駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
禅文化歴史博物館The Museum of Zen Culture and History

道元禅師絵伝

道元禅師絵伝(どうげんぜんじえでん)/ 紙本着色 / 四幅対 / 縦168.3㎝×横82.6㎝

日本曹洞宗の祖・高祖道元(1200~53)の生涯の事績を4巻に描いた絵伝。
道元の伝記は、古今さまざまなものが著されたが、道元の五百五十年遠忌を契機に、挿絵入りの伝記・絵伝が作られるようになった。
瑞岡珍牛(ずいこうちんぎゅう)らの手による『訂補建撕記図会(ていほけんぜいきずえ))』や『永平道元禅師行状図会(えいへいどうげんぜんじぎょうじょうずえ)』などは、その先駆であり、宗門僧侶や檀信徒への普及効果に大きな役割を果たした。
本資料のように掛軸装の絵伝も登場し、代表的なものに黄泉無著(こうせんむちゃく)の『永平道元禅師行状図(えいへいどうげんぜんじぎょうじょうず)』や、永平寺宝蔵刊の『高祖道元禅師行跡図(こうそどうげんぜんじぎょうせきず)』などがある。
これらは対幅の掛軸装であるが、本資料は4幅対となっている。
掛軸装は、多くの人々の前で道元一代記を説くことができる利点を持つ。
本資料の巻子別の構成は以下の通り。
入宋中と晩年の永平寺の事績に紙面を多く用いている。

  • 一巻目:正治二年~貞応二年(1200~23)
    誕生から、入宋し天童山に上山するまでが、右下から描かれている。
  • 二巻目:貞応二年~安貞元年(1223~27)
    天童山での事績から、師如浄(にょじょう)より印可を受け、日本に帰国するまでが、右上から描かれている。
  • 三巻目:貞元年~宝治二年(1227~48)
    宋から日本へ帰る航海から、北条時頼の招請による鎌倉行化からの永平寺帰山までが、右下から描かれている。
  • 四巻目:宝治二年~建長五年(1248~53)
    晩年の永平寺における事績と示寂までが、右上から描かれている。最後は永平寺の伽藍と開山堂(現承陽殿)である。

■お問い合わせ先:
駒澤大学禅文化歴史博物館事務室(10:00~16:30)
TEL:(03)3418-9610
FAX:(03)3418-9611

禅文化歴史博物館