駒澤大学

  • サイト内検索
  • 寄付
  • 入学資料請求
募金事務室Fundraising office
  • 駒沢大学開校130周年 記念棟建設基金

募金事務室

ご支援のお願い

学校法人駒澤大学 理事長  松 原 道 一
    駒澤大学 学 長  長谷部 八 朗


駒澤大学は、これまでも多くの同窓生、宗門寺院、教育後援会、同窓会、駒澤会、地域、企業等からのご支援・ご協力により支えられてまいりました。前身である「学林」(旃檀林)に遡れば420年以上、1882(明治15)年に近代的な大学として開校されてから130年余りに及び、建学の理念である「仏教の教義並びに曹洞宗立宗の精神に則り学校教育を行う」ことにより、長い歴史と豊かな伝統をはぐくむことができたのも、ひとえに皆様からのご支援とご厚情の賜物と感謝申し上げます。

さて、本学では、これまで築いてきた伝統を基軸とし、さらに発展していくために、学校法人駒澤大学長期ビジョン「駒澤2030」のもと、2018年度から4年間の中期事業計画に基づき、教育研究活動に取り組んでおります。その基盤となるキャンパス整備も進めており、昨年供用を開始した駒澤大学開校130周年記念棟の高層棟「種月館」に続き、本年5月には、開校130周年記念棟の低層棟「緑の丘」が竣工いたしました。教育研究面では、駒澤人育成基礎プログラムの充実、学修成果の可視化、大学院改革の推進、文部科学省補助事業「私立大学研究ブランディング事業」に採択された「『禅と心』研究の学際的国際的拠点づくりとブランド化事業」の推進などの多岐にわたる取組みを進めております。

これらの事業を推進するにあたり、より一層の経営努力は勿論のこと、在学生の教育研究の充実に資するため、何卒この趣旨にご賛同いただき、重ねてご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。