増福院文庫善本集成

 増福院文庫は、平成元年に高野山増福院住職・鷲峰本賢師より寄贈を受けた約数千点に上る貴重な聖教と古文書類のコレクションである。
 この文庫の特色は、保元三年(1158)の高山寺方便智院の蔵書印をもつ興然の写本『略念誦作法』、文治四年(1188)の『観自在三摩地釈 施食作法』の写本を始め、室町時代の快旻、仟遍、朝意の自筆本を含む国書総目録にも記載されていない貴重な資料を多く含んでいる。またこの中には、学侶方、増福院の学道系と行人方・日光院の神道系と聖方・明泉院、上珠院、誓願院、常住光院の壇越系資料とを多く含んでいる。この日光院系に、江戸時代に高野山の神道説を整理・統合した英仙とその法流を汲む弟子・鑁善(輝潭)のものに貴重なものが多い。さらに、『高野春秋』の著者・快英の書写本類、数十点に上る安流系聖教類も含まれる。

接続はこちらから


増福院vol 1

増福院vol 2

増福院vol 3

増福院vol 4

増福院vol 5

増福院vol 6

増福院vol 7

増福院vol 8

増福院vol 9

増福院vol 10

増福院vol 11

増福院vol 12


注意事項

図書館内、情報検索コーナーでの利用となります。
利用後は必ずメニュー画面に戻り「終了」をしてください。

戻る