【学生・教職員】新型コロナウイルスに関する感染症(COVID-19)注意喚起について

Date:2020.02.15

令和2年2月10日付けで、「新型コロナウイルスに関する注意喚起について」(第2報)を本学ホームページに掲載しましたが、新たに2月10日文部科学省、14日に外務省より通知ならび勧告が発信されました。
外務省は、中国への渡航中止を勧告しています。最新の情報等は本学ホームページ等でお知らせしますので必ず定期的に確認をお願いいたします。

◆新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 対策についてのお願い

1.駒澤大学の学生並びに教職員への連絡
令和2年2月10日付けで、「新型コロナウイルスに関する注意喚起について」(第2報)を本学ホームページに掲載しましたが、新たに2月13日文部科学省、14日に外務省より通知ならび勧告が発信されました。

外務省は、中国への渡航中止を勧告しています。
【危険度】
●中国湖北省全域
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●中国浙江省温州市
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引き上げ)
●上記以外の中国
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

2.学生・教職員各位へ、以下の対策徹底のお願い
1)中国への渡航中止
中国本土は、外務省の感染症危険度レベル2(不要不急の渡航は止めてください)になっています。学生・教職員の中国への渡航は、公私を問わずレベル2から引き下げられるまで原則中止してください。万が一、渡航せざるを得ない場合には、学生は担当教員または保健管理センター(電話:03-3418-9635)、専任教員は学部長等(法曹養成研究科長を含む)、職員は所属長、非常勤講師は保健管理センター(電話:同上)へ事前に申し出て、相談してください。

2)2週間以内に中国から帰国した学生・教職員に係る措置
37.5度以上の発熱や咳等の呼吸器症状等がある場合には、医療機関に受診する前に、事前に最寄りの保健所若しくは医療機関に連絡し指示を仰いでください。
また「湖北省もしくは浙江省から帰国又は湖北省もしくは浙江省在住の方と接触があった者は、帰国日から2週間は登校・出勤を禁止」としますので、その旨を保健管理センター(電話:同上)へ連絡をお願いします。
なお、「湖北省および浙江省を除く中国から帰国し、湖北省及び浙江省在住の方と接触がない者」も 37.5度以上の発熱や咳等の呼吸器症状等がある場合は、上記同様の対応をお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症に関する状況は、著しく時々刻々と変化しています。最新の情報等は本学ホームページ等でお知らせしますので、必ず定期的に確認いただき、下記の関連情報より最新の情報収集をお願いいたします。
併せて、手洗いや咳エチケット等の感染症対策を十分に行い、感染防止に努めるよう心掛けてください。
 

駒澤大学危機管理委員会臨時対策本部長  長谷部八朗 

<関連情報>
○文部科学省ホームページ
https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/1405561_00001.htm(中国に留学中の日本人学生の皆さんへ)
○外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp(PC版、スマートフォン版)
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(モバイル版)
○外務省海外旅行登録「たびレジ」
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html
○厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
○内閣官房ホームページ
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html
○国立感染症研究所ホームページ
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/9324-2019-ncov.html
○在中国日本大使館ホームページ
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【学生・教職員】新型コロナウイルスに関する注意喚起について(第2報 2月10日更新)
【学生・教職員】新型コロナウイルスに関する注意喚起について(第1報 1月28日掲載)