駒澤大学 シラバス照会

 履修コード/科目名称  025401 / イギリス文学史Ⅱ
 開講年度・期  2018年 通年  開講曜日・時限  月曜日 3時限
 単位数  4
 付記  ◎予
 主担当教員氏名(カナ)  川崎 明子(カワサキ アキコ)
 副担当教員氏名(カナ)  
 授業概要 ヴィクトリア時代以降のイギリスやアイルランドの近代文学史について学ぶ中で、文学史の流れや作品の生まれた当時の歴史や社会について知り、さらにスライドやヴィデオも活用しながら、代表的な作品についてその形式、内容、文体、梗概を詳しく学ぶ。毎回その回の授業に関連した一つのテーマにつき、簡単なレポートを提出する。
 到達目標(ねらい) 英語で書かれた文学作品について学ぶことで、様々な英語表現を理解すること、文学作品で描かれている英語が使われている国や地域の歴史や文化について理解すること、英語で書かれた代表的な文学について理解することを目標とする。
 授業スケジュール
前期
1 オリエンテーション、レポート対象作品提示
2 ヴィクトリア時代歴史・文学史、テニスン
3 ギャスケル、サッカレー、ブラウニング
4 ディケンズ1(生涯、初期)
5 ディケンズ2(中期)
6 ディケンズ3(後期)
7 ブロンテ姉妹、アン・ブロンテ
8 シャーロット・ブロンテ
9 エミリー・ブロンテ
10 ジョージ・エリオット、アーノルド、コリンズ
11 クリスティーナ・ロセッティ、キャロル、モリス、「児童文学」
12 レポート作成法、モデルレポート、対象作品決定
13 ハーディ、「宗教と科学」、ホプキンズ、スティーヴンソン(ストーカー)、レポートアウトライン作成
14 現代映画の中の古典小説、レポート提出
15 レポート返却、優秀レポート発表、まとめ

後期
1 ワイルド、シュライナー、ショー
2 コンラッド
3 ギッシング、ドイル、キプリング、ウェルズ
4 20世紀前半歴史・文学史、イェイツ
5 フォースター
6 ウルフ
7 ジョイス、ロレンス
8 T・Sエリオット、リース、ボウエン、カワード、オーウェル
9 ウォー、グリーン、オーデン、トマス、ベケット
10 20世紀後半~歴史・文学史
11 ゴールディング、マードック、レッシング、ウィリアムズ、ラーキン、ファウルズ、ウォルコット、ヒューズ、ピンター、バラード、アチェベ、ナイポール、ショインカ、アリスター・グレイ、ハリソン、ストッパード、チャーチル、ヒーニー、アトウッド、クッツェー、カーター、ケアリー、オンダーチェ、ラシュディ、マキューアン、「植民地とポストコロニアリズム」
12 グレアム・スウィフト、エイミス、イシグロ1(『日の名残り』)、ダフィ、ゼファナイア
13 レポート対象作品決定、レポートアウトライン作成
14 イシグロ2(『わたしを離さないで』)、レポート提出
15 レポート返却、優秀レポート発表、まとめ

うち1、2回は課題授業を行う可能性があります。
 準備学習 特に予習は必要ありませんが、前期末と後期末にレポートを作成するために、オリエンテーション時にレポート対象作品として指定する作品のうち好きな作品を選び、早めに通読しておいてください。
 履修上の留意点等 YeStudyやC-Learningも活用しますので、ログインができるようにしておいてください。またレポートはWordで作成していただくので、Wordが使えるようにしておいてください。
 成績評価の方法
試験
60 % レポート
小テスト
40 % 平常点





 教科書/テキスト 石塚久郎 責任編集『イギリス文学入門』三修社、2014年。
 参考書
 図書館蔵書検索 図書館蔵書検索
川口喬一『イギリス小説入門』研究社、1989年。
平井正穂編『イギリス名詩選』岩波文庫、1990年。
 学生による授業アンケート結果等による授業内容・方法の改善について 講義形式の授業ですが、受講者同士の意見交換ができるよう、毎回提出していただく短いレポートの傾向を紹介し、いくつかの意見を読み上げるようにします。
 関連リンク