 0
情報セキュリティ文化1.0322211101013112111000-120
情報セキュリティ1.02 231120201212211001-1-101
ブラウザの鍵マーク0.8112112101110212012010-201
脅威0.8121110101100221113010000
情報処理技術者試験0.802223113002-11110111-100-21
セキュリティ0.622201000-1010001012110010
平均1.12.11.91.71.71.61.51.51.31.31.31.21.21.11.11.11.0.9.8.6.5.5.4.3.3

差の平均値が小さい用語(セキュリティなど)は,もともと知っていた用語だろうと思われます.


Valid HTML 4.01! Valid CSS!
back ひとつ戻る
Banner 西村和夫のページ に戻る
NISHIMURA, Kazuo nishimura@komazawa-u.ac.jp