大学概要About us

自己点検・評価

自己点検・評価について

自己点検・評価は、学校教育法第109条第1項に「大学は、その教育研究水準の向上に資するため、文部科学大臣の定めるところにより、当該大学の教育及び研究、組織及び運営並びに施設及び設備(次項において「教育研究等」という。)の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表するものとする。」と定められています。また、同条第2項に「大学は、前項の措置に加え、当該大学の教育研究等の総合的な状況について、政令で定める期間ごとに、文部科学大臣の認証を受けた者(以下「認証評価機関」という。)による評価(以下「認証評価」という。)を受けるものとする。」と定められています。
さらに、学校教育法施行令第40条に「認証評価の期間」について定められており、大学は7年に1度、文部科学大臣の認証を受けた機関(認証評価機関)による認証評価を受けることが義務付けられています。
こうした法令に従い、本学では「駒澤大学学則」、「駒澤大学大学院学則」、「駒澤大学大学院法曹養成研究科(法科大学院)学則」において、それぞれ自己評価等について定め、また、「全学自己点検・評価に関する規程」及び「全学自己点検・評価に関する規程施行細則」において、自己点検・評価の実施目的や実施方法等について定めています。特に、「全学自己点検・評価に関する規程」第1条には「教育・研究活動及びその管理運営等の状況について内部質保証の推進に寄与する自己点検・評価を実施し、教育・研究水準の向上と教育・研究活動の活性化を図ると共に、その社会的使命を果たす」ことが目的として定められています。
なお、本学では、自己点検・評価を原則毎年度実施し、「公益財団法人大学基準協会」による認証評価を7年に1度受審しています。

自己点検・評価の実施体制

自己点検・評価の実施体制図

全学自己点検・評価委員会の構成

  • 委員長
    教育・研究担当の副学長
  • 副委員長(計3人)
    学生支援担当の副学長、総務局長、財務局長
  • 委員(計18人)
    学部等自己点検・評価運営委員会委員(8人)
    大学院自己点検・評価運営委員会から選出された委員(2人)
    附属研究所自己点検・評価運営委員会から選出された委員(2人)
    各事務所管別個別機関作業部会部会長(5人)
    特別問題自己点検・評価実施委員会委員長(1人)※
  • 幹事
    法人企画部

※特別問題自己点検・評価実施委員会は必要に応じて設置(非常設)。

部門別自己点検・評価運営委員会の構成

  • 委員長
    委員の互選
  • 副委員長
    委員の互選
  • 委員
    各個別機関自己点検・評価作業部会の各部会長

個別機関自己点検・評価作業部会の構成

  • 部会長
    構成員の互選
  • 副部会長
    構成員の互選
  • 構成員
    各作業部会において、自己点検・評価の実施に必要な人数を選任

駒澤大学自己点検・評価に係る外部評価委員会の構成

  1. 他大学関係者〈教学〉(1人)
  2. 他大学関係者〈事務〉(1人)
  3. 高等学校関係者(1人)
  4. 経済・産業界関係者(1人)
  5. 本学の所在する地方自治体関係者(1人)

その他、学長が必要と認めた場合、評価項目に適した学外有識者を選考し、委嘱する。

自己点検・評価の流れ

自己点検・評価の流れ(図)

  1. 個別機関自己点検・評価作業部会(以下「作業部会」という。)は、大学基準に則して、各組織の現状説明、課題・問題点並びに改善方策について「自己点検・評価チェックシート」を作成します。また、点検・評価を裏付ける根拠資料の収集・作成も行います。
  2. 部門別自己点検・評価運営委員会(以下「部門別委員会」という。)は、全学自己点検・評価委員会と作業部会との調整を図ります。各作業部会が作成した「自己点検・評価チェックシート」に対するピアレビューを実施し、各作業部会の自己点検・評価活動を支援しています。
  3. 全学自己点検・評価委員会は、本学における自己点検・評価に関する活動を統括しています。各部門別委員会から提出された報告書に基づき、当該年度の自己点検・評価結果を取りまとめた「全学自己点検・評価結果報告書」を作成します。
  4. 「全学自己点検・評価結果報告書」は学長に提出され、学長が議長を務める内部質保証推進組織「駒澤大学教学運営会議」において、改善取組計画等の策定に活用されます。
  5. 特別問題自己点検・評価実施委員会は、全学自己点検・評価委員会が特に必要と認めた場合、特定主題に係る事項を自己点検・評価するため特別委員会を設けることができる臨時的な委員会です。
  6. 外部評価委員会は、学長の依頼により実施されます。学外有識者で構成された委員により、「全学自己点検・評価結果報告書」に基づく外部評価を実施します。外部評価の結果は「外部評価報告書」として取りまとめられ、学長に提出されます。学長は、駒澤大学教学運営会議において外部評価報告書を共有し、内部質保証の推進に活用します。
  7. 優先検討課題等については、教職協働によるプロジェクトチーム(PT)やワーキンググループ(WG)等を設置するなど、改善に向けた取組みを推進します。

全学自己点検・評価結果報告書

※2018年度全学自己点検・評価より、第3期認証評価を踏まえた実施体制に見直しています。

2019年度全学自己点検・評価結果報告書
2018年度全学自己点検・評価結果報告書
2017年度全学自己点検・評価結果報告書

関連ページ

認証評価結果について
駒澤大学内部質保証の方針
公益財団法人大学基準協会

全学自己点検・評価に関する規程
全学自己点検・評価に関する規程施行細則

大学概要