2008.04.07〜2009.01.24更新
17090 日本言語文化研究T(国英歴日外考心營A選) 火曜日第4限 教場4−302
担当者:萩原 義雄
 
講義のねらい
 音韻・文字・文法・語彙・敬語・文体・言語生活といった分野を常に据えた形態で、古代から現代までの“ことばの歴史”を現代人の鳥瞰・虫瞰の眼(まなざし)で、しかと見据えていくことを目的としています。そのなかで、現存する紙面としての日本語資料の実態についての保管現況を把握することが第一義となります。まず、日本語ではどう時代区分しているのかを精確に知りましょう。将来、日本言語文化研究としてどのような重要性を有し、どのように発展研究していくのかを受講者各々で認識していただきます。
 
連絡事項
 「講義の事前事後の取り組み」→「駒澤大学 e-Education:YeStudy」をご利用願います。ここに、関連する事柄を学習する場を用意しました。取り組む取り組まないは貴方自身が決めることです。決めたならとことんやり抜く強い意志を貫きましょう。覚えるのではなく身につけていくことこそ言語文化修得の王道です。この資料に関する質疑応答は確実に行っていきます。是非ご参加ください。そして、参加される方は必ず受信送信の確実なご自分の携帯メールを登録しておきましょう。夏休み・冬休み・春休み学校の登録アドレスだけでは見落としたり、早急な取り組みがしにくいことがあります。
 
講義の内容
2008.12.16(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
 25の講義内容 町人文化とことば  十返舎一九編東海道中膝栗毛 PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2009年 1月20日(火)13時23分59秒
 最後の授業も楽しかったです。
 課題は大変そうですががんばります。
 1年間楽しい授業ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2009年 1月20日(火)12時50分0秒
 一年間、ありがとうございました。日本とユダヤのつながりをはじめ、中学・高校で勉強してきた古典文学作品の新たな発見などこの一年間さまざまな発見がありました。特に最初のいろは歌とキリスト教の関係性は、実に興味深いものです。日本はユダヤと関連性があるのでは、という考えが書いてある本を読んだ後だっただけに印象的でした。
 この度先生が取り上げてくださった作品のほかにも不思議な作品や、調べがいのある作品が数多くあると思います。今後、興味があるものは時間の許す限りじっくりみて、調べていきたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2009年 1月 8日(木)21時52分18秒
 『東海道中膝栗毛』の作中に薬屋などの宣伝が挿入されている、という点ですが、薬屋が出版に際してのスポンサーであったということでしょうか?
 現代では、週刊誌や月刊誌などのページの隅には自社広告が掲載されているのをよく見かけますがそのような感覚なのかな、と思いました。
 また、授業中にみた『仮名手本忠臣蔵』のHPは大変面白かったです!
 昔の事柄を扱っているのに、現代人の感覚でも分かりやすく新鮮なHPであったと思います。
 冬の課題は改めてみると難しそうですが、がんばってやってみたいと思います!
 一年間本当にありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年12月24日(水)00時07分23秒
 一年を掛けて、日本の色々な古典や文化に触れることが出来ました。
 新しく知ることばかりでとても楽しかったです。
 課題もがんばります!
 ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年12月21日(日)18時20分7秒
 冬季の課題は夏季より大変そうですが、頑張ります。
 1年間ありがとうございました!!
--------------------------------------------------------------------------------
 
 
2008.12.09(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
 24の講義内容 松尾芭蕉『奥の細道PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年12月16日(火)14時40分28秒 編集済
 松尾芭蕉の出身地が三重県の伊賀上野とのことですが、私の父の出身も伊賀上野なので親近感を感じました。
町おこしの為か、普通に街中に忍者がいるのが面白いです。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:CX6040 投稿日:2008年12月16日(火)12時02分7秒
 奥の細道は、中学時代からなじみの深いものでしたが、あんなにも様々な人が写していて、私たちが知るものの他にも存在するのだなと知ったときは驚きでした。西村本における訂正の多さにも驚いたのですが、その訂正によって「秋涼し 手毎にむけや 瓜天茄」の天茄の部分かまったく違うものに変えられているということにさらに驚きを感じ、改めて奥の細道を読んでみたくなりました。
ほおずきや秋茄子の話も面白かったです。なぜ食べてはいけないといわれているのかという理由がわかると、生活をしていく中での楽しみや面白みが増えていくような気がします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年12月16日(火)01時18分51秒
 松尾芭蕉の残した「ほおずき」という言葉が世間に悪い影響を与えるから、という
理由で改編されていたなら、少し残念に思います。
前回の浄瑠璃などもそうですが、表現者が自分が思うとおりに何かを表現できない、
という状態は、自分の存在価値をも揺らぐ、大変辛いものではないか、と思います。
ほおずきによって堕胎された子どもたちに対しては少し不謹慎なのかもしれませんが…。
 次回で最後の授業となってしまいましたが、よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
ck8107n 投稿者:ck8107 投稿日:2008年12月15日(月)22時46分18秒
 松尾芭蕉の奥の細道はいつ見ても面白いですね。
 次の授業も楽しみにしています。最後の授業ですが楽しみにしています。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年12月14日(日)21時49分3秒
 松尾芭蕉の「奥の細道」が取り上げられたので、嬉しかったです。
今週が最後の授業となりますが、よろしくお願いします!
--------------------------------------------------------------------------------
 
 
2008.12.02(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場

 23の講義内容 浄瑠璃『曽根崎心中』愛の逃避行「豊後丞」DVD版

 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年12月 9日(火)14時45分55秒
 禁止されるほどの心中の魅力の正体とはなんなのか、気になりました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年12月 8日(月)22時40分20秒
 当時の浄瑠璃の様子を再現した舞台はとても面白かったです。
思わず引き込まれてしまいました。最後の、一瞬にして衣装が変わる場面は本当に感動しました。
 今度は自分でも見に行ってみようとおもいます。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年12月 8日(月)22時07分37秒
 DVDとはいえ浄瑠璃を見たのは初めてで新鮮でした。
 演者と語り手が違う点や所作などは楽しかったのですが、
 台詞が聞き取れなかったためか、ストーリーが分かりにくくて残念でした。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年12月 6日(土)00時33分16秒
 庭訓往来から始まり、曽根崎心中のDVDと内容盛りだくさんでしたが、面白かったです。
 浄瑠璃が人形浄瑠璃になった理由が意外だったので、驚きました。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.11.25(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場 休講〔ミラノ〕
 22の講義内容 往来物『庭訓往來』について PDF版
 
2008.11.18(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
 21の講義内容 天草版(キリシタン)資料 PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107n 投稿日:2008年12月 2日(火)14時47分52秒
 天草版面白かったです。所々読めない部分もありましたが、きちんと内容が書かれていましたね。とても驚きました。
 日本の昔のお話が遠い国にまで伝わっているというのは嬉しい気がしますね。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年12月 2日(火)14時00分9秒
 同じ平家物語なのに天草版だとこんなにも違うものなんだ、ということに驚きを感じました。また、全く読めないのではないかと思っていたのですがよく見ると、ローマ字のように読めないこともないということが、他の現代にも残る資料とは違っていて、特に面白いと思いました。なぜ違う始まりなのか、など気になる点はありますが機会があったらもっとしっかり読んでみたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年12月 1日(月)21時41分28秒
 第二外国語にスペイン語を選択しているのですが、天草版の平家物語はスペイン語に少し似ているように思えました。
 イタリアはいかがでしたか。
 今日届いた学園通信の箱根駅伝のコーナーに先生のお名前があって驚きました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究 投稿者:ck7090 投稿日:2008年11月26日(水)08時28分23秒
 来週、土産話を期待してます。良い旅を。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年11月18日(火)19時53分38秒
 ローマ字の「平家物語」は初めて見たので驚きました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年11月23日(日)22時14分40秒
 「平家物語」があんな形で見られるとは思いませんでした。
 来週休講なのが残念ですが、12月あと一か月よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.11.11(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
 20の講義内容 中世藝術論〔謡曲・能・狂言〕の言語文化について PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年11月18日(火)14時47分36秒
 能楽の役者の視界が極端に悪いことを知って驚きました。
 一度見てみたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年11月18日(火)12時15分12秒
 能と狂言についてだったのですが、能や狂言をする時にどのような役回りの人がいるか、どのような形式でやるのかなど知らなかったので、新しい知識を吸収するような感覚で楽しませていただきました。その中でも印象深かったのが世阿弥による『風姿花伝』の内容で、何歳のときはこういうことをしなさい、ということが書いてあるだけでも驚きだったのに、女の人は17,8が一番いい時だというのが衝撃的でした。最も良い時を過ぎてしまった私は今後どう生きるかがポイントだと思うので、これを機に『風姿花伝』でも読んでみようかと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年11月18日(火)05時52分53秒
 先週の能は面白かったです。日本にも色々な文化がありますが、またひとつ興味の対象となりました。本日もよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年11月17日(月)21時32分21秒
 船(フナ)と菊水のお話が楽しかったです。
 船は私自身、大船の近くに住んでいるのですが初めて知りました。
 身近に言葉の用例の例外があるなんて驚きました。
 菊水は小さい頃からCMなどで親しみがあるお酒なので名前にしっかりした由来があるなんて考えもしませんでした。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年11月16日(日)23時06分26秒
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年11月16日(日)23時03分36秒
 能はとても奥が深いですね。
 先生がお話を読み上げた時は思わず引き込まれてしまいました。お面を被った時の視界の狭さにも驚きました。
 日本の文化は本当に面白いですね。次の授業も楽しみにしています。
--------------------------------------------------------------------------------
 
 
2008.10.28(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  19の講義内容 太平記』について PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究 投稿者:ck8104 投稿日:2008年11月11日(火)14時50分54秒
 昔の絵画にも鮮やかな色が使われていると知って驚きました。
染料の原料は何なのでしょうか。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年11月10日(月)22時45分45秒
 色が塗られた昔の本ははじめて見ましたが、新鮮で親しみがもてました。
 また、授業中にリンクするたび、京都大学所有の史料の多さには驚かされます。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年11月 6日(木)00時33分55秒
 遥か昔の絵画なのに色づかい、絵の繊細な部分も描かれていて驚きました。
 やはり、今も昔も上手い人は上手い。下手な人は下手なんですね(笑)。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年11月 5日(水)09時38分36秒
 昔の絵は白黒ではなく現代のように色づけされていたんですね。
 細かく塗ってあって驚きました。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.10.21(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  18の講義内容 蒙古襲来絵詞』について PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年10月28日(火)14時44分21秒
 日本の兵士とは違った戦い方や、武器を絵で見れてわかりやすかったです。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年10月28日(火)11時29分9秒
 漢字や言葉は、同じ時代であればどのような人であっても同じ書き方をするものだと思っていましたが、『蒙古襲来絵詞』で見られる武家の書き方を見て、衝撃を受けました。また、高校までの歴史の授業だと『蒙古襲来絵詞』を全部見ることができなかったので、さまざまな場面を通しで見ることができたのは貴重なことだったと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年10月28日(火)08時28分11秒
 昔の絵巻でもあれほど細かく描かれていたので、今の時代も昔の時代も絵のうまい人に変わりはないなと感じました。日本史の詞料集ではわからないことを発見できて面白かったです
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年10月28日(火)00時01分59秒
 歴史で蒙古襲来絵巻は習っていましたが、蒙古襲来絵詞というのは初めて知りました。
武士文字、というくらいだからもっと無骨な文字を想像していましたが、違って驚きました。
明日もよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年10月27日(月)22時04分37秒
 昔の絵巻も現代の絵本のように細かく描かれていて楽しかったです。
 虫食いの部分の文字が読めないのが残念ですね。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.10.14(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  17の講義内容 細川三斎忠興筆『徒然草』について PDF版
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年10月21日(火)14時51分40秒
「お」と「を」の使い分けなどを写本から学び、崩し字も読めるようになりたいと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年10月21日(火)14時49分28秒
 『徒然草』のお話にそいながらの解説面白かったです。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年10月21日(火)11時07分28秒
 『方丈記』、『徒然草』と続いているので、中学、高校時代が懐かしく思えました。
 自分も「お」と「を」の使いわけ驚きました。調べれば様々なことが見えてきそうだからこそ、教科書に当たり前のように掲載されるのかなと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年10月21日(火)01時10分32秒
 『徒然草』は中学、高校と古典でおなじみだったのですが枕草子を真似ているということや、その文に込められているメッセージ、影響を受けた三島由紀夫など近代の作家など初めて知ることが多くて驚きの連続でした。
 写本が多くあり、その写本の系統によってひらがなをはじめとした文字の使い分けがあることや「お」と「を」など使うひらがなの違いなど、調べていくと奥が深そうだと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年10月20日(月)22時08分29秒
 兼好が位の高い人間だったことは日本史で学びましたが、神官の家系出身とは知りませんでした。
「沸」と「仏」にもハレとケによる用途の違いがあって驚きました。私の周囲ではあまり「沸」という漢字を見ないからかな、と思います。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.10.07(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場

  16の講義内容 鴨長明自筆『方丈記』について PDF版

 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8104 投稿日:2008年10月14日(火)14時47分32秒
 鴨長命のミスは確かに不自然でしたね。
 文字の上から文字を書くことは私もよくありますが。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年10月14日(火)01時41分11秒
 鴨長明、随筆、方丈記と高校以来聞くことがなかったので、面白かったです。
 明日もよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年10月13日(月)22時52分51秒
 先週は朝起きたら緒方さんの訃報がいきなり流れてきて驚きました。
 まだまだお元気な印象が私にはあったので…。
 最近は著名人の訃報ばかり聞いている気がして悲しいです。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年10月13日(月)22時41分18秒
 鴨長明は意外とうっかりミスが多いんですね。偉人の意外な素顔が知れて面白かったです。
 馬牛は「ばぎゅう」ではなく「うまうし」と読むのに対し、左右は「ひだりみぎ」ではなく「さゆう」と読む。日本語は難しいですね。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.09.30(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場

  15の講義内容 延慶本『平家物語』について PDF版

 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:1ck8104s 投稿日:2008年10月 7日(火)14時49分40秒
 踊り字、畳字の使いかたを知れておもしろかったです。
 現在ではなぜ使われなくなってしまったのでしょうか。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年10月 7日(火)06時01分48秒
 普段何気なく使っている「〃」やよく詩や文学作品で見る「ゞ」が踊り字ということを初めて知りました。さらに、ひらがな・カタカナで使い分けされているということに驚きました。実際にそのことを知ってから今でもよく授業で使われている『平家物語』などを見ると、また違った面白みを感じるような気がします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年10月 7日(火)00時06分43秒
 パソコンの授業みたいで面白い機能を知ることができてよかったです。
 駒澤のパソコンは言語系の面白いソフトが一杯入ってますね。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年10月 6日(月)21時58分54秒
 踊り字も文字によって字が変わるのが面白いと思いました。昔の踊り字はどこまでが繰り返されてるかが難しいですね。
 課題の方は文字だけになってしまってすみませんでした。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本語文化研究 投稿者:nr8005 投稿日:2008年10月 1日(水)07時38分24秒
 新たな講義の度に自分が思う以上に日本語は奥深いものだと痛感しています。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.09.23(火)秋分の日

  14の講義内容 梅沢本『古本説話集』にみる畳字踊り字「/\」 PDF版→「駒澤大学 e-Education:YeStudy

 
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年10月 1日(水)03時55分58秒
 踊り字。一太郎であんな表示ができるなんて知らなかったです。
 夏季課題。2週間ほど前に提出したつもりが、しっかり提出できておらず、今朝やっと提出する形になってしまいました。すみません。評価よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.09.16(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  後期授業開始に寄せて 
   ―PR1「日本言語文化と室礼」→《室礼展》の予告―
   ―PR2 2009年1月全国ロードショー、角川映画「禅ZEN」―
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 9月17日(水)09時53分30秒
 授業参加しました。
深沢キャンパスで行われる催し、余裕があれば行ってみます。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 9月17日(水)09時05分34秒
 課題の説明や「しつらい」のお話ありがとうございました。分かりやすくてとても楽しかったです。
課題も頑張りますね。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:ck8104 投稿日:2008年 9月17日(水)09時02分52秒
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.07.08(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  13の講義内容 作庭記』についてPDF版
 
※夏期課題リポートについて
2008.09.30 夏季課題提出の説明(2008.07.08付) 
 課題の提出場所を「駒澤大学 e-Education:YeStudy」日本言語文化研究Tの「トッピクの概略部分」に用意してあります。こちらに随時ご提出願います。
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 9月15日(月)20時29分15秒
 二ヶ月も出席報告を忘れていました…。すみません…。
 今更ですが、前期の最後の授業に出席しました。
 後期からは忘れないようにしますね。
 課題は本当に悪戦苦闘中です。もともと表現下手なのでレポートは苦労するほうなのですが、納得できるものを書き上げたいです。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 7月19日(土)22時15分56秒
 最後の授業も面白かったです!
 課題も頑張りたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 7月 8日(火)23時53分39秒
 夏季課題大変そうですが、何度か提出できるように頑張りたいと思います。
 ちょっと早いですが、後期もよろしくお願いします!!
--------------------------------------------------------------------------------
 
 
2008.07.01(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  12の講義内容 連綿連続にみる日本語の抑揚階調表現PDF版

― 徳川本・五島本『源氏物語繪卷』のかな書き「ひ」文字 ―

 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 7月 8日(火)08時52分21秒
 ついに今日で前期最後ですね・・・。毎回もう少し詳しく聞きたいなぁって思える授業なので、今日も楽しみにしてます!
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年 7月 8日(火)06時50分35秒
 --------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 7月 7日(月)22時51分21秒
 私は書道を何年か嗜んでいますが、「ひ」と「飛」の文字は本当に難しいと思います。
「ひ」は沢山筆を返す必要があるためか筆遣いが難しく、「飛」はバランスが崩れやすい字なのであまり好きではありません…。
 ちなみに、よく人に『書道を習っている』というと、『掛軸や隷書が読めるのか』と聞かれますが、全く読めません。人生の半分以上学んでいるはずですが、やっと草書の一部がなんとか朧げながら理解できる程度です…(私の頭の所為?)。年を経るたび、最近一般の部に移ってからか特に、書の奥深さを実感しています。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 7月 7日(月)22時25分54秒
 源氏物語は高校の時にも習いましたが、深く知れば知るほど面白いですね。
 明日の授業もよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.06.24(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  10の講義内容 漢字・カタカナの混淆文を読む その1〔PDF版

― 『今昔物語集』(京都大学附屬図書館藏国宝、鈴鹿本)―

  11の講義内容漢字・カタカナの混淆文を読む その2〔PDF版
― 『今昔物語集』から古辞書利用へ―
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年 7月 1日(火)07時11分18秒
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化基礎I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 6月30日(月)23時47分24秒
 毎回毎回謎解きのような授業がとても楽しいです。明日もよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 6月30日(月)23時00分19秒
 羅生門は私も高校1年のときに国語総合で学習しました。
 最後の一文(男の姿は見えなかった、みたいな文だったような…)を芥川が付け加えたのは何故か!、みたいな授業だったのですがあんまりよく分からなかった印象しか残っていないのです…。
 来週は源氏関連みたいでうれしいです。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 6月26日(木)09時27分41秒 
  和漢混淆文という言葉は知ってたのですが、実際に見たのは初めてだったので、新鮮でした。 
--------------------------------------------------------------------------------
 
2008.06.17(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場

  09の講義内容 文字の運びと流れ PDF版

          カタカナ文献資料について

 『古今和歌集』(旧伏見宮家藏)一二〇六年冩 ―

---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 6月24日(火)06時58分14秒
 片仮名について今まで基本的なことすら知識がなかったので、当り前のこと、意外なこと、どちらも知ることができてよかったです。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年 6月24日(火)06時14分54秒
 片仮名が「出来損ないの仮名」であることなど、片仮名の基本的なことについて知ることが出来てよかったです。今知っておくのと知らずにこのまま生きていくのとでは文字に対する見方だとか、考え方が全然違ったものになると思います。
また、古今和歌集の名前の記載に見られる漢字表記・片仮名表記の政治的意図についての発見は歴史を学ぶものとして大変興味深いものでした。勅撰和歌集とはいえ、文学的なものに政治的ないとはないのかと思っていたらしっかりと関連性があり驚きました。まだ片仮名で書かれた理由が分っていない人物が何をして片仮名表記の名前になってしまったのか、またその後の「新古今和歌集」や他の文学的作品にも何らかの政治的意図が絡んでいるのか、というところを今後は気にしながら作品に接していきたいと思います。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 6月23日(月)23時00分58秒
 片仮名は不完全な仮名という意味で「片」がついているんですね。
 色んな説を知ることができるこの授業は本当に面白いです。
 次回も期待しています。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年 6月23日(月)06時27分51秒
 書き込み忘れない様にしたいです。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 6月22日(日)21時01分4秒
 掲示板の記事を受けて、ですが、私は歴史小説好きですよ。
 日本史受験だったので、日本史に限ってですが…。
 壬生義士伝は映画も小説も見ました。当時、大河ドラマの新撰組を見ていてその関係で知ったのですが、大河ドラマと違って号泣でしたし、齋藤一の印象が変わったのを覚えています。
今度、坂の上の雲がドラマ化されるみたいでそれも楽しみです。
 授業内容についての記事ではなくてすみません…。次回もよろしくお願いします。
---------------------------------------------------------------------------
 
2008.06.10(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  08の講義内容 文字の修得と習学 PDF版

          かなについて 貴族階級とことば教育 佛教界とことば教育

 
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年 6月17日(火)04時54分40秒
 文字を習得していた人々や、かな文字を使った文学作品の登場などかなの流れについて知ることが出来ました。紀貫之による『土左日記』が最初のかな文字を使った日記で、かながはやりだすのに女性による日記が残るようになるまで、更に民間のものまでが残るようになるまでに時間を有していたことなどから、その歴史性を感じました。
 その時代の中で権力を持つものが残り、権力を持たないものは残らない、というところが歴史上で残っている記録には勝者のものが多く敗者のものが残っていないというところに共通していて、権力や勝敗が文学の世界にもあるのだな、と新たな発見をすることができました。
 また、「木簡字典」など木簡の文字を検索することができるということを初めて知りました。とても興味深かったです。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 6月16日(月)23時48分49秒
 日本の「文化」には興味があるのですが、「言語」になってしまうと関心が薄れてしまう私には頑張らなければいけない授業内容に最近なってきたように思います…。
 なんとか頑張ろうと思いますのでよろしくお願いします…。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年 6月15日(日)09時28分48秒
 。
---------------------------------------------------------------------------
日本文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 6月10日(火)22時40分56秒
 平将門は神田明神に祀られているということを初めて知りました。
 菅原道真のご利益にあやかる為に今度天満宮にお参りに行って来ようと思います。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 6月10日(火)21時24分32秒
 承平・天慶の乱は受験時代を思い出しました。特に平将門は懐かしかったです。
 さらに、平将門が神田で祀られている事を初めて知ったので、今度訪れてみようかなぁと思います。
 聖徳太子、空海、菅原道真。困った時は、この3人!にはウケました・・・(笑)。
---------------------------------------------------------------------------
 
2008.06.03(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  07の講義内容  「手紙」失われた文字PDF版
 
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 6月10日(火)10時02分10秒
 自分も結末には驚きました。
 毎週毎週今までの勉強では知ることのできなかった古典などの知識が増えていくことに喜びを覚えます。
 本日もよろしくお願いします!!
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 6月10日(火)00時13分23秒
 地面が割れて息子が落ちてしまうという衝撃の結末は面白かったです。
 母の愛は深いなとも思いました。
 次のお話も楽しみにしています。よろしくお願いします。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 6月 9日(月)23時23分26秒
 『日本霊異記』の物語は胸を打ついい話だったのですが、少し現実味がなくなる展開には驚きました。明日もよろしくお願いします。
---------------------------------------------------------------------------
 
 
2008.05.27(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  06の講義内容 落 書 ―歌木簡についての記事―〔PDF版
 
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年 6月 3日(火)08時57分15秒
 出席しました。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 6月 1日(日)21時34分54秒
 今回の授業テーマを先生がおっしゃるまでずっと「ラクガキ」と読むのだと思っていました。
でも、生まれてから20年近くも「ラクガキ」で耳が慣れているので、「ラクショ」と言われると、行儀の良い雰囲気が漂う別の単語に聞こえてしまいます。
来週もよろしくお願いします。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 5月30日(金)00時00分15秒
 去年、受験勉強を通して「木簡」について少し知識はあったのですが、やはりそんなものは、受験用のものなのかぁ・・・。と改めて実感しました。来週もまた様々な知識が増えるのかと思うと、待ち遠しいです。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 5月27日(火)23時33分20秒
 最近発見された木簡の続きが早く発見されて完全なひとつのうたになるといいなと思います。
 韓国人のおばちゃんがバイト先に居るので今度、丸を描いてもらいますね。
---------------------------------------------------------------------------
 
2008.05.20(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場

  05の講義内容 野馬臺詩』をめぐる説話譚 ―『吉備大臣入唐絵巻』PDF版

 
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年 5月27日(火)04時55分40秒
 吉備真備や阿倍仲麻呂については高校の日本史の授業で出てきて知っていたのですが、この二人に繋がりがあるとは思っていませんでした。その中でも驚いたものが「陰陽道」との繋がりです。吉備真備が阿倍仲麻呂から預かって持って帰った書物の中に陰陽道について記しているものがあって後に安倍晴明に繋がっていくというところに驚きました。まさか、という展開の連続です。
 「国」の文字も興味深かったです。普段何も考えずに使っている文字にこめられた意味を知っていくことは面白そうだと思います。そして、その字を使ってた人たちの心を知ることが出来たら考えなしに勉強をしたり、本を読んだりしていくよりはるかに楽しくなるんだろうな、と思います。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 5月26日(月)22時53分22秒
 昔の文章に隠された真意を追求していくのがとても面白いです。
 これからも色んな暗号解明楽しみにしています。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 5月21日(水)21時38分25秒
 ‘アベ’さんは日本史の授業で散々言われてちょっとトラウマなんです…。
 「アベは沢山種類あるから全部覚えて。」とか
 「このアベは一人しか出てこないから絶対書けるようにしなよ。」とか言われてました…。
 なんで受験用の授業ってあんなにつまらないんでしょうね…。
 最近暗号系の授業が多くて面白いです。次回も楽しみにしています。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 5月21日(水)09時40分45秒
 「国」という文字の意味を初めて聞いて、こんな意味があったのか・・・。と納得。さらに、先生はどんなことを主に研究してるのだろうというのも気になりました。
---------------------------------------------------------------------------
 
 
2008.05.13(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場
  04の講義内容 伊勢物語』第九段 東下り」を読む
         『伊勢物語』第九段「東下り」PDF版
 
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究1 投稿者:ck8104 投稿日:2008年 5月20日(火)07時28分21秒
 「かごめ歌」の話し、とても興味深かったです。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年 5月19日(月)23時42分6秒
 高校時代の古典の授業でもおなじみである『伊勢物語』の第九段「東下り」の中で在原業平が作った歌を始め、暗号コードを含む歌をいくつか知ることが出来ました。普通に読んでいるだけでは気付くことがない、その暗号を歌の中に組み入れることが出来る歌人の柔軟な発想に驚かされるばかりです。
 言葉遊びの中の「童謡」、かごめうたの謎を先生がおっしゃっていたヒントをもとに考えたのですがなかなかぴんとくるものがありません。ですが、自分の力で納得がいくまで考えてみたいと思います。このようなちょっとした「謎解き」のようなものをまた教えていただけたらいいな、と思います。
---------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 5月17日(土)22時44分15秒
 高校時代から古文は好きなので今回も楽しかったです。
 台風が少し心配ですが、次回も楽しみにしています。
 あと、‘かごめ’が解けません…。
--------------------------------------------------------------------------------

 

2008.04.22(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場

  03の講義内容 いろはうた」と「あめつちのうた」そして「たゐにのうたPDF版

         五十音圖のはなしと音訓について

            上代特殊仮名遣い
 
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年 5月11日(日)22時54分21秒 
 「いろはうた」から「聖徳太子」や「空海」の話と、キリスト教の関係の話が大変興味深かったです。空海が、中国の太秦寺から景教も持ち帰ってしまうことによるキリスト教の伝来や日本語の前身として「ヘブライ語」が考えられる、という話を聞いているときが一番わくわくしました。
 私が二年次に読んだ本(ヨセフ・アイデルバーグ著、久保有政訳『日本書紀と日本語のユダヤ起源』徳間書店、2005年)にも似たような記述があったので、その内容を思い出しながら講義を聴いていました。
 今後も楽しみにしております。  
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 4月26日(土)20時15分44秒
 今週の「その時歴史は動いた」で『古事記』の話をされる司会の松平さんと、「いろは歌」の話をされる先生の姿が何故か重なりました。
 今気づいたのですが、来週も再来週もないんですね。残念です。
 13日を楽しみにしています。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 4月25日(金)22時20分14秒
 「いろはうた」の秘密を色々と知ることができてよかったです。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究I 投稿者:ck8107 投稿日:2008年 4月22日(火)20時49分44秒
 前回2回出席しましたが書き込みしなくてすみませんでした。
 今日の授業は前回の「ハタ」の話と繋がっていて面白かったです。
 「いろはのうた」の色んな説が聞けて面白かったです。
 次の授業も楽しみです。今後もよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------

 

2008.04.15(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場

  02の講義内容 五十音圖のはなしと音訓についてPDF版

          文字資料(漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字)から日本語學資料へ

 

--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cx6040 投稿日:2008年 4月22日(火)02時08分57秒
 先生の語る、日本人のルーツや漢字の話、名字の由来の話は非常に面白かったです。特に第二回の授業時に話していただいた徐福伝説の話は私にとって大変興味深いものでありました。
 毎回の授業が刺激的なので、楽しみにしております。今後も授業に参加していくのでよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 4月21日(月)22時57分44秒
 一昨年の文化村で開催されたポンペイ展に行った所為か、「ポンペイ」の話が興味深かったです。
 ゴールデンウィーク中のお昼前に行ったため、人に酔ってしまいましたが・・。
 でもそれよりも発掘された展示物の「諸行無常を訴えてくるオーラ(?)」に酔いました。
 人生何が起こるか分からないなぁ、と鬱々した気分になってしまいすべてを見ずに帰ってしまいました。
 今考えると勿体無い事をしましたね・・。
 色々なところに話がいってしまう授業が結構好きなので、明日も楽しみにしています。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:cb7171 投稿日:2008年 4月19日(土)01時10分38秒
 文字の音訓の話や宣長さんの話が興味深かったです。次回もよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 4月15日(火)23時46分10秒
 今日も出席しました。先生は本当に喋ることも知識を得ることも大好きなんだなぁとかんじさせられました。来週も楽しみにしてます
--------------------------------------------------------------------------------

 

2008.04.08(火)第4限め(14:40〜16:10)4−302教場

  01の講義内容 ※最初に情報センターの使用手続き担当責任者説明

         日本文化の未来と古代をつなぐPDF版

 
日本言語文化研究T 投稿者:cb7171 投稿日:2008年 4月15日(火)14時05分3秒
 出てみたら、面白そうで先生も良い方だったので履修することに決めました。これからよろしくお願いします☆!!
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nr8046 投稿日:2008年 4月14日(月)21時03分18秒
 難しそうな授業でしたが、頑張ってついていこうと思います。一年間よろしくお願い致します。
--------------------------------------------------------------------------------
日本言語文化研究T 投稿者:nb8096 投稿日:2008年 4月11日(金)18時53分45秒
 まさかの人数の少なさに驚きましたが、先生の知識の深さに感銘を受けたので、この授業を取ろうと思います。1年間よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------

 

 
※夏期課題リポートについて
2008.09.30 夏季課題提出の説明(2008.07.08付) 
 課題の提出場所を「駒澤大学 e-Education:YeStudy」日本言語文化研究Tの「トッピクの概略部分」に用意してあります。こちらに随時ご提出願います。
 
※後期課題リポートについて
 期日は2009年01月日(火)を締め切り日とします。この記述内容を確認した上で、再度提出を求めますので、再度提出期限の方は、2009年01月日(火)が締め切り日となります。提出場所は第一研究棟日本文化部門資料室及び研究室(直接)及び「駒澤大学 e-Education:YeStudy」とします。
 課題内容について 日本文献資料の一作品乃至二作品を本に、作品の解題説明を作成してみましょう。参考資料としては、『日本古典文学大辞典』〔岩波書店刊〕を見ましょう。
 解題の構成は、
 @作品名〔漢字表記と平仮名表記・【別名】〕
 A【製本数量】〔卷軸・冊本・折本〕
 B【成立年代・書写年代】
 C【著者・編者・ふりがな】
 D【識語】〔本末・巻末〕
 E【所蔵・【諸本】〔複製〕】
 F【翻字資料】
 G【国語資料】〔【研究】・【文体】など〕
の已上、八項目をそれぞれが選択された作品資料に遵って記述してみましょう。なお、資料の写真画像が添付可能な場合には、カラー画像(無いものは黒白画像)を添えてください。インターネットでの公開作品資料については、相手側の指示に従い、HPアドレス及びリンクをしておきましょう。
 
 
講義の内容及び授業計画

  01の講義内容 ※最初に情報センターの使用手続き担当責任者説明

         日本文化の未来と古代をつなぐPDF版

  02の講義内容 五十音圖のはなしと音訓についてPDF版

          文字資料(漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字)から日本語學資料へ

  03の講義内容 いろはうた」と「あめつちのうた」そして「たゐにのうたPDF版

  04の講義内容 伊勢物語』第九段 東下り」を読む

  05の講義内容 野馬臺詩』をめぐる説話譚 ―『吉備大臣入唐絵巻』 PDF版

  06の講義内容 落 書 PDF版

  07の講義内容  「手紙」失われた文字 PDF版

  08の講義内容 文字の修得と習学 PDF版

          かなについて 貴族階級とことば教育 佛教界とことば教育

  09の講義内容 文字の運びと流れ PDF版

          カタカナ文献資料について

 『古今和歌集』(旧伏見宮家藏)一二〇六年冩 ―

  10の講義内容 漢字・カタカナの混淆文を読む その1 PDF版

― 『今昔物語集』(京都大学附屬図書館藏国宝、鈴鹿本)―

  11の講義内容 漢字・カタカナの混淆文を読む その2 PDF版

― 鈴鹿本『今昔物語集』から古辞書利用へ ―

  12の講義内容 連綿連続にみる日本語の抑揚階調表現 PDF版

― 徳川本・五島本『源氏物語繪卷』のかな書き「ひ」文字 ―

     夏季課題提出(後期講義に向けてその方向性と準備を説明)

  13の講義内容 作庭記』について PDF版

  14の講義内容 梅沢本『古本説話集』にみる畳字踊り字「/\」 PDF版

  15の講義内容 延慶本『平家物語』について PDF版

  16の講義内容 鴨長明自筆『方丈記』について PDF版

  17の講義内容 細川三斎忠興筆『徒然草』について PDF版

  18の講義内容 蒙古襲来絵詞』について PDF版

  19の講義内容 太平記』について PDF版

  20の講義内容 中世藝術論〔謡曲・能・狂言〕の言語文化について PDF版
  21の講義内容 天草版(キリシタン)資料 PDF版
  22の講義内容 往来物『庭訓往來』について PDF版

  23の講義内容 松尾芭蕉『奥の細道PDF版

  24の講義内容 仮名手本忠臣蔵 PDF版

  25の講義内容 町人文化とことば  十返舎一九編東海道中膝栗毛 PDF版

  26の講義内容 樋口一葉『たけくらべ―雑誌「文學界」と「文藝倶樂部」所載直筆原稿―

   冬季課題の提出
 
履修上の留意点
 ※出席は、教場IT管理に依拠します。授業開始時に当日の出席書込欄にまずチェックをしましょう!また、IDチェックを忘れてしまった場合などは、下記掲示板へ書込みをすることで確認が可能となります。特に、4週連続して理由なき欠席された受講者については、履修名簿から自動的抹消します。
 ※講義内容及び連絡事項については、HP(情報言語学研究室)上に凡て逐次掲載しますので常時ご閲覧願います。質疑応答の問い合わせも直接私の研究室対応の他、IT機器「駒澤大学 e-Education:YeStudy」を用いての応対も可能となっています。
 
 講義教室はIT機器使用の部屋となっています。その関係で教室にはふだん未使用の場合には鍵がかかっております。講義開始10分前には必ず到着し、教室を開けますのでその間お待ち願います。
 
 「掲示板書込み内容について」(出席と平常評価の対象)
 この講義の最初に申し上げますように、二週間分をまとめて投稿する方法はこちらでの評価対象として、あくまでその日の分「一」としてしか扱いません。二以上の評価にはならないことをご連絡申し上げます。書込みは、その週の時間毎に見合う内容をご自分が考察した観点を第一義として入力提出することとします。
 
成績評価の方法(GPA制度に基づく)

 前期と後期それぞれにリポート課題を用意します。これを紙出し&FD(ネットへの添付資料)にして、最終締め切り日に提出します。

 提出の際には、提出の年月日の記入。学籍番号。氏名を必ずファイル名と内容資料に必ず添えてください。
 ご自分が調査した関連語句(書名・人名・用語など)の記入とそれに関わるネットリンク、添付画像処理についても著作権・肖像権問題に充分留意をお願いします。また、ネット上の他人の文章をそのまま貼り付け利用することは絶対なさらないようお願いします。

 また、総合教育研究学部(日本文化部門)掲示板の積極的なご利用を期待します。皆様方の声と管理担当者である萩原の考えや日程をここに反映させ、学習支援及び学習意欲の向上をめざすことが本来の目的です。ここに記載された内容は、すべてこちらで管理運営しております。今後、この授業内・外を問わず、この書き込みを通じて授業評価にも大きく反映させて行きますのでご承知ください。

 
教科書{著者名『書名』(出版名)価格、ISBN}
 紀田順一郎著『日本の書物』〔勉誠出版、3000円(税別)〕
 インターネット公開型テキスト“国語史”[URL http://www.komazawa.-u.ac.jp/~hagi]
 
参考書(指定図書・文献等)
 今野真二『日本語の歴史』文献から読み解く【鳥瞰虫瞰】〔笠間書院刊、3800円(税別)、ISBN4-305-70307-6〕
 
その他(授業法法−講義形式、ゼミ形式、プリント配布、レジュメ配布等)
 情報機器及び文書編集ソフトを利用します。講義資料はHP(情報言語学研究室)上に凡て掲載します。授業内における講義プリントやレジュメPDF資料配布の紙面出しは必要最低限で保証します。
 情報機器を利用します。講義資料はHP(情報言語学研究室)上に凡て掲載します。授業内における講義プリントやレジュメPDF資料配布の紙面出しは必要最低限で保証します。