ICPSR

接続する

政治・社会・歴史・経済・高齢者・犯罪・公衆衛生・教育・法律および国際関係といった広範な分野におよぶ調査個票データを学術目的での二次分析のために提供する、世界最大級の社会調査データアーカイブです。
駒澤大学はICPSR日本国内利用協議会に加盟しているため、本学の教員・学生はICPSRの個票データをダウンロードして利用することができます。

利用については、ICPSRの誓約事項を遵守してください。
データ利用における誓約事項(ICPSR国内利用協議会のHPから引用)
  http://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/icpsr-access.html

・提供された個票データは、学術目的での二次分析にのみ利用します。個別データの秘密保護を図り、個々の調査対象を特定する分析は行いません。
・提供された個票データは、本利用申請書に署名した者だけが利用し、第三者には再提供しません。
・二次分析の結果を発表する際には、各調査のDescriptionにあるBIBLIOGRAPHIC CITATION (又はICPSR Citations)に指示された文を付すことにより個票データの出典を明記します。なおこの時、[提供元(Distributor)]としては「ICPSR」に加えて「ICPSR国内利用協議会(ICPSR Japanese National Membership)」も記載します。
・発表した論文等は、ICPSR(bibliography@icpsr.umich.edu.)へ申告します。
・その他、ICPSR及びICPSR国内利用協議会の指示に従います。
・提供された個票データ等の利用により何らかの不利益を被ったとしても、ICPSR及び
ICPSR国内利用協議会の責任は一切問いません。


利用方法

データをダウンロードするには、ICPSR MyDataへのアカウント登録をし、Log Inする必要があります。また、一部のオンラインデータ分析にもLog Inが必要な場合があります。

「Find & Analyze Deta」をクリックし、画面左上の「Log In/Create Account」より各自でご登録ください。
なお、アカウント登録の際には「Privacy」の項目は「Yes」にチェックをお願いします。

詳細はICPSR国内協議会ウェブサイトをご覧ください。

ICPSR国内協議会リンク; http://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/icpsr.html

注意事項

利用後は必ずLog outしてください。

戻る