駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
学部・大学院Academics

経営学研究科

概要と特色

経営学研究科は、1973(昭和48)年に修士課程、1977(昭和52)年に博士後期課程をそれぞれ設立した。以後、経営学教育の分野において、(1)学術研究の推進とともに、国際的貢献の成果を挙げること、(2)高度な研究者・専門家を養成すること、(3)高度な専門知識・能力を有する専門的職業人(公認会計士や税理士等)を養成すること及び、(4)国際的貢献の一環としての海外留学生や社会人の受け入れを推進し、その教育の実を上げて学位授与に結び付けることなど、多様な社会的要請に対応した教育目的を揚げ、その目的を達成して結果を出すべく、院生が研究科に入学するまでに獲得した基礎学力の上に経営学の専門分野において国際社会に通用する高度専門的な学識を身につけ、研究意欲の旺盛な研究者・専門家を育成することを目指して、今日まで努力してきた。

本研究科の修士課程の開講科目は、経営学、会計学、経済学、および経営科学の4つの分野から成り、30科目でそれぞれに講義と演習がある。また、専門研究において要求される外国語の学力向上の要請に応え、英米、独、仏、の外国文献研究の科目が設けられている。特に、平成17年度より、専門職業会計士の試験志望者のために、会計学の隣接科目として租税法(講義と演習)が開設された。博士後期課程では、経営学と会計学を中核として11の研究指導科目が開設されている。

なお、本研究科では、大学院入学試験で選択した専門科目(経営学、会計学、経済学、経営科学の何れか一科目)が入学後の専修科目となる。最後に、各専門分野とそれぞれの開講科目、その担当教員、特に指導教員等については、「指導教員一覧」を見ていただきたい。

人材養成目的

修士課程

経営学研究科は、経営学の分野において学術研究を推進し、社会的に国際的に貢献することのできる高度な研究者・専門家、専門的職業人を育成することを目的とします。

博士後期課程

経営学研究科は、経営学に関する高度で専門的な知識を有し、社会的にまた国際的に貢献しうる人材を育成することを目的とします。

入学者受入方針

修士課程

経営学研究科は、人材養成目的を実現するために、次の各分野の学生を積極的に受け入れる(英語は各分野共通)。詳細は経営学研究科公式WEBサイトを参照されたい。
経営学:経営学各分野に関する理論的な知識があり、企業、産業について経営学的な視点から分析ができる者。
経営科学:経営管理技術にかかわる基本的な事項を理解している者。
会計学:会計基準および株式会社会計に関する知識がある者。
経済学:マクロ経済学とミクロ経済学の基礎的知識がある者。

博士後期課程

経営学研究科は、人材養成目的を実現するために、次のような能力・資質を有する学生を積極的に受け入れる。

  1. 経営学、経営科学、会計学、経済学の何れかの分野において高度な専門知識を有する者。
  2. 経営学のみならず、現実の企業経営の進化・発展に貢献しようとする意欲を有する者。
  3. 外国語で書かれた経営学に関する専門的内容の文献に対する十分な読解力を有する者。

指導教員一覧【平成30年度入学試験(9月)】

経営学専攻 指導教員一覧(371KB)

担当教員の紹介

経営学専攻 教員紹介(2MB) 

経営学研究科からのお知らせ

  • 現在記事はありません

コンテンツ一覧

学部・大学院