学生生活・就職Campus life

令和3(2021)年度の授業実施形態について

駒澤大学長 長谷部 八朗

令和3(2021)年度の授業実施形態については、全科目対面授業で実施します。ただし、新型コロナウイルスの感染が急拡大する等状況が大幅に悪化し、国(ないし東京都)より対面授業の中止要請がなされた場合は、直ちに対面授業を中止し、全面的にオンライン授業へ切り替えます。

対面授業の実施にあたっては、学生の皆さんが安心・安全に学べる環境を整えるべく、現在その整備を進めているところです。整備が完了した暁には、その具体的な内容を授業開始前に改めて学生の皆さんにご案内(報告)する予定です。

 上述のとおり、次年度は全科目対面授業で実施しますが、科目担当教員の判断により前期(後期)期間中7回(※)までは、オンラインのみ(非対面)による授業配信を認めています。全授業回を対面で実施するか、或いは授業回の一部をオンラインのみ(非対面)で配信するかは各科目のシラバスに明記します。また、対面授業の様子をカメラで撮影し、その映像を同時にオンライン配信する科目もあり、その場合も同様にシラバスにその旨明記します。なお、次年度開講科目のシラバスは2021年4月2日に開示する予定です。

※週1回授業が行われる科目の場合

以上

学生生活・就職