駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
学生生活・就職Campus life

大規模自然災害で被災したとき

受付:学生部②番窓口

 本学では、在学生(聴講生・科目等履修生を除く)の家計支持者である保証人が、大規模自然災害(地震・台風・豪雨・噴火等)により被災した場合に、学費等就学にかかわる負担の軽減を計るため、被害状況に応じた経済的支援または授業料の減免措置を講じています。
 申請手続きについては、学生部②番窓口でご相談ください。

対象となる大規模自然災害について

<経済的支援>平成29年台風第21号の被害に遭われた皆様へ
 平成29年10月27日

被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 下記の災害救助法適用市町村に居住され、不幸にも標記の災害により家屋が倒壊・埋没・破壊等してしまった場合、①本学指定の「居住家屋等の被災報告書」、および②役所等が発行する「罹災証明書」または「被災証明書」の双方を、平成30年3月19日(月)までに提出していただければ、本学は、経済的支援が必要であるとみなし、些少ではございますが、支援金を差し上げております。期日までに証明書が提出できない場合は、学生部にご相談ください。

※災害救助法適用市町村
三重県)伊勢市、度会郡玉城町
京都府)舞鶴市
和歌山県)新宮市

<経済的支援>平成29年台風第18号の被害に遭われた皆様へ 
 平成29年9月26日

被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 下記の災害救助法適用市町村に居住され、不幸にも標記の災害により家屋が倒壊・埋没・破壊等してしまった場合、①本学所定の「居住家屋等の被災報告書」、および②役所等が発行する「罹災証明書」または「被災証明書」の双方を、平成30年3月19日(月)までに提出していただければ、本学は、経済的支援が必要であるとみなし、些少ではございますが、支援金を差し上げております。

※災害救助法適用市町村
大分県)佐伯市、津久見市

<授業料減免>平成29年6月7日から7月27日までの間の豪雨及び暴風雨の被害に遭われた皆様へ 平成29年9月20日

 このたびの豪雨及び暴風雨により被災し、経済上修学が著しく困難になった学部学生・大学院生および平成30年度入学手続者に対し、審査のうえ授業料減免を行います。詳細はこちらよりご確認ください。

<経済的支援>平成29年7月5日(水)からの大雨災害に遭われた皆様へ
 平成29年7月21日

被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 下記の災害救助法適用市町村に居住され、不幸にも標記の災害により家屋が倒壊・埋没・破壊等してしまった場合、①本学指定の「居住家屋等の被災報告書」、および②役所等が発行する「罹災証明書」または「被災証明書」の双方を、平成30年1月9日(火)までに提出していただければ、本学は、経済的支援が必要であるとみなし、些少ではございますが、支援金を差し上げております。

※災害救助法適用市町村
福岡県)朝倉市、朝倉郡東峰村、田川郡添田町
大分県)日田市、中津市

東日本大震災による被災世帯学生の授業料減免について
 平成29年3月25日

 保証人である家計支持者が災害救助法適用地域において、本震災による人的・物的被害を受けた方で、下記2.に該当する方に対しまして、授業料の減免措置を講じます。授業料減免を希望する場合は、下記の要領で手続きをしてください。

 ※ 本年度の受付は終了しました。

熊本地震による被災世帯学生の授業料減免について
 平成29年2月13日

熊本地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 本学では、入学手続き者の皆様に勉学の機会をできる限り保障するため、授業料減免制度を用意しております。入学手続き者のうち、保証人である家計支持者が災害救助法適用地域において、本震災による人的、物的被害を受けた方で、授業料減免を希望する場合は、下記の要領で手続きをしてください。減免制度の適用は、審査により決定いたしますので、被災の程度によっては減免を受けられないことがあります。

 ※ 本年度の受付は終了しました。

緊急採用・応急採用について

日本学生支援機構奨学金については、下記リンクをご確認下さい。

大学奨学金紹介ページ

学生生活・就職