法科大学院概要About us

施設・設備

限られた時間の中で新司法試験合格に向けて取り組む学生にとって、学習環境は、効果的な学修のための重要な要素といえます。駒澤大学法科大学院では、地上9階・地下1階の専用校舎の中に、学習室・模擬法廷・図書室など、法科大学院として必要な機能をすべて用意しました。
敷地面積約900平方m、延床面積約3,274平方mの法科大学院棟は、渋谷駅から東急田園都市線で6分の「駒沢大学」駅から徒歩4分と、アクセス面でも便利な場所に位置しています。なお、通常期平日の開館時間は午前8時から午後11時30分ですが、定期試験前については24時間利用可能としています。
また、修了後も「司法研究所研修員」として登録することにより、これらの設備を利用することができます。

学習室

学習室法科大学院生全員がいつでも好きなときに学習できるよう、収容定員108人に対し、4部屋152席(うち1部屋26席は司法研究所研修員専用)の学習室を設けています。周囲から独立した空間を確保したキャレルデスクには、長時間の学習に適した椅子を配備しています。また、LANポートに接続して、各自のノートパソコンを使用することも可能です。

模擬法廷

模擬法廷
模擬法廷

法科大学院棟の象徴ともいえる模擬法廷。「裁判演習」「訴訟実務基礎論」など、法律実務基礎科目での実務教育に使用します。
ビデオシステムを導入し、模擬裁判の模様を録画、教材としても活用していきます。

PC教室・無線LAN

現代社会ではインターネット等を駆使しての法律情報検索はかかせません。PC教室では「法律情報」等の授業が行われています。また、各自のノートパソコンを学内無線LANに接続し、学内で自由にネットワークを利用することも可能です。

図書室

図書室
図書室

法律関連図書、法律雑誌等中心に、10,000冊以上を配架しています。また、蔵書や法律雑誌の検索が可能なパソコンや、法科大学院生専用コピー機を設置し、学修効率を高めています。もちろん、123万冊の蔵書を誇る本校キャンパス(徒歩4分)の図書館も利用可能です。

大教室・小教室・演習室

小教室
大教室

入学定員36人の本法科大学院では、授業のほとんどが少人数で行われます。可動式の机が備えられた小教室は、ソクラティック・メソッドを用いた授業の効果を高めます。
また、少人数での自主ゼミに適した演習室では、活発な議論が行われています。
ガイダンスや説明会等では、86席の大教室が活用されます。

ロッカールーム

ロッカールーム六法や参考図書などを法科大学院棟に常備できるよう、個人用ロッカーを学生全員分用意しています。

談話コーナー

談話コーナー
談話コーナー

授業、予習、復習とたいへんなハードワークが要求される法科大学院。談話コーナーは学生たちの休息の場であり、研鑽の場でもあります。

セキュリティゲート

セキュリティゲート長時間の開館に対応したセキュリティ対策として、入退館システムを導入しています。セキュリティゲートを通過するためには、身分証明書(学生証)が必要となります。