駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
募金事務室Fundraising office

企業・法人の皆様へ

「駒澤大学開校130周年記念棟建設基金」への募金ご協力のお願い

平素は駒澤大学の教育・研究活動にご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

本学は、平成24年度に開校130周年を迎えました。これを記念して、本校キャンパスでは、「駒澤大学開校130周年記念棟」の建設を平成27年5月に着工し、平成30年度の使用開始に向けて着々と計画を進め、夢あふれる記念棟の建設に、全力で取り組んでおります。竣工時には、学生にとって快適で魅力的な教育施設となる予定です。
この事業に要する総工費は132億円を予定しており、平成30年度使用開始を目指し資金調達・貯蓄に努め、本法人教職員はもとより同窓生および各企業の方々にも広くご協力をお願いしております。
何卒募金の趣旨をご賢察いただき、ご協力賜りたくよろしくお願い申し上げます。

ご寄付にあたりまして、企業・法人様には、「受配者指定寄付金」(私立学校の教育研究の発展に寄与するために、私立学校振興・共済事業団が企業から寄付金を受け入れ、これを寄付者が指定した学校法人へ配付する制度)をご利用いただくようお願いしております。この「受配者指定寄付金」では、寄付者(企業・法人)に対する税制上の優遇措置として、寄付金全額を損金として算入することが認められております。
このほか、本学に直接寄付いただく場合、一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で、損金として算入できる特定公益増進法人に対する寄付金制度もご利用できます。

どうぞこれらの制度をご利用いただきまして、駒澤大学開校130周年記念棟建設基金への募金にご協力賜りますようお願い申し上げます。

駒澤大学 募金事務室

開校130周年記念棟完成イメージ

税制上の優遇措置

法人からの寄付金につきましては、法人税法に基づいて、当該事業年度の損金に算入することができます。損金算入のための手続きは「受配者指定寄付金」と「特定公益増進法人に対する寄付金」のどちらかを選択することができます。

「受配者指定寄付金」

日本私立学校振興・共済事業団を通じて、寄付者が指定した学校法人に寄付していただく制度で、寄付金全額が当該事業年度の損金に算入できます。
確定申告には事業団発行の「寄付金受領書」が必要です。この「寄付金受領書」は、本学を経由してお送りします。

寄付手続きの流れ

1)下の2種類の申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入・ご捺印の上、2枚一緒に募金事務室までご郵送ください。

寄付申込書(法人用)【大学宛】

寄付申込書(法人用)【大学宛】(107KB)
寄付申込書(法人用)【大学宛】(27KB)
寄付申込書(法人用)記入例(137KB)

寄付申込書(様式1-1)【事業団宛】

寄付申込書(様式1-1)【事業団宛】(89KB)
寄付申込書(様式1-1)【事業団宛】(32KB)
寄付申込書(様式1-1)記入例(115KB)

2)本学よりお送りする振込口座にお振込みください。

3)「寄付金受領書」が日本私立学校振興・共済事業団から本学へ届き次第、寄付者へお送りします。

※日本私立学校振興・共済事業団による寄付金受領書の発行には2~3週間かかります。なお、企業の決算期等により寄付金が集中する場合は1か月程度かかることがあります。損金処理を当該決算期日に間違いなく行うためには少なくとも決算日の1か月前までにお振込みくださるようお願いいたします。

「特定公益増進法人に対する寄付金」

会社等法人が本学に寄付された場合、特定公益増進法人に対する寄付金として、一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で、損金として算入できます。

本学から別途「振込用紙」等関連書類をお送りしますので、お手数ですが、募金事務室までご連絡ください。