駒澤大学文学部国文学科/駒澤大学大学院人文科学研究科国文学専攻
  • HOME
  • 国文学科の紹介
  • 大学院国文学専攻の紹介
  • 教員の紹介
  • 授業の紹介
  • 国文学科生の1週間
  • 卒業までの道のり
  • スタートアップ国文学科
  • 卒業後の進路・取得資格
  • 課外ゼミ
  • 駒澤國文
  • 国文学大会
  1. 駒澤大学授業内容(シラバス)検索
  2. 駒澤大学入学情報
  3. 駒澤大学オープンキャンパス情報
  4. 駒澤大学HP

授業の紹介

駒澤大学文学部国文学科

国語国文学演習について

国文学科では、2年次以上の学生に必修科目として「国語国文学演習」を課しています。演習は、学生が教員の指導を親しく受けつつ、主体的に授業に参加することを通して、国語学、国文学、漢文学の研究を深めてゆく授業です。学界の第一線で活躍する教員の厳しくも暖かい指導と学生同士の切磋琢磨とが響き合って、心地よい緊張感を生む……そんな鍛錬の場です。国語学、国文学、漢文学のおもしろさをもっとも肌で感じることのできる機会であり、本学科の根幹をなすものといえます。
国文学科「演習」の概要
国語国文学演習Ⅰ(2年次用) 基礎演習。国語学・国文学・漢文学の基礎的な知識と研究方法を学びます。
国語国文学演習Ⅱ(3年次用) 発展演習。国語学・国文学・漢文学を発展的に研究していきます。
国語国文学演習Ⅲ(4年次用) 卒論演習。卒業論文に向けての演習です。4年生は就職活動等とうまく両立させながら、卒業論文の完成を目指して全力を傾注します。
駒澤大学文学部国文学科駒澤大学文学部国文学科
岡田豊教授「国語国文学演習Ⅱ」
【2年次用】「国語国文学演習Ⅰ」の授業内容より一部を紹介します
国語国文学演習Ⅰ
国語学
土井 光祐
演習の目標
 日本語に対する任意の興味、関心について、独力で調査する力量を身に付けることが目標である。現代語に至る日本語の歴史を文献資料で具体的に跡づける中で、日本語の変遷の実態を確認し、言葉の「調べ方」の基本を学ぶ。
演習の概要
 国語学への入門として、現代語の成立過程を文献資料から読み取り、国語史の変遷を学ぶ。口語資料が著しく増加し、日本語の近代語化がもっとも顕著に見られ始める最初の時代は、室町時代である。この演習では、室町時代末期(1500年代末)の代表的な口語資料であるキリシタン資料を対象に、音韻、文法、語彙、文体等の視点から、文語規範の基盤である古代語と言語比較を行い、現代語がどのように形成されていったかを観察していく。
国語国文学演習Ⅰ
国語学
平子 達也
演習の目標
 方言研究のために必要な基本的な知識・方法論を身につける(きっかけにする)ことが、第一の目標である。また、方言の研究を通して、ことばを客観的に分析する楽しさ、分からないことが少しでも分かるようになることの面白さ、研究・学問自体の魅力を伝えることができるような授業をすることを目指す。
演習の概要
 日本語方言研究(基礎編)。日本語の諸方言に興味・関心があり、方言の調査・研究をしてみたいと思う学生に向けた授業である。授業の前半10回程度は、「演習」と「講義」の二部構成である。「演習」では、音声の聞き取りと書き取りのための訓練をする。「講義」では、伝統的な方言研究における幾つかのトピックについて講義を行う。概ね11回目以降は、実際の方言(主には出雲方言)のデータを用いて、方言調査・方言研究を擬似体験する形の演習を行う。
国語国文学演習Ⅰ
上代文学
中嶋 真也
演習の目標
 国文学科のディプロマポリシー「自ら調査・研究・発表する訓練を通じて、自発性・積極性が備わっていること」に深く関連します。広い視野を持ちながら、深い考察を巡らすことができる人物の育成をねらいとします。また、社会人基礎力の育成もねらいとします。具体的には次の3点を到達目標とします。
 ①『古今和歌集』を中心とした和歌文学史を理解している。
 ②和歌を的確に読解するために、調査・研究ができている。
 ③自身の理解したことを他者に正確に伝えることができ、他者の意見を謙虚に傾聴できている。
演習の概要
 『百人一首』をきっかけに、古代日本文学の根幹である和歌文学を深く学んでいきます。特に、『古今和歌集』、『万葉集』、『新古今和歌集』に注意していきます。演習形式の授業です。まだ見つかっていない新しい古代を探しに行く場とします。随時、博物館など文化施設での日本古代文化への見聞を深めていくことも予定しています。
国語国文学演習Ⅰ
中古文学
松井 健児
演習の目標
 『源氏物語』のいくつかの巻を対象として、その巻の前後へと派生し展開していく諸問題を、受講者による研究報告形式によって考察します。本文を読み込み、同時に、さまざまな注釈の読解や語彙調査を行います。それによって、たんなる感情移入や印象批評に止まることのない、『源氏物語』の全体像を視野に入れたうえでの、分析的な研究を展開できる技術の習得をめざします。
演習の概要
 平安時代物語の研究を、自立的に展開できる基礎的な方法を学びます。具体的には、『源氏物語』を対象とし、その物語内容を理解するのみではなく、その内容を導き出す、古代物語の方法や構造をとらえることに主眼を置きます。
国語国文学演習Ⅰ
中世文学
櫻井 陽子
演習の目標
 古典文学の調査・研究の方法の基礎を学びつつ、中世文学を代表する軍記物語に親しむ。
演習の概要
 『平家物語』巻十一を読みます。原則として一人一時間を使い、一章段を担当します。章段が長い場合はなるべく均等になるように分割します。発表内容は以下のとおりです。
 1)なめらかに音読する。
 2)自分の力で現代語訳を行う。重要な単語・人物・地名などを調べて、丁寧に説明をする。
 3)担当部分の中から自分でテーマを設定して調査し、報告をする。
 4)全員で討議を重ねる。
 5)発表や討議のなかで不足していた部分を自分で調べ直してレポートにまとめる。
国語国文学演習Ⅰ
中世文学
田中 徳定
演習の目標
 古典文学作品を実際に読解していくことを通して、3年次の演習、さらには卒業論文作成のための基礎的な研究方法を習得することを目標とします。
演習の概要
 古典文学を読解・調査していくための基本的な文献を学び、辞典類、歴史史料、研究書等を使いながら、実際に古典文学を読解するための方法を身に付けることを目的とします。具体的には、『徒然草』を取り上げ、受講生に発表担当章段を割り当てます。受講生には、発表担当章段について、調査、考察を行った結果をレジュメにまとめて口頭発表を行ってもらいます。その発表をもとに受講生全員でディスカッションを行います。
国語国文学演習Ⅰ
近世文学
近衞 典子
演習の目標
 近世期の版本のくずし字を読解できるようにする。基本的な和歌の研究方法を身に付け、また国学への理解を深める。
演習の概要
 くずし字で版本を読むことを通じて、近世文学読解のための基礎教養を身に付けます。今年度は契沖の版本『百人一首改観抄』を素材として、本文校合の方法、基礎的な語彙の調べ方、解釈の方法を学びつつ、国学への理解を深めます。毎回、くずし字を読むための予習は必須です。
国語国文学演習Ⅰ
近現代文学
勝原 晴希
演習の目標
 履修者個々人が自ら選んだ詩作品について、調査・考察を報告し、履修者全員で質疑応答を行います。発表報告のための資料(レジュメ)の内容は、①詩人の略年譜、②これまでの評価、③対象とする詩作品とその分析・解釈、④まとめ(総論)、⑤参考文献、⑥参考詩・参考資料、となります。近現代の詩歌について学ぶとともに、毎回の研究報告と討論を通して、詩作品についての理解を養い、調査する力、考察し発表する力、質疑応答する力を養うことが目標です。演習Ⅰで詩を読む力を養い、演習Ⅱでは対象とする詩人について、自らテーマを設定して複数の作品を扱い、その詩人の世界を論ずることになります。すぐれた詩歌は、ひとの心を無意識のこわばりから解き放ち、ふだん見失いがちな、もっとも深い感情の源泉を呼び起こす力を持っています。その、詩の力=生命に触れることを、体験してもらいたいと思っています。
演習の概要
 学生が自ら選んだひとつの詩歌作品について、調査・考察を発表・報告し、全員で質疑応答を行います。対象とする詩人・歌人・俳人は、個々人の希望によりますが、場合によっては振りあてることもあります。担当者の報告と全員による意見の提示(司会も学生です)によって、作品の多様な<読み>、思いがけない解釈による新しい<読み>が、詩に向き合う心を開いてゆくことを願っています。
 各人の発表スケジュールは四月に決定します。これまでに演習Ⅰの履修者が採りあげた詩人の例を、以下にあげておきます。
 北原白秋・高村光太郎・萩原朔太郎・室生犀星・金子みすゞ・宮澤賢治・
 三好達治・中原中也・立原道造・草野心平・小熊秀雄・石原吉郎・
 寺山修司・茨木のり子・石垣りん・吉原幸子・まど・みちお・谷川俊太郎・
 大岡信
国語国文学演習Ⅰ
近現代文学
岡田  豊
演習の目標
 他人に研究報告するというプレゼンテーション能力の開発を重視する。ひとり楽しく自由気ままに読むのではなく、読んだことを他人に伝え、刺激を与えるために深く時間をかけて読むことを実践する。先行研究の調べかたやレジュメの作りかたなど、基礎的な事項から指導する。
演習の概要
 日本近代文学の研究と発表についての基礎的な方法を学ぶ。〈基礎演習〉であるから、テクストを論理的に分析し、新たな読解を切り拓くことを実践する。夏期課題レポートの作成によって、記述する力を養う。具体的には、都市空間に注目し、空間分析を軸としたテクスト批評の方法を学ぶ授業である。 小説テクストに描かれた都市を〝言語都市〟ということがあるが、実際の都市を歩いて距離感を感じ、建物の配置や坂の勾配などを身体を通して触れる、フィールドワークも行なう。参加しなければ単位は出さない。学年横断型の授業形態をとる。4年生合同の授業時には、卒論ゼミの様子を見学し、作成のために必要なものを知る。3年生合同の授業時には、より専門性の高い研究発表の様子を見学し、将来の目標づくりの参考とする。
国語国文学演習Ⅰ
近現代文学
倉田 容子
演習の目標
 研究の基礎的な手続きを習得するとともに、一人でただ漠然と読んでいた時とは異なる《読み》のダイナミズムを体験し、その面白さを実感してほしい。
演習の概要
近現代の女性文学を取り上げ、研究のための基礎的な手続きを学ぶとともに、《読み》の訓練を行う。前期は樋口一葉『たけくらべ』、後期は女性作家の短編小説を分担し、先行研究のレビュー(調査・まとめ・批評)、担当箇所の梗概・語釈(語句の調査・解釈)の作成、そして考察(語りの分析等)を行う。
国語国文学演習Ⅰ
漢文学
高山 大毅
演習の目標
 漢詩文を「楽しく」読むための基礎学力を養うことが目標です。漢文に慣れてくると、四角い文字の羅列の中に、豊かな文学世界が広がっていることが見えてきます。きっと、それは普段の読書では得られない知的刺戟に富んだ経験でしょう。
演習の概要
 漢詩文というと、とかく堅苦しいイメージを持たがちだが、そのような作品ばかりではない。一定の訓練を積めば、四角い文字の羅列の中に、豊かな文学世界が広がっていることが浮かび上がってくる。前期は、江戸中期の学者である熊阪台州が桃太郎や猿蟹合戦を漢文に翻訳した『含餳紀事(がんとうきじ)』を題材にして、訓点附きの漢文を読むことに慣れる。後期は、『唐詩選』の注釈書を比較検討し、漢詩文を読み解く上で必要な知識や調べる技術を習得する。『唐詩訓解』・入江南溟『唐詩句解』・『唐詩選国字解』・戸崎淡園『箋注唐詩選』・千葉芸閣『唐詩選講釈』・『唐詩通解』を扱う。初歩の初歩から丁寧に指導するので、漢文に関する事前の知識が無くても全く問題ない。「せっかく学ぶのだから、漢文を読めるようになりたい」という意欲がなによりも大切である。
2018研究・特講
【研究】
駒澤大学文学部国文学科 国語学研究Ⅰ(木・4) 院政鎌倉時代語の研究
国語学研究Ⅱ(木・2) 日本語の方言の研究
上代文学研究Ⅱ(火・2)『万葉集』
中古文学研究Ⅱ(水・3)『源氏物語』
中世文学研究Ⅱ(月・2) 『平家物語』
近世文学研究Ⅱ(水・4)近世期の俳諧と近代以降の俳句
近代文学研究Ⅰ(金・4)ホモソーシャル理論で読む近現代文学
近代文学研究Ⅱ(金・1)太宰治
漢文学研究Ⅰ(月・4)江戸時代の漢詩文
【特講】
国語学特講Ⅰ(金・1)中世近世諸資料による日本語史の把握
国語学特講Ⅱ(金・2)コンピュータを利用した日本語研究
国文学特講Ⅰ(火・4)『古事記』
国文学特講Ⅱ(金・2)中古中世の秀歌撰
国文学特講Ⅲ(火・4)書誌学
国文学特講Ⅳ(金・3)中世・能
国文学特講Ⅴ(水・3)近現代・映像
国文学特講Ⅶ(木・4)『うつほ物語』
国文学特講Ⅷ(水・2)近世・「忠臣蔵」文化
国文学特講Ⅸ(金・5)ジェンダー・セクシュアリティーから見る近現代文学
国文学特講Ⅹ(木・4)近現代・児童文学の創作
国文学特講Ⅺ(水・5)外近現代・外地における詩歌
漢文学特講Ⅱ(火・3)近世日本における思想と文学

※ 選択必修はそれぞれの2科目8単位。規定以上の単位は広域に回る。

ページTOPへ