MRGP


中野ゼミではMRGP「Marketing Research Grand Prix」という5、6大学合同の研究発表会に毎年2年生が参加します。各グループ5名に分かれて研究を行います。例年の参加大学は、駒澤大学、東洋大学、千葉商科大学、成蹊大学、九州産業大学、大東文化大学です。※年により若干の変更があります。大会の優勝チームは「日経広告研所報」に学生論文として掲載していただきます。

MRGPでは毎年テーマが異なり、そのテーマに沿った研究を行います。複数の論文(先行研究)を元に独自の仮説を立て、実際に調査を経て検定(T検定や回帰分析)を行い仮説を立証します。最後にインプリケーションの考察を行います。

グループ活動を通した成長、研究を通した論理的思考、発表会でのプレゼンテーション能力を培います。

テーマ
2018年:「より良い社会を実現するためのマーケティング」、「情報化社会における衣食住のマーケティング」
2017年:「インターナルマーケティング」、「時間、場所マーケティング」
2016年:「五感マーケティング」、「オリンピックに関するマーケティング」

過去のプレゼン資料は実績ページをご覧ください