駒澤大学

  • サイト内検索
  • 寄付
  • 入学資料請求
学生生活・就職Campus life

キャンパス・ハラスメント

キャンパス・ハラスメントとは

大学において、「本人の意図・自覚のあるなしに関わらず、性的な言動によって相手の人格を傷つけ、不快感・不利益を与えて、教育・研究環境や労働環境を悪化させるセクシュアル・ハラスメント」「教職員と学生、上司と部下、あるいは先輩と後輩などといった力関係を利用して、弱い立場にある相手に利益・不利益を与えるなどの圧力をかけるパワー・ハラスメントやアカデミック・ハラスメント」は、すべて相手の人格を軽視していることから起こります。そして、だれもが平等に持っているはずの勉学する権利や働く権利を奪うことになります。
ハラスメントは、基本的人権を侵害する行為であり、いかなる場合にも絶対に許されるものではありません。

次のような場合はハラスメントとなります。

  • 聞くに耐えない卑猥な発言をすること。
  • 性的なうわさを流すこと。
  • 「女のくせに」「男のくせに」などと言って、性的役割を強調すること。
  • 卑猥な写真や記事などをわざと見せたり、読み上げたりすること。
  • 身体に不必要に接触すること、また、眺め回すこと。
  • 食事やデートにしつこく誘うこと、また、性的な関係を強要すること。
  • 授業(卒論・ゼミ指導等を含む)において差別的言動ならびに態度、研究上でいわれのない誹謗・中傷、その他学習上明らかに不利益を与えるような差別的言動をすること。
  • 職務上の地位、権限・権威を必要以上に誇示し、職場環境を著しく悪化させたり、自分の意に従わせること。

ハラスメント対策

もしも、ハラスメントの被害にあったら

勇気を持って「止めて」とはっきり言いましょう。
忘れないうちに任意に記録しておきましょう。
信頼できる人に相談しましょう。
相談窓口で相談しましょう。

一人で悩まず、相談しましょう

ハラスメントがあったと思う場合は、勇気を持って相談員に相談してください。自分を責めたり、我慢をしていると事態は好転しません。
キャンパス内には、「キャンパス・ハラスメントの防止に向けて」リーフレットを設置しています。リーフレットには、相談窓口や相談員について記載しています。
相談窓口および相談員一覧を参考に、あなたが相談しやすいと思う方法で相談してください。
相談にあたっては、セクシャル・ハラスメントが発生した日時・場所・内容等について詳細に記録したり、状況を知っている第三者がいれば証言を得ておくとよいでしょう。

キャンパス・ハラスメント相談窓口

場所 禅研究館2階 学生相談室
開室時間 (月)~(金)10:00~16:00
(土) 10:00~12:00
連絡先

TEL・FAX 03-3418-9088(直通)

stop-harass(a)komazawa-u.ac.jp ※(a)を@に変更してください。



学生生活・就職