カリキュラムCurriculum

学習支援

クラス担任制

本学では、クラス担任制を導入し、きめ細かい緻密な指導を行っています。一人の教員が各年次1~5名の学生を担当して、各科目の学習状況を電子カルテにより把握し、修了まで総合的に指導する制度です。
また、クラス担任制により、年次を超えた学生同士の交流も生まれます。クラス担任制は、学生同士、学生・教員間の連帯感を高める効果も併せ持っています。

オフィスアワー

法科大学院のような高度な専門教育においては、少人数教育とはいえ、時間的な制約により充分な質問ができないことも想定されます。そのため、本学では、専任教員が研究室に待機し、学生が自由に質問や相談等ができる時間帯(オフィスアワー)を設けています。

アドバイザー弁護士制度

本学では、出身法曹をアドバイザー弁護士として採用しております。
アドバイザー弁護士からは、カリキュラムを熟知した出身法曹による学習相談、司法試験に際しての心構え、本法科大学院での学修上の生活相談など、体験に即した具体的なアドバイスを受けることができます。

駒澤大学法科大学院教育研究支援システム・法科大学院情報化支援システム

現代社会では、インターネット等を駆使しての実務・学修はかかせません。また、法科大学院においては長時間の学習が必要なために、学習時間・学習環境が多様化しています。本学では、学内・自宅を問わず、24時間アクセスできる学修用ネットワークシステムを提供しています。

そのひとつである 駒澤大学法科大学院教育研究支援システムは、電子シラバスとロー・ライブラリーにより構成されたネットワークシステムです。
電子シラバスは、事前に授業内容を通知し、予復習の教材を提供するネットワークシステムです。世情の変化や授業の進行等により、学修に最適な教材が変化した場合には、シラバスの変更が柔軟に行われ、差し替え教材が提供されます。また、ロー・ライブラリーは、自習・予復習に際し、判例・条文・法律雑誌記事内容などを検索できるネットワークシステムです。
この電子シラバスとロー・ライブラリーは連携しています。電子シラバスで予習教材として提示された判例・条文を、ロー・ライブラリーにより即座に参照することができるようになっています。

また、その他にも、 LLI判例秘書(アカデミック版) を導入し、法令・判例・雑誌記事のネットワーク検索を強化しております。「LLI判例秘書(アカデミック版)」は、主にPublic Domain物で構成される「判例検索システム」と、著作権許諾の基に構成される「主要法律雑誌DVD」(TM)のデータベースで構成され、一次情報から二次情報へのスピーディーなアクセスによる効率的な学習・研究を可能としています。