2019/03/29〜2020.01.25更新
35890 日本言語文化基礎〔半期〕(国英日外考心營A12選)
担当:萩原義雄
-------------------------------------------------------------------------------
次回の講義予定内容
-------------------------------------------------------------------------------
YeStudy」の利用 
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
講義のねらい
 「東アジア漢文文化圏」の東端海上に位置する日本国は、独特な言語文化を生み出してきました。その素養を知る手がかりをこの講義を通じてお一人おひとりが理会し深めていただくことで、海外との国際文化交流のうえで基礎となる素養を共有し、この日本文化の手触り・肌触りを身を以て実感できる講座となればと考えております。日本の書記文字文化は西欧の音楽文化に通じています。逆に西欧の文字文化は、日本の邦楽文化(仏教聲明・平曲・謡曲)と連動しているといった図式がよく取り沙汰される所以をこの時間で具現できればと私は思っております。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 「講義の事前・事後の取り組み」→「駒澤大学 e-Education:YeStudy」をご利用願います。ここに、関連する事柄などについて学習する場を用意しておきました。
 取り組む取り組まないは、貴方自身が決めることです。決めたならとことんやり抜く強い意志を持ち継続して取り組みましょう。
 覚えるのではなく身につけていくことにこそ言語文化修得の道が自ずと開けていきます。
 この講義資料に関わる質疑応答については確実に行っていきます。是非ご参加ください。
 そして、参加される方は、必ず受信及び送信の確実なご自分の携帯メールにも情報開示できるように登録しておきましょう。長期休暇中には学校の登録アドレスだけでは見落としたり、早急な取り組みがしにくいことが多々あります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
講義の内容・授業計画 〔東京アメッシュ気象庁
  01の講義内容 ※最初に情報センターの使用手続について担当責任者説明
  02の講義内容 日本語文化を学ぶ一般基礎資料の蒐集方法とその取り扱い
  03の講義内容 日本語文化を学ぶ字書・辞書・参考専門書の利用とその実際
  04の講義内容 「東アジア漢文文化圏」における現在の学術研究レベルと成果
         その研究領域の一般活用と手続き
         (中国・韓国・北朝鮮・モンゴル・ベトナム・タイ・インドネシアなど)
  05の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」その1(中国と日本)
  06の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」その2(朝鮮半島と日本)
  07の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」その3(モンゴルと日本)
  08の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」その4(ベトナムと日本)
  09の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」その5(タイと日本)
  10の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」その6(インドネシアと日本)
  11の講義内容 「西欧言語文化圏」と日本語文化(ギリシャ・トルコ・イタリアを中心に)
  12の講義内容 言語文化「西欧言語文化圏」その1(イタリアと日本)
  13の講義内容 言語文化「西欧言語文化圏」その2(イスラエルと日本)
  14の講義内容 言語文化「西欧言語文化圏」その3(英国・米国・豪国と日本)
  15の講義内容 期末課題リポートの提出
 
履修上の留意点
 ※情報機器利用の為、許容の人数制限を実施します。出席も、教場IT管理に依拠しています。授業開始時に当日の出席書込欄にまずチェックをしましょう!また、IDチェックを忘れたりした場合などは、下記掲示板へ書込みをすることで確認が可能となります。特に、4週連続して理由なき欠席された受講者については、履修名簿から自動的に抹消します。
 ※講義内容及び連絡事項については、HP(情報言語学研究室)上に凡て逐次掲載しますので常時閲覧願います。質疑応答の問い合わせも直接研究室対応の他、IT機器を用いても応対可能とします。
 
成績評価の方法(GPA制度に基づく)
 期末にリポート課題を用意します。これを紙出し&データ記録(ネットへの添付資料)にして、最終締め切り日迄に提出します。
 提出の際には、提出の年月日の記入。学籍番号。氏名を必ずファイル名と内容資料に必ず添えてください
 ご自分が調査した関連語句(書名・人名・用語など)の記入とそれに関わるネットリンク、添付画像処理についても著作権・肖像権問題に充分留意をお願いします。
 また、総合教育研究学部(日本文化部門)掲示板のご利用を期待します。皆様方の声と管理担当者である萩原の考えや日程をここに反映させ、学習支援及び学習意欲の向上をめざすことが本来の目的です。ここに記載された内容は、すべてこちらで管理運営しています。今後、この授業内・外を問わず、この書き込みを通じて授業評価にも大きく反映させて行きますので、図書館資料などを活用して学習記述していきましょう
 
教科書{著者名『書名』(出版名)価格、ISBN}
 随時、講義の前後にて報知します。
 
参考書(指定図書・文献等)
 随時、講義の前後にて報知します。
 
その他(授業方法−講義形式、ゼミ形式、プリント配布、レジュメ配布等)
 情報機器及び文書編集ソフトを利用します。講義資料はHP(情報言語学研究室)上に凡て掲載します。授業内における講義プリントやレジュメPDF資料配布の紙面出しは必要最低限で保証します。
 情報機器を利用します。講義資料はHP(情報言語学研究室)上に凡て掲載します。授業内における講義プリントやレジュメPDF資料配布の紙面出しは必要最低限で保証します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
講義の内容東京アメッシュ気象庁
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
講義実習の経過報告
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年09月20日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  01の講義内容 ※最初に教場の使用手続について担当責任者から講義全般について説明
   年中行事からみた日本言語文化駒澤大学 e-Education:YeStudy
   [キィーワード]―年中行事・お月見
室礼と日本言語文化 講師 山本 三千子先生
室礼三千 2008.10.04〜05 深沢校舎和室於〕
参考資料…「七夕」〔関西文化研究叢書別卷・往来物の研究第4輯所載〕図書館で閲覧可
-------------------------------------------------------------------------------
 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年09月27日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  02の講義内容 ―一般基礎資料の蒐集方法とその取り扱い―
 茶と日本言語文化  講師 野尻 命子先生
〔坐禅と茶礼2006年〜2013年08.07〜08.09 深沢キャンパス日本館&京都大コ寺眞珠庵於〕
参考資料…『本朝茶経』〔関西文化研究叢書別卷・往来物の研究第3輯所載〕図書館で閲覧可
  日本言語文化を学ぶ (β版
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/index.htm
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/nianlidai_mn.htm
学術エッセイ
「たいほいや」の日本語の意味問題集
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年10月04日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  03の講義内容 日本語文化を学ぶ字書・辞書・参考専門書の利用とその実際(β版
 類書の最古資料として、三国時代の魏の文帝の時に、勅を奉じて劉兼凾ェ撰した一千余篇『皇覧』がある。これは読んで字の如く、皇帝が閲覧するための書物なのである。この他『要覧』『修文殿御覧』『太平御覧』などが編纂されてきた。『千字文』について今回触れることにする。『千字文繪抄http://www.tamagawa.ac.jp/museum/archive/2001/124_1.html
https://www2.dhii.jp/nijl_opendata/searchlist.php?md=thumbs&bib=200013932
 また、また「分目類別」と言う形態では、『爾雅』(~宮文庫藏・南北朝刊本、古典研究会叢書別刊第一、昭和四八年所収)の属を「釈天・釈地・釈山・釈水・釈草・釈水・釈鳥・釈獣・釈虫・釈魚」の十類に、器の属を釈器・釈宮・釈楽の三類に、文詞の属を釈詁・釈訓・釈言の種に、事の属を釈親の一類に、各々類別したものが知られている。
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
2019年10月11日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  04の講義内容 「東アジア漢文文化圏」における現在の学術研究レベルと成果その研究領域の一般活用と手続き
       (中国・韓国・北朝鮮・モンゴル・ベトナム・タイ・インドネシアなど)
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年10月18日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  05の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」
その1(中国と日本)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年10月25日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  06の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」
その2(朝鮮半島と日本)
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年11月08日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  07の講義内容言語文化「東アジア漢文文化圏」
その3(モンゴルと日本) 
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年11月08日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  08の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」
その5(ベトナムと日本)
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年11月22日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  09の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」その5(タイと日本) PDF版
 
-------------------------------------------------------------------------------
  ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年11月29日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  10の講義内容 言語文化「東アジア漢文文化圏」その5(インドネシアと日本) PDF版
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年12月06日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  11の講義内容 「西欧言語文化圏」と日本語文化(ギリシャ・トルコ・イタリアを中心に)PDF版
http://globe.asahi.com/feature/110501/side/images/110501side_2.jpg
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年12月14日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  12の講義内容 「西欧言語文化圏」と日本語文化(トルコと日本)PDF版
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年12月20日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  13の講義内容 「西欧言語文化圏」と日本語文化(イタリアと日本)PDF版
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
-------------------------------------------------------------------------------
019年01月10日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  14の講義内容 言語文化「西欧言語文化圏」(イスラエルと日本) PDF版
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
2019年01月10日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  14の講義内容 言語文化「西欧言語文化圏」その2(イスラエルと日本) PDF版
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年01月16日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  15の講義内容 言語文化「西欧言語文化圏」その3(英国・米国・豪国と日本) PDF版
 
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年01月16日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  15の講義内容 日本語文化を学ぶその実際
―平城遷都1300年祭に寄せて―現地体験談を語る
 
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年01月10日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  15の講義内容 「平城木簡」から探る日本言語文化の育み PDF版
 
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年01月17日(木)10:40〜12:10[教場3−309教場]
  15の講義内容 日本庭園の文化―世界最古の庭園学書『作庭記』―
 
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------