駒澤大学 シラバス照会

 履修コード/科目名称  025401 / イギリス文学史Ⅱ
 開講年度・期  2017年 通年  開講曜日・時限  月曜日 2時限
 単位数  4
 付記  ◎予
 主担当教員氏名(カナ)  加藤 光也(カトウ ミツヤ)
 副担当教員氏名(カナ)  
 授業概要 18世紀以降のイギリス文学の展開を、各時代の代表的な作品(詩、小説、評論)に焦点を当てながらたどります。
 到達目標(ねらい) 18世紀から20世紀の英文学の大きな流れをとらえ、とくに近代小説の確立や、ロマン主義、ヴィクトリア時代の小説の諸相、20世紀のモダニズム文学や最近の英語文学の拡がりへの理解を深めることを目指します。
 授業スケジュール
第 1 回 おおよそ以下のスケジュールに沿って進めますが、受講生の理解度に合わせて進度を調整することがあります。
授業のイントロダクションと18世紀のイギリス文学。
第 2 回 18世紀のイギリス文学。
第 3 回 18世紀のイギリス文学。
第 4 回 18世紀のイギリス文学。
第 5 回 18世紀のイギリス文学。
第 6 回 18世紀のイギリス文学。
第 7 回 18世紀のイギリス文学。
第 8 回 19世紀のイギリス文学。
第 9 回 19世紀のイギリス文学。
第 10 回 19世紀のイギリス文学。
第 11 回 19世紀のイギリス文学。
第 12 回 19世紀のイギリス文学。
第 13 回 19世紀のイギリス文学。
第 14 回 19世紀のイギリス文学。
第 15 回 前期のまとめと確認のテスト。
第 16 回 19世紀のイギリス文学。
第 17 回 19世紀のイギリス文学。
第 18 回 20世紀のイギリス文学。
第 19 回 20世紀のイギリス文学。
第 20 回 20世紀のイギリス文学。
第 21 回 20世紀のイギリス文学。
第 22 回 20世紀のイギリス文学。
第 23 回 20世紀のイギリス文学。
第 24 回 20世紀のイギリス文学。
第 25 回 20世紀のイギリス文学。
第 26 回 20世紀のイギリス文学。
第 27 回 20世紀のイギリス文学。
第 28 回 20世紀のイギリス文学。
第 29 回 20世紀のイギリス文学。
第 30 回 後期のまとめと確認のテスト。
 準備学習 教科書、参考書をよく読んで、事前に作家や作品についての基礎知識を得ておくよう務めてください。授業の内容が一層深く理解できるようになります。
 
 履修上の留意点等 毎回の授業では出席票を兼ねてコメントシートを配布しますので、疑問点や感想、授業への要望などを書き込んで、有効に活用してください。
 成績評価の方法
70 % 試験
レポート
小テスト
30 % 平常点





 教科書/テキスト 川崎寿彦『イギリス文学史入門』研究社。
ISBN: 978-4-327-37501-0
コンパクトにまとまっていて、イギリス文学の流れをつかみやすいので、一冊を買うならこの本を薦めます。
 参考書
 図書館蔵書検索 図書館蔵書検索
補助資料については授業時に配布します。
 学生による授業アンケート結果等による授業内容・方法の改善について 授業アンケートの結果については、授業時のコメントシートの内容と合わせて、積極的に授業に生かすようにします。
 関連リンク