• home
  • facebook

駒澤大学 医療健康科学部 診療放射線技術科学科<br>医療健康科学研究科 診療放射線学専攻

学部概要カリキュラム

カリキュラム

 診療放射線技術科学科の授業科目は全学共通科目と専門教育科目からなっています。全学共通科目は、各学部共通に設置されており、大学生としての視野を広げるため科目です。専門教育科目は、学科独自の診療放射線関連の科目で、必修科目の割合が多くなります。
 高学年次における必修科目は広範囲にわたっていますので、1年次のうちに不得意分野を無くしておくことが大切です。
 3、4年次は学外の病院で実習を行ないます。実際の医療の場に参加するのは、学内では決して出来ない貴重な体験になるでしょう。
 4年次になると専門教育科目にも選択科目が増えてきます。自分の興味のある科目を選択し、より深くより広く学習することができます。さらに4年次には「総合研究」という名のついた必修科目があります。これは4年間の集大成的な科目であり、自分なりのテーマを定め、教員の指導を受けながら研究論文を纏めます。

コース分けについて

 診療放射線技術科学科には診療技術科学コースと画像技術学コースとがあります。前者は診療技術分野に重点を置いたコースであり、後者は画像技術分野に重点を置いたコースです。いずれのコースでも診療放射線技師国家試験の受験資格が得られますが、必修科目が異なっています。

最先端の診療機器

 実験室には数多くの医療機器、パソコン、ワークステーションなどが揃っており、診断用画像の画質改良やデータ圧縮技術による画像の検索・通信のスピードアップなど、先端の技術を学習できます。

仏教の教えから医療へ臨む心

 一方で、知識や技術だけでなく、心の問題を重視し、「仏教と人間」の講座や坐禅を通して、生命観や自己存在の意義を学び「医療人」としての心のあり方を問い直す機会を設けています。

卒業後の資格や就職へ直結

 卒業後は診療放射線技師の国家試験受験資格が得られます。卒業生は医療機関の臨床現場で診療放射線技師として、あるいは医療機器メーカーや医療機器販売会社などで活躍できます。

2018年度入学生カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
専門教育科目
:105単位

必修:94
選択:11

全学共通科目
:26単位
診療技術科学コース・
画像技術科学コース共通
画像解剖学
放射線医学概論
医学英語
医用検査学
診療画像情報学Ⅰ
画像診断機器工学
臨床医療人間学Ⅰ・Ⅱ
核医学Ⅰ・Ⅱ
応用計測学
放射線腫瘍学
応用機器工学
放射線管理学
技術英語
医療安全管理学
放射線治療技術学
画像工学実験
放射線治療技術学実験
放射線管理学実験
核医学検査技術学基礎実習
医療宗教学
医療経済学
量子論
放射線学総合演習
核医学検査技術学実習
放射線治療技術学実習
画像検査技術学実習
医学特論
最新医療科学
放射線化学特論
放射化学特論
放射線被曝管理論
解剖学Ⅰ
環境保健医学
電気工学Ⅰ
放射線物理学Ⅰ・Ⅱ
診療画像技術学概論
放射線機器概論
画像工学概論Ⅰ
診療画像技術学実験
医用物理学実験
医用化学実験
画像処理概論
医学概論
臨床医学概論
生理学
病理学
生化学
電子工学Ⅰ・Ⅱ
放射化学Ⅰ・Ⅱ
放射線生物学
放射線計測学Ⅰ・Ⅱ
診療画像技術学Ⅰ・Ⅱ
放射線機器工学Ⅰ・Ⅱ
画像工学概論Ⅱ・Ⅲ
応用数学A/B
画像検査技術学基礎実習
電気工学Ⅱ
電気電子工学実験
原子核物理学Ⅰ・Ⅱ
放射線機器工学実験
放射線関係法規
解剖学Ⅱ
計算機言語論Ⅰ・Ⅱ
医療統計学
診療技術科学コース 画像診断技術学Ⅰ
救急医療学
医療放射線科学論文講読
画像工学Ⅰ・Ⅱ
画像診断技術学Ⅱ
線量計測工学
診療画像情報学Ⅱ
画像と放射線治療
医療放射線科学総合研究
画像処理工学
画像伝送論
画像技術科学コース 画像工学Ⅰ・Ⅱ
画像処理言語論Ⅰ・Ⅱ
医療画像科学論文講読
画像診断技術学Ⅰ
救急医療学
画像処理工学
画像伝送論
医療画像科学総合研究
画像診断技術学Ⅱ
線量計測工学
診療画像情報学Ⅱ
画像と放射線治療
広域選択4単位 各科目区分の卒業必要単位数を超えて修得した単位

page top

駒澤大学 医療健康科学部 診療放射線技術科学科
医療健康科学研究科 診療放射線学専攻

〒154-8525東京都世田谷区駒沢1-23-1

© 2018 Komazawa University All Rights Reserved.