駒澤大学

  • サイト内検索
  • 寄付
  • 入学資料請求
学生生活・就職Campus life

大規模自然災害で被災したとき

受付:学生部②番窓口

 本学では、在学生(聴講生・科目等履修生を除く)の家計支持者である保証人が、大規模自然災害(地震・台風・豪雨・噴火等)により被災した場合に、学費等の修学にかかる負担の軽減を図るため、被害状況に応じて授業料減免、経済的支援の措置を講じています。
 申請手続きについては、学生部②番窓口でご相談ください。
 ■問い合わせ先
学生部②番窓口 9:00~17:00(月)~(金) ※土・日、祝日、大学の休業日を除く
03-3418-9873

対象となる大規模自然災害について

平成30年北海道胆振東部地震により被害に遭われた皆様へ(10月1日)

 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

<授業料減免>
 この度の平成30年北海道胆振東部地震により被災し、経済上の理由から修学が著しく困難になった学部学生および大学院生に対し、審査のうえ授業料減免をおこないます。詳細は下記のリンクをご覧ください。
平成30年北海道胆振東部地震による被災世帯学生の授業料減免について


<経済的支援>

 災害発生時に本学在学生の家計支持者である保証人が、下記の災害救助法適用市町村に居住され、不幸にも標記の災害により家屋が倒壊・埋没・破損等してしまった場合、①本学指定の「居住家屋等の被災報告書」、および②役所等が発行する「罹災証明書」の双方を平成31年3月5日(火)までに提出していただければ、罹災状況に応じて、経済的支援の措置を講じます。
 詳細は学生部②番窓口までお問い合わせください。

※災害救助法の適用状況については、内閣府のページをご参照ください。

平成30年8月30日からの大雨により被害に遭われた皆様へ(9月5日)

 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

<経済的支援>

 災害発生時に本学在学生の家計支持者である保証人が、下記の災害救助法適用市町村に居住され、不幸にも標記の災害により家屋が倒壊・埋没・破損等してしまった場合、①本学指定の「居住家屋等の被災報告書」、および②役所等が発行する「罹災証明書」の双方を平成31年3月4日(月)までに提出していただければ、罹災状況に応じて、経済的支援の措置を講じます。
 詳細は学生部②番窓口までお問い合わせください。

※災害救助法の適用状況については、内閣府のページをご参照ください。

平成30年7月豪雨により被害に遇われた皆様へ(9月4日)

 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

<授業料減免>

 この度の平成30年7月豪雨により被災し、経済上の理由から修学が著しく困難になった学部学生および大学院生に対し、審査のうえ授業料減免をおこないます。詳細は下記のリンクをご覧ください。平成30年7月豪雨による被災世帯学生の授業料減免について

<経済的支援>
 災害発生時に本学在学生の家計支持者である保証人が、下記の災害救助法適用市町村に居住され、不幸にも標記の災害により家屋が倒壊・埋没・破損等してしまった場合、①本学指定の「居住家屋等の被災報告書」、および②役所等が発行する「罹災証明書」の双方を平成31年1月15日(火)までに提出していただければ、罹災状況に応じて、経済的支援の措置を講じます。
 詳細は学生部②番窓口までお問い合わせください。

※災害救助法の適用状況については、内閣府のページをご参照ください。

緊急採用・応急採用について

日本学生支援機構奨学金については、下記リンクをご確認下さい。

大学奨学金紹介ページ

学生生活・就職