経営学部のゼミ企画紹介「日本経済史街歩きツアー:本郷・上野編」(前編)

 経営学部・中村(一)ゼミでは、例年ゼミ企画として「日本経済史街歩きツアー」を実施しています。一昨年度の「東京駅編」、昨年度の「ミナト横浜編」に引き続き、今年度は11月23日(木・祝)に「本郷・上野編」を実施しました。

 過去2回では比較的フラットな地域で微妙な地形の変化を読み取りながら歩くことを課題としていたのに対して、今回はわかりやすく起伏に富んだ地形を歩きながら、人間が生きて活動してきた痕跡をたどっていきます。

 今回歩く街は、不忍池(図中央)を挟んで位置する本郷台地(図左側)と上野台地(図右側)に展開しています。集合場所は東京メトロ千代田線根津駅。ここからまずは本郷台地に向かいます。

(図出典:国土地理院Webサイト「地理院地図/アナグリフ(カラー)」を加工して作成。)

 根津交差点から言問通りの坂を上っていくと、途中に「弥生式土器発掘ゆかりの地」の石碑があります。高校までに学ぶ日本史年代の「弥生時代」という名称の由来がこの地の町名にあるのですが、今回の問題関心は「この土器発掘の地はなぜ坂の頂点ではなく中腹地点なのか」ということにあります。当時の自然環境を想像しながら、そこに身を置いたつもりになって考えてみましょう。