駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
学部・大学院Academics

中国語 Windowsパソコンでピンイン字母を入力する方法

岩崎 皇

WindowsXpやVistaには各国語の入力装置(IME)が付いているので、設定をすれば中国語も入力できます。しかし、なぜかピンインそのものは入力できません。例えば、"Nǐ shì Zhōngguórén ma?"というふうな文を作ることができないのです。そこで、ピンインを音節ごとに登録して入力する方法を紹介します。
Windows付属の中文IMEは漢字しか登録できないので、ピンインは私たちが日頃使い慣れている日本語IMEに登録します。また、登録する際の「読み」は仮名でつけます。"nǐ"というピンインなら「に3」で登録します。「に」はキーボードから[N][I]と打ったときの仮名です。
仮名で読みをつけるので、入力は日本語を打つときと同じ「ひらがな」モードのままで行うことができます。IMEツールバーに「あ」と表示される状態です。
"nǐ"なら「ni3」と読みをつけて登録し、「英数」モードで変換すればよいではないかと思うかもしれません。でも実際にやってみると、いちいち文節の切り直しを行わなければならず、実用に耐えません。
具体的手順は、次の2段階です。

  • 一括登録ファイルの作成(すでに作成済み)
  • 単語登録

以上の作業は、やってみて気に入らなければすべて元に戻すことができます。手間もほとんどかかりません。
なお、「単語登録って何?」という人は、ぜひIMEツールバーの「?」をクリックしてオンラインマニュアルを覗いて下さい。インターネット上にも説明しているページがたくさんあります。
この原稿にあるメニューを出す手順等はMicrosoft IME Standard 2003に基づいて書きました。他のVersionでは、多少のデザイン上の違いがあるかもしれません。

一括登録ファイルの作成

登録は一つ一つやっていては面倒です。各行を「(読み)tab(登録語)tab(品詞)改行」という形式にしてファイルを作っておくと、一括して登録できます。実物がどんなものか知りたければ、これからダウンロードするファイルの中身を見てください。中国語で使う単音節のピンインがすべて入っています。
それでは、ダウンロードしましょう。下の「登録ファイル(pinyin.txt)」にカーソルを合わせて右クリックをするとメニューが出ます。メニューの中の「対象をファイルに保存」を選ぶとダウンロード画面が開きます。
ダウンロード画面では、保存場所とファイル名をしっかりと確認しましょう。保存場所は、あらかじめデスクトップなどに作業用のフォルダを作っておいてその中に保存するとよいでしょう。

登録ファイル(pinyin.txt)

単語登録

IMEのツールアイコン→「辞書ツール」→「ツール」→「テキストファイルからの登録」で登録画面が開きます。上でダウンロードしたファイルを指定して「開く」をクリックしてください。登録はあっと言う間に終わります。

入力のしかた

さっそく試してみましょう。
ワープロ等の日本語が入力できる状態で、ピンインのつづり通りにキーを打ち、最後に声調の数字を入れます。例えば、"biàn"と入力したければ、[B][I][A][N][4]とタイピングして変換します。
"ü"は[V]を使います。たとえば"nǚ"ならば[N][V][3]と打ちます。"nüe,lüe"の場合、[V]のほかに[U]でもかまいません。"nüè"なら[N][V][E][4]でも[N][U][E][4]でも出せます。
語頭を大文字にする場合は、まず大文字を確定してから残りを変換します。"Zhí"なら「 Z → Zひ2 → Zhí 」のようになります。。
カーソル位置に仮名が表示されるのが気になるかと思います。ローマ字にするには、まずIMEプロパティの「和英混在入力」で「英字をローマ字かな漢字変換する」をチェックしてください。それから入力モードを「英数」(IMEツールバーに「_A」と表示される状態)にして入力すれば、画面上でもローマ字で表示されるようになります。
声調符号の付いた所が間のびしたり、空白になったりすることがあるかもしれません。それはフォントが合っていないためです。フォントを Times New Roman などに換えてみましょう。

細かな手直し

いくつか試しに打っていると奇妙なことに出くわすかもしれません。たとえば、キーボードから[H][U][2]と打っても[F][U][2]と打っても"hú"が出てきます。もちろん"fú"も両方に出てきます。
日本語のローマ字では「ふ」はhuとfu二通りの書き方が認められているので、パソコンでも[H][U]と[F][U]は同じ仮名「ふ」になるよう設定されています。仮名読みで登録するなら"hú"と"fú"どちらも「ふ2」とならざるを得ません。このままでも目的のものは出せるのですが、いちいちどちらか選ばなければならず、不便です。
そこで、[H][U][2]と打ったらhú"だけが出、[F][U][2]では"fú"だけが出るように、手直しをしましょう。まず一通り理屈を述べますが、面倒だという人は跳ばして、「ローマ字設定の削除」に進んでください。

一通りの理屈

2通りの打ち方があっても、一人の人が両方使うわけではありません。もし、「ふ」は[H][U]で打つと決めて、[F][U]を違った仮名に対応させることができるなら、[H][U]と[F][U]は仮名になっても区別できます。
実は、どのキーを押すとどの仮名になるという対応関係はIMEの「ローマ字設定」で決めているのですが、それは変更したり削除したりできるのです。IMEのツールアイコン→「プロパティ」→「全般」→「キー/ローマ字/色の設定」の「設定(V)」→「ローマ字設定」とマウスでクリックしてください。設定画面が出てきます。一覧の「並べ替え順序」を「アルファベット」にすると見やすくなります。
ここで、「fu=ふ」という設定を削除すると、キーボードからの[F][U]は「fう」という仮名(?)に対応することになります。ですから[H][U]と[F][U]は仮名のレベルでも区別されるようになります。
そして更に、「fう」という読みでも単語登録ができますから、ローマ字設定で、「fu=ふ」を削除した上で、"fú"を「fう」で登録しておけば、[H][U][2]と打ったときは「ふ2」で"hú"だけ、[F][U][2]では「fう2」となって"fú"だけが出るようになります。
異なるキー操作が同じ仮名に対応する例は他にもあります。
以下の4組は、(「ci=し」はMicrosoft IME独自です)、日本語のローマ字で広く認められているものです。各組のどちらを使うかは人により異なる可能性があります。

1) hu fu =
2) si shi ci =
3) ti chi =
4) zi ji =

次の2組は、小さな「ぃ」「ぅ」を出すときのキー操作です。[L]と[X]は「次に続く文字を小さくする」という「しるし」になっています。「ぃ」「ぅ」のほかに「ぁぇぉゃゅょ」なども[L]または[X]を使って入力できます。あまり使わないでしょうが、知っていると便利です。

5) li xi =
6) lu xu =

最後の6組は、左側のものしか使わないと思います。2列目以降はyi、wuを除いて、すべてMicrosoft IMEの独自設定です。

7) i yi =
8) u wu =
9) ka ca =
10) ku qu cu =
11) ko co =
12) se ce =

ローマ字設定の削除

それでは、作業に取りかかりましょうしょう。次のようにマウスでクリックして行くと、ローマ字設定画面が出ます。
IMEのツールアイコン→「プロパティ」→「全般」→「キー/ローマ字/色の設定」の「設定(V)」→「ローマ字設定」
はじめに、通常は絶対に使わない以下の設定を削除してみましょう。一覧表から探し、クリックして反転させてから削除ボタンを押してください。一覧の「並べ替え順序」を「アルファベット」にすると作業しやすくなります。

  • ca = か
  • ce = せ
  • ci = し
  • co = こ
  • cu = く
  • qu = く
  • wu = う
  • yi = い

次に、以下の5組の内、使わないほうの設定を削除します。自分の習慣や癖を考えて決めましょう。最後の組は2つありますから、全部で6つの設定を削除することになります。

  • hu = ふ / fu = ふ
  • si = し / shi = し
  • ti = ち / chi = ち
  • zi = じ / ji = じ
  • li = ぃ、lu = ぅ / xi = ぃ、xu = ぅ

余計な登録の削除

上の5組のどちらかが削除されることによって要らなくなるものまで、はじめの登録ファイルには入っています。単語登録を済ませているなら、すでにIMEに組み込まれているはずです。残しておくと顔を出すので取り除きます。
まず、下の一覧で、削除したほうのローマ字を右クリックして削除ファイルをダウンロードしてください。全部で5つダウンロードします。

hu = ふ fu = ふ
si = し shi = し
ti = ち chi = ち
zi = じ ji = じ
li = ぃ、lu = ぅ xi = ぃ、xu = ぅ

次にIMEツールアイコン→「辞書ツール」→「ツール」で「登録」のすぐ下にある「テキストファイルで削除」をクリックしてファイル名入力画面を出します。今ダウンロードしたファイルを指定して「開く」を押します。5つのファイルすべてについて同じ手順を繰り返してください。

元に戻すには

ローマ字設定は、「プロパティ」→「全般」→「キー/ローマ字/色の設定」の「ローマ字設定(O)」で、「ユーザ定義」となっているのを「Microsoft IME」に戻すだけです。
登録したものは、「辞書ツール」→「ツール」→「テキストファイルで削除」で、はじめに登録したファイル(pinyin.txt)を指定して実行すれば、すべて削除されます。

(2008.9.21)
(2009.5.13.改訂)

お問い合わせ:第一研究館 6階 1611号 岩崎皇研究室
E-mail:iwasaki(a)komazawa-u.ac.jp
※(a)を@に変更してください。

学部・大学院