駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
学生生活・就職Campus life

熱中症に注意しよう!

保健管理センターからのお知らせ
Date:2014.08.01

熱中症とは、高温多湿の環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体温調節機能が破綻して発症する障害の総称です。

熱中症の重症度と症状

Ⅰ度(軽症)

現場での救急対応
めまい、失神、筋肉痛、こむら返り、大量の発汗

Ⅱ度(中等症)

救急搬送を考慮
頭痛、気分不快、吐気・嘔吐、倦怠感、虚脱感

Ⅲ度(重症)

救急搬送
意識障害、けいれん、手足の運動障害、体に触ると熱いぐらいの高体温

熱中症を防ぐための注意

  • 暑熱をさける(日傘や帽子の着用、こまめな休憩、日陰利用、通気性・吸湿の衣類)
  • 体調管理に気を付けよう(睡眠不足、欠食、体調不良、生理等)
  • こまめな水分・塩分の補給(喉の渇きを感じなくても、水・スポーツドリンク等でこまめに水分を補給しましょう)

熱中症になった時の対処

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服を脱がせ、身体を冷やす
  3. 水分・塩分を補給する

詳しくは下記HP参照してください

厚労省 健康のために水を飲もう
環境省熱中症情報
気象庁 熱中症に注意
消防庁 全国における熱中症患者救急搬送に関する情報

学生生活・就職