カリキュラムCurriculum

成績評価・進級要件

成績評価

本法科大学院の成績評価は、原則として、授業における質問・発言(オーラル)評価10%、授業における提出レポート等の評価20%、定期試験の成績70%を基準とします。
なお、合格の評価を得た科目については、所定の単位を認定します。

評価素点判定
100点~90点 合格
89点~80点 合格
79点~70点 合格
69点~60点 合格
59点~0点 不合格
  • 以下の科目については、「P」(合格)または「F」(不合格)により判定します。
    「法律情報I」「法律情報II」「エクスターンシップ」「民事裁判演習」「刑事裁判演習」「リーガル・クリニック」「法律学特殊講義」
  • 既修得単位認定等により単位認定を受けた科目の評価は「T」(認定)となります。

質疑応答

本法科大学院での成績に関する質疑応答は、以下の3段階により行います。

  1. 定期試験質疑応答
    定期試験終了後、返却された添削答案に対し質疑がある場合には、所定の期間に定期試験質疑を受け付けます。
  2. 成績質疑応答
    成績発表後、成績評価に対し質疑がある場合には、所定の期間に成績質疑を受け付けます。
  3. 成績評価異議申立
    成績質疑の上、成績評価に対し異議のある場合には、所定の期間に成績評価異議申立を受け付けます。

進級判定

進級するためには、修得単位数による進級基準を充足し、かつ、評点平均値(GPA)による進級基準を充足することが必要です。

進級基準の各要件は以下のとおりです。

修得単位数要件

1年次から
2年次
1年次必修科目単位数34単位のうち、28単位以上。
2年次から
3年次
修了に必要な単位のうち53単位(認定された単位を含む。)以上。

評点平均値要件

評点平均値は、以下の式により算出します。

(S単位数x4+A単位数x3+B単位数x2+C単位数x1)/履修登録科目総単位数

  • 進級に関する評点平均値は、素点評価の必修科目を算出に使用し、GPA1.8以上を要件充足とします。
  • 同一年度内に同一科目を再履修した場合(年度内再履修)は、上位成績の履修科目を評点平均値の算出に使用し、下位成績の履修科目は評点平均値の算出に使用しません。
  • 前年度以前に単位修得した下級年次必修科目を再履修した場合は、評点平均値の算出には使用しません。

原級と再履修

進級基準を満たさないときは、在籍する年次に留まるものとします(原級)。この場合は、前年度に履修しB・C・F評価となった必修科目も、再履修となります。