カリキュラムCurriculum

完全セメスターと年度内再履修

完全セメスター制度

本法科大学院では、完全セメスター制度を導入しております。
すべての科目は半期で終了し、法律基本科目を中心に、同一科目を前後期に双方に配置しております。
従って9月入学制度後期科目等履修制度を利用して、年度の後期から学習を開始する場合でも、体系に沿った段階的な学習が可能となります。

年度内再履修制度

本法科大学院では、以下の科目について再履修が可能です。

  • F評価科目(不合格):必修科目は再履修が必須
  • C評価科目(合格):原級者を除き再履修は任意
  • B評価科目(合格):原級者を除き再履修は任意

従って、B以下の評価となった科目は、A・S評価を目指して再履修し、学習の深度を高めることが可能です。

また、本法科大学院では、上記のとおり完全セメスター制度・前後期同一科目開講を導入しております。
この環境を利用して、前期の成績発表後に年間の履修計画を見直し、前期に高い評価を得られなかった科目について年度内再履修を行うことで、進級判定によって原級となる前に、苦手科目の早期リカバリーが可能です。
(注)年度内再履修は年間履修制限単位の範囲内で行う必要があります。