駒澤大学

  • サイト内検索
  • 寄付
  • 入学資料請求
学部・大学院Academics

外国語第一部門(英語)

学習目的と英語スキルごとに分類された英語カリキュラム

駒澤大学の英語は英語部門が担当します。カリキュラムでは1、2年生のための必修科目がスピーキングやリスニングに集中するAカテゴリーと、リーディングやライティングに集中するBカテゴリーが用意されていて、両方の授業をひとつずつ前期と後期に15回ずつとります。それぞれ初級、中級(2レベル)、上級の4つのレベルに分かれていて、すべて30名以下の少人数クラスです。

1.必修英語科目

学期初めに行われる学力テストによって、初級~中級~上級へとクラスを分類し、個々の学生のスキルに合った講義を受講できます。スキル別にクラス編成することで、各クラスの目標を標準化し、講義終了時に各クラス全体のスキルを底上げすることができます。

駒澤大学外国語第一部門

2.選択科目

運用能力を養成するための英語科目で、1年生から4年生まで取ることができます。 学生それぞれの課題に沿って以下のように分類し、種別によってレベルを 3 段階に分けることで、より効果的なスキルの向上を目指します。
・実用英語資格試験(聴解・文法・読解) レベルⅠ~Ⅲ
・実用英会話(日常生活編・旅行編) レベルⅠ
・ビジネス英語 レベルⅠ~Ⅱ
・英語プレゼンテーション レベルⅠ~Ⅱ
・英語アカデミックライティング レベルⅡ~Ⅲ
・学術英語資格試験 レベルⅡ~Ⅲ
・英語ディスカッション レベルⅡ~Ⅲ
・英語多読・多聴 レベルⅠ~Ⅲ
・英語クリエイティブライティング レベルⅠ~Ⅲ
・パフォーマンス・イン・イングリッシュ レベルⅠ~Ⅲ
・学術英語読解 レベルⅠ~Ⅲ

それぞれのクラスの概要についてはこちらをご覧ください

3. 教養特別履修としての英語

言語、文化、歴史と社会などの幅広い分野を英語で学びます。学生の興味のある分野をその分野の専門教授が英語を用いて講義します。卓越した英語能力が身につくと同時にその分野での専門知識を学ぶことが出来ます。
現在、上記の講座はアクティブラーニングを基礎としています。アクティブラーニングとは能動的な授業です。実際に使える英語を身に着けるためにペアワークをしたり、グループでのディスカッションをしたり、テレビ会議システムを通じて海外の人々と話をしたりします。また、上級クラスになると、学生が自らの興味のある分野でプロジェクトを組み、主体的にプロジェクトをまとめ、英語で発表したりします。興味のある海外の出版物を選び、読解し、英語で要約し、自らの考えを 英語でまとめ、それを英語で発表したりします。 課題、作業、まとめ、発表、議論をすべて学生主体で、しかも英語を使って講義を進めることで、日常でもビジネスでも即戦力となれる英語スキルを身に着けることをめざします。駒澤大学外国語第一部門の画像

e ラーニングによる講師の密接なフォロー体制

駒澤大学は e ラーニングシステムを独自に展開しています。宿題の提出はオンラインで簡単にできます。音声提出も問題ありません。フォーラム機能をつかった学生同士の意見交換などもできます。担当教員が授業以外でも各学生のプロジェクトの進捗や課題などを知ることができます。また、担当教員にはシステムを通じてメールでの問い合わせもできます。Yestudy

授業の様子

授業の様子を動画でご紹介します。駒澤大学の英語クラスは学生のレベル、目的に応じた様々な英語のクラスを用意しています。こちらで紹介している動画はその一部です。

■英語初級クラスの様子

■英語上級クラスの様子

■英語選択クラスの様子

駒澤大学の英語教育について

外国語科目選択ガイダンス(新入学生向け)

関連コンテンツ

リンク集

コンテンツ一覧

学部・大学院