駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
生涯学習Lifelong learning

春季公開講座

平成29年度 春季公開講座

終了しました。

講座Ⅰ:翻訳文学に親しむ -新たな言葉との出会い-

時間:13時から14時40分まで

会場:駒澤大学深沢キャンパス 120周年アカデミーホール

 音の消えた放課後の教室。明かりの灯された寝室や、古ぼけた公園のベンチ。あるいは移動に揺れる列車の窓辺- 一冊の書物とともに過ごす時の流れは、場所や状況を問わず共有され、私たちに尽きせぬ歓びをもたらしてくれます。
 本講座は、そうした読書体験を出発点として、日本という土壌に花ひらいた広義での翻訳文学が湛える魅力を味わい、そのさらなる可能性を多角的に検討することを狙いとします。全8回の多彩な語りの舞台となるのは、フランス、ブラジル、ドイツ、チェコ、ロシア、イギリス、そして日本。異なる分野を専門としながら開かれた精神で文学と向き合い続ける講師陣を招聘し、翻訳の経験や読書の記憶を織り交ぜつつ文学世界の豊かさについて考えてゆきます。
 一連の講義は、「異質なるもの」との出会いの場として、異国の言語や文化、社会、歴史と交わる契機になると同時に、「固有なるもの」との再会の場として、日々を織りなす日本語の奥深さを見つめ直し、言葉が根ざすその風土について考える格好の機会ともなるでしょう。
 また、翻訳文学ないしは翻訳という営為の射程は、意味や思想の移し換えの問題だけに限られるわけではありません。そこには、作家たちが(ひいては私たちひとりひとりが)世界とどのように対峙して、そこからどのような言葉を紡ぐのか、すなわち世界をどのように「翻訳」するのかという、生と思考の本質にも通じる大切な問いが内包されているのです。

総合教育研究部准教授 小黒 昌文

1

フランス文学の愉楽
- 『失われた時を求めて』の小説世界に親しむ

5月13日(土) 総合教育研究部准教授
 小黒 昌文
2 ボサノヴァの詩を翻訳する 5月20日(土) 共立女子大学准教授
 福嶋 伸洋
3 神々の名前を翻訳する
-ドイツの詩人、ヘルダーリンを中心に
5月27日(土) 総合教育研究部准教授
 畠山 寛
4 「翻訳」から見るプラハの文学 6月3日(土) 東京大学准教授
 阿部 賢一
5

外国詩を翻訳する
- ロシア詩を例に

6月10日(土) 総合教育研究部准教授
 三好 俊介
6

British Fiction Rocks !
-翻訳と英文学の面白さを語る

6月17日(土) 英米文学翻訳家
 木村 政則
7

森鷗外、ベルリンからウィーンへ
- 鷗外訳のドイツ文学、シュニッツラーを中心に

6月24日(土) 総合教育研究部准教授
 吉中 俊貴
8

和歌の魔力
-百人一首の新訳を試みて

7月1日(土) 詩人・作家
 小池 昌代

講座Ⅱ:仏教の心とかたち -弥勒信仰とその文化-

時間:15時10分から16時50分まで

会場:駒澤大学深沢キャンパス 120周年アカデミーホール

 仏教が広まった地域では、その教義や修行が発展しただけではなく、それぞれの時代や地域で多様な信仰が生まれ、独特の民俗や美術が花開きました。
 この講座では、釈尊の後継者、未来のブッダとして小乗・大乗を問わず信仰されている「弥勒」を取り上げます。インドで生まれ東アジアで発展した弥勒信仰の「かたち」を学びながら、そこに秘められた仏教の「心」を探求する総合講座です。
 弥勒に関する経典には、遠い未来に弥勒が下生することを説く『弥勒成仏経』や、現在弥勒が住むという兜率天のありさまを説く『弥勒上生経』などがあります。第1回・第2回では、これらの経典を読み解いて弥勒信仰のルーツに迫ります。
 弥勒信仰は東アジアに伝わり、人々の願いに応えて様々に変容しました。第3回から第6回では、救世主として求められた弥勒、人間の姿で現われた弥勒、来訪神として崇められた弥勒など、中国・韓国・日本における興味深い弥勒信仰の数々を紹介します。
 第7回・第8回では、弥勒の美術を考察します。弥勒には菩薩形と如来形があり、インドからシルクロードを経て中国・韓国・日本まで広い範囲で造形が展開しました。その中で見えてくる人々の弥勒への願いを、作例を鑑賞しながら考えてゆきます。

仏教学部教授 吉村 誠

1

当来仏としての弥勒
‐『弥勒成仏経』を読む‐

5月13日(土) 仏教学部教授
 吉村 誠
2

兜率天へのあこがれ
‐『弥勒上生経』を読む‐

5月20日(土)
3

弥勒の変容
‐布袋との同一視と弥勒教徒の反乱‐

5月27日(土) 仏教学部教授
 石井 公成
4

弥勒の変容
-仏菩薩から酒の神へ‐

6月 3日(土)
5

日本における弥勒信仰の系譜
‐求められる弥勒‐

6月10日(土)

仏教学部講師

 徳野 崇行

6

民俗社会の中の弥勒信仰
‐現れる弥勒‐

6月17日(土)
7

弥勒菩薩のかたち
‐弥勒浄土の鎮魂‐

6月24日(土) 仏教学部教授
 村松 哲文
8

弥勒如来のかたち
‐救世主弥勒の魅力‐

7月1日(土)