駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
図書館Library

個人情報保護方針について

駒澤大学図書館では、「駒澤大学・駒澤短期大学 個人情報保護方針」に基づき、以下のように個人情報を取扱います。

1.個人情報の種類

駒澤大学図書館が取り扱う個人情報には以下のものがあります。

  1. 利用者情報
    図書館利用者の氏名、所属、連絡先(住所、電話番号・電子メールアドレス等)、生年月日、保証人、利用者ID等の特定の個人を識別できる情報
  2. 利用情報(記録)
    図書館への入退館記録、貸出・返却・予約業務において取得する情報、紹介状発行・複写サービス・レファレンスサービスの申込み及び問い合わせ内容、資料の検索や請求記録、購入希望図書申込書、ネットワーク利用記録、図書館資料コピー申込書などの情報
  3. 個人情報関係資料
    個人情報を一定の規則に従って整理することにより特定の個人情報を検索することができるように体系的に構成されている図書館資料
  4. 図書館職員等の個人情報
    図書館に所属する職員及び図書館における個人情報の取扱いに従事する者に関する個人情報

2.個人情報の利用目的

  1. 図書館サービス提供のため
  2. 図書館が行う各種行事等の案内のため
  3. 図書館の広報活動における利用のため
  4. 未返却図書の延滞督促の掲示や連絡を行うため
  5. 図書館が提供する各種データベース及びネットワーク・サービスの提供のため
  6. 図書館内部の落とし物に関し、落とし主や拾得者への連絡業務のため

3.個人情報の取扱いについて

  1. 個人情報の取得方法
    大学内の他部署からの間接的な取得、利用者からの各種申請書・アンケート等からの取得、大学に所属しない利用者の各種利用願
  2. 利用者情報の保有
    利用者情報は図書館利用有効期限内に限り保有します。ただし、有効期限が過ぎても図書貸出等債務が終了していない場合は、その債務の終了時まで保有します。
  3. 利用情報の保有
    個人を特定できる利用情報は、利用者情報を保有している期間に限り保有します。

4.図書館が取り扱う個人データの第三者提供について

図書館では以下の場合を除き、図書館が取り扱う個人データを、あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に提供することはありません。

  1. 図書館サービスを提供するにあたって必要な連絡事項を掲示・公表する場合
  2. 文献複写、図書借用や紹介状の発行など、依頼先図書館に対して、入手を希望する資料名及び氏名、所属等を通知する場合
  3. 利用者に対して返却期限を過ぎた図書の督促を再三行っても返却されない場合に、保証人に対して、速やかな返却を目的に資料名及び氏名、所属等を通知する場合
  4. 図書館間の相互利用によって図書の貸出を受ける利用者が、返却期限を過ぎた図書の督促を再三行っても返却されない場合に、その利用者の所属機関に対して、速やかな返却を要請するために資料名及び氏名、所属等を通知する場合
  5. その他、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合、公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合、法令の定める事務を遂行することに対して国の機関等に協力する必要がある場合

5.個人データの第三者提供の停止(オプト・アウト)について

  1. 「4.図書館が取り扱う個人データの第三者提供について」に基づいて,第三者に提供する個人データについては,本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止します。ただし、オプト・アウトを行うと受けられなくなるサービスがあります。
  2. 第三者に提供する個人データの利用目的、個人データの項目、及び提供手段又は方法は、「4.図書館が取り扱う個人データの第三者提供について」に掲げる通りです。
  3. オプト・アウトの手続には、下記の書類の提出または提示をしていただきます。
    A.保有個人データ開示等の請求書(駒澤大学指定)
    B.本人確認のための書類
  4. 請求書の提出先
    駒澤大学図書館2階カウンター

6.個人情報の取扱いに関するお問い合わせについて

〒154-8525
東京都世田谷区駒沢1-23-1
駒澤大学図書館運営課運営係
03-3418-9154
info-toshokan(a)komazawa-u.ac.jp
※(a)を@に変更してください。

駒澤大学 個人情報保護方針

図書館