駒澤大学文学部国文学科/駒澤大学大学院人文科学研究科国文学専攻
  • HOME
  • 国文学科の紹介
  • 大学院国文学専攻の紹介
  • 教員の紹介
  • 授業の紹介
  • 国文学科生の1週間
  • 卒業までの道のり
  • スタートアップ国文学科
  • 卒業後の進路・取得資格
  • 課外ゼミ
  • 駒澤國文
  • 国文学大会
  1. 駒澤大学授業内容(シラバス)検索
  2. 駒澤大学入学情報
  3. 駒澤大学オープンキャンパス情報
  4. 駒澤大学HP

第62回 駒澤大学国文学大会 / 平成30年12月8日(土)

公開講演会(13:00) / 駒澤大学1号館301教場(予定)

源氏物語の紫の上と自然
駒澤大学教授   松井 健児
生誕140年 与謝野晶子の恋が拓いた歌世界
歌人       松平 盟子

第61回 駒澤大学国文学大会 / 平成29年12月2日(土)

    

研究発表(10:30) / 駒澤大学1号館301教場

「梅暮里谷峨の表現――『斯波遠説七長臣』に即して」
駒澤大学大学院   小笠原 広安
「「日が沈む」という言い方の成立と定着について」
本学非常勤講師  杉山俊一郎

公開講演会(13:30)/ 駒澤大学1号館301教場

「日本語アクセント史研究と比較方法」
駒澤大学講師   平子 達也
     

パネルディスカッション(14:30)/ 駒澤大学1号館301教場

 

桜の記憶―日本文学史の磁場として

「和歌文学における「桜」
駒澤大学教授  中嶋真也
「『平家物語』にうたわれる「桜」
駒澤大学教授  櫻井陽子
「儒者の「桜」の名付け方」
駒澤大学講師  高山大毅
コーディネーター
駒澤大学教授  岡田豊

第60回 駒澤大学国文学大会 / 平成28年12月3日(土)

研究発表(10:30)/ 駒澤大学1号館401教場

『平家物語』平重衡に関する一考察―延慶本を中心に―
駒澤大学非常勤講師   阿部 昌子
梅暮里谷峨年譜小考―『黒田家臣傳稿本』を中心に―
駒澤大学大学院   小笠原 広安

公開講演会(13:30) / 駒澤大学1号館401教場

儒者の文学論―江戸期の『詩経』論を中心に―
駒澤大学講師   高山 大毅
和本が教えてくれること―日本古典文学を科学する―
慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授   佐々木 孝浩

第59回 駒澤大学国文学大会 / 平成27年12月12日(土)

公開講演会(13:30) / 駒澤大学1号館401教場

女性文学と「自由」 ―フェミニズム批評の現在―
駒澤大学講師   倉田 容子
自己表現を身につける方法
ミュージカル俳優   沢木 順

第58回 駒澤大学国文学大会 / 平成26年12月6日(土)

公開講演会(13:30) / 駒澤大学1号館401教場

万葉歌人の見た奈良
駒澤大学教授   中嶋 真也
古書店を継いで
大屋書房四代目   纐纈 くり

第57回 駒澤大学国文学大会 / 平成25年12月7日(土)

公開講演会(15:00)/ 駒澤大学1号館401教場

講談・赤穂義士物語
上方講談協会会員  旭堂 南海

第56回 駒澤大学国文学大会 / 平成24年12月8日(土)

研究発表(14:00)/ 駒澤大学1号館301教場

日本語における具格標示形式の形成に関する一問題
駒澤大学大学院 杉山 俊一郎

公開講演会(15:00)/ 駒澤大学1号館301教場

戦争にあらがう女性表現 ―宮本百合子の場合―
日本女子大学教授 岩淵 宏子

第55回 駒澤大学国文学大会 / 平成23年12月3日(土)

研究発表(13:00)/ 駒澤大学1号館301教場

南都異本『平家物語』の本文成立について
―延慶本・源平盛衰記との関連を考える―
駒澤大学大学院 阿部 昌子
〈起因・根拠〉の用法を持つ格形式の歴史に関する一考察
駒澤大学大学院 杉山 俊一郎

公開講演会(15:00)/ 駒澤大学1号館301教場

説話を読む楽しみ ―古事談・宇治拾遺物語を例として―
成城大学教授・東京大学名誉教授 小島 孝之

第54回駒澤大学国文学大会 / 平成22年12月5日(日)

研究発表会(10:30) / 駒澤大学120周年アカデミーホール (深沢キャンパス)

伊藤比呂美『テリトリー論Ⅰ』論
駒澤大学大学院  齊藤 浩臣
南都異本『平家物語』における宗教関連記事の考察
駒澤大学大学院  阿部 昌子
『諸道聴耳世間猿』考 -『霧太郎天狗酒醼』との関わり-
駒澤大学大学院修了  大野 絵美子

公開講演会(13:30) / 駒澤大学120周年アカデミーホール (深沢キャンパス)

『源氏物語』の後院 -光源氏の<院政>を考える-
駒澤大学専任講師  湯淺 幸代
日本語の中の〝役割語〟
大阪大学大学院教授  金水 敏

第53回駒澤大学国文学大会 / 平成21年12月6日(日)

研究発表会(10:30)/ 駒澤大学本部棟 中央講堂

中古仮名散文資料における目的格表現について
駒澤大学大学院  杉山 俊一郎
南都異本『平家物語』の本文考察
駒澤大学大学院  阿部 昌子
『源氏物語』における手引きと侍女 -「末摘花」巻を中心に-
駒澤大学非常勤講師  池田 大輔

公開講演会(13:30)/ 駒澤大学本部棟 中央講堂

〈詩〉が変わるとき
駒澤大学教授  勝原 晴希
古代日本人の時間意識
東京大学大学院教授  多田 一臣

第52回駒澤大学国文学大会 / 平成20年11月24日(月)

研究発表会(10:30)/ 駒澤大学本部棟 中央講堂

延慶木「平家物語」本文についての考察 -重衝と法然の対面より-
駒澤大学大学院  阿部 昌子
「にごりえ」-娼婦たちの「丸木橋」-
駒澤大学大学院 西井 奈津美
日本語教育の中の日本文学の役割 -中国における大学専攻日本語教育の現状と課題-
華東師範大学日本語学部講師  喬 頴

公開講演会(13:30)/ 駒澤大学本部棟 中央講堂

姓と性 -日本近代文学における名前とジェンダー-
駒澤大学教授  高田 知波
西鶴も人情を道(い)う
奈良女子大学名誉教授  井口 洋
ページTOPへ