法科大学院概要About us

研究科長挨拶

駒澤大学法科大学院は、「人に寄り添う法曹」「社会と繋がる法曹」を育てます。駒澤大学大学院 法曹養成研究科長 松本英俊駒澤大学法科大学院は、曹洞宗開祖の道元禅師の「修証一等」(「修」とは「智慧(物事の本質の洞察)」と「慈悲(あらゆるものを大切に扱う心)」による自己形成をめざすいとなみをいい、「証」とはその理想の姿をいう)、すなわち修行と悟りは一体である、理想の「証」は日々のいとなみである「修」の中にこそ活きているとの教えを、教育・研究の理想的なあり方として「行学一如」すなわちただひたすら修行をすることと教えを学ぶこととは根源において同じであると表現し、建学の理念としています。

法科大学院設置の理念である「理論と実務の架橋」は本学の建学の理念である「行学一如」そのものにほかなりません。駒澤大学法科大学院は、「行学一如」を、「実務と理論の一体性」として展開し、これを架橋する教育をおこない、もって、仏教の高い倫理観に基づき、人間や社会のあり方に関して広く関心をもち、多様な分野における社会貢献を通じて、不断の自己研鑽に努め、人や社会に対する共感能力、深い洞察能力を高めることができる「人に寄り添い、社会と繋がる法曹=駒澤法曹」を養成することを社会的使命と考えています。

この教育の理念に基づき、入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)、及び学位授与の方針(ディプロマポリシー)の3つのポリシーを策定し、社会的使命を果たすべく、進化を続けております。

2014年度には、9月(後期)入学制度・半期完全セメスター制度を導入するとともに、各種奨学金を充実させました。4月入学・9月入学併置によって、半期ごとに「新入生」が加わる刺激的な学修環境となり、「在校生」を否応なく半期単位で学修計画を見直させる発想に変わっております。半期完全セメスター制度は、単により良い成績を修めるためではなく、重畳的な学修により知識・理解を確実なものとして定着させる上で効果的です。

2016年度には、法律基本科目学修を強化したカリキュラム改革をおこなうとともに、入学試験制度を改善しました。未修者コースの第1期小論文試験では、事前の法科大学院適性試験第4部の提出と本学独自小論文試験の追加受験により、両者の成績の良い方を合否判定資料とするように改めました。既修者コースの法律試験では、司法試験短答式3科目化および法律基本科目重視の観点から、憲法・民法・刑法の論文試験を合否判定資料とし、商法、行政法、民事訴訟法、刑事訴訟法については入学後の単位認定試験として実施することに改めました。また、2月上旬の入学試験では、東京会場のほか、学外3会場(2017年度に実施する入試では、新潟・名古屋・福岡)でも実施するようにいたしました。

また、2016年度下期には、厳格に改定された認証評価基準のもとで3巡目の認証評価を受審し、「適合」判定を獲得することができましたが、本年度以降もさらなる改革・改善を続けていきます。

わたくしたち教員・職員・出身法曹が一丸となり、少数精鋭教育を活かして、基礎的知識の修得からより高度な内容へとスムーズに学修を進め、皆さんの法曹への夢を実現できるよう全力で支援しています。

駒澤大学大学院 法曹養成研究科長
松本 英俊